バンコクのアパート賃貸探し!確認すべきポイントを解説します


最近、若者は日本で就職せずにタイで働く人が多いと聞きます。私がタイにいた数年前も若者はいましたが、今はケタ違いに多いとか・・・

タイで働くとなるとタイ語もある程度は必要ですし、住むところも必要ですよね。衣・食・住の住をテーマにして、タイで働く日本人がどのようなところに住めばよいか確認するポイントをまとめてみたいと思いますね。


Sponsored links



日本人はたくさん住んでるエリアとは?


日本人に人気のエリアはスクンビットエリアです。

日本人向けスーパーもたくさんあるし、デパートもあるし、日本食レストランもたくさんあります。

BTSもスクンビット通りの南北につながっていて便利です。


スクンビット通りに偶数側のソイと奇数側のソイに分かれると思いますが、私は偶数側も奇数側も住みましたが、買い物その他遊びも含めて便利だったのは、奇数側でした。

会社がどこでどの交通手段で行かれるかで意見が分かれると思います。

バンコク郊外に会社があって、車で通勤されるのであれば、ペブリ通りに近い方が便利ですね。

バンコク市内の会社でBTSなどで通われる方は、どこでも問題ないと思います。

アパートを選ぶには、まず実際に部屋を見ないといけませんよね。

バンコクにある不動産仲介屋さんは、安い家賃の物件には消極的です。というのも仲介業者さんは紹介手数料が家賃の2か月分をもらえる仕組みになってます。

ですから、安い家賃ではあんまり動いてくれません。それではどうするか?
アパートを選ぶときに誰にお願いする?:
インターネットで検索して直接アパートに連絡してみるか、友達などのツテを使って個人的に仲介している人を紹介してもらう方が早いと思います。


それでは次にアパートを内見するときのポイントをご紹介いたします。

確認するべきポイントは?


  1. 家賃(金額)はいくらなのか?

  2. 利便性はよいのか?

  3. 雨季の時、冠水しないのか?

  4. 設備は充実しているか?

  5. アフターケアしてくれるか?

  6. アパートの周りの環境は悪くないか?




それでは、説明していきますね~

1.家賃(金額)はいくらなのか?


個人によって出せれる金額が違うでしょうが、単身の場合、だいたい10,000バーツ前後が相場ではないでしょうか。

ですから10,000バーツ前後のアパートを探していきましょう。

日本もそうかもしれませんが、値引きをしてくれる場合があるので、もう少し値段を安くできないか交渉してみましょう。

私の場合ですが、家族でですが当時2万バーツの部屋(2ベッドルーム)に住んでました。

スクンビット・ソイ24でエンポリアムデパートのすぐ近くでしたが、最初23,000と言われましたが、ディスカウントしてもらった事があります。言うのはタダなので言ってみましょう。

それぞれの家系の事情がありますでしょうから、使える生活費を確認してからにしてくださいね。


タイでの生活費についても詳しい情報をご紹介しています!
↓↓↓
タイに移住したら生活費はどのくらい?元駐在員がまとめてみました


2.利便性はよいのか?


家賃と連動するのでしょうが、スクンビット通りであれば、BTS駅の近くが利便性がありますね。

何と言ってもBTSの電車は、時刻が読めるから、渋滞知らずで目的地に行けますから。

また、BTSプロンポン駅のエンポリアム(デパート)やBTSエカマイ駅のゲートウェイ(ショッピングモール)など駅から直結しているので、便利です。

BTS駅のソバではなかなか良い物件が無いかもしれない場合は、ちょっとBTS駅から離れた場所になりますね。

そうなるとバイクタクシーやタクシーやシーロなどの何かあるたびに乗らないといけないので何かと不便です。

1回20~40バーツの金額ももったいないですから・・・


アパートの近くにスーパーやコンビニがあるか?

やはり家の近所にスーパーやコンビニがあった方が便利ですよね。

仕事帰りにビールやつまみを買ったりとかスイーツ買ったりとか重要です。

病院が近くにあった方が便利です

日本語が通じる病院と言えば、スクンビット・ソイ49のサミティベート病院とスクンビット・ソイ3のバムルンラード病院です。

私はサミティベート病院に入院したことがありますが、非常に便利でした。

単身だと何かと不安なので病院は、車で20分以内でいける所がおススメです。


仕事する場所がバンコク市内なのか?それともアユタヤ方面かバンナー方面で毎朝、会社の車が迎えに来るのであれば、そんなに問題ではありませんね。
 

Sponsored links



3.雨季の時、冠水しないのか?


皆様もご存知の通り、タイには雨季があります。

この時期はとてつもなく雨が降りますよね。

1~2時間くらいで雨が止む場合のスコールと何日も雨が降り注ぐ時もあります。そうなったときに大変なのが冠水です。

ひどい時なんかは、道路にずっと大きな水たまりというか池みたいなものができてそれになぜか魚が沸いてきます。⇒それをタイ人が網ですくって食べるというウソのようなホントの話です。

よく言われているのが、スクンビットの偶数側は冠水地域が多いです。

これは今も改善されていなくて、雨季の場合は注意しなくてはなりません。
⇒そのアパートを紹介してくれるエージェントに訊くか、そのアパートの住人などに直接聞いてみるのが良いでしょう。



4.設備は充実しているか?


シャワーは温水がきちんとでるか?

これって?かもしれませんが、タイあるあるなのですが、温水が出るシャワーと普通の水しか出ないシャワーがあります。

普通タイ人が住む部屋は温水シャワーはついていません。

タイがいくら南国でも1月は20度を下回る日もあります。

それで、温水シャワーが無いとキツイです。ですからここはチェックポイントです。またバスタブもない場合が多いです。日本人ならときどき水を貯めてお風呂に入りたいですよね。


家具・電化製品・エアコン等はきちんとついていて動くか?

バンコクのアパートでは、ベッド、ダイニングテーブル、家具(タンス)、ソファ、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコン等が備え付けの場合が多いです。

特に電化製品は、故障してないか確認しましょう!エアコンや冷蔵庫が故障したら大変な問題ですからね。


タイでの物価についても詳しい情報をご紹介しています!
↓↓↓
タイの物価ってどう?日本と東南アジアの国とを比較してみて


キッチンはついているか?

自炊を少しでもやるという方はキッチンがあった方が良いですね。

家賃が10,000バーツぐらいではキッチンがついてない場合が多いです。

どうしてもいう方は、バルコニーにテーブルを置いてそこにガスコンロをセットして料理する方もいます。

日当たりはどうか?

日本だったら南向きで日当たりが良い方が好まれますが、タイでは逆です。日当たりが良すぎたら日中がものすごく暑くて、エアコン代が半端ないです。

日中お仕事で会社にいない場合は問題ありませんが、休日とか日中部屋にいる場合はエアコンをつけっぱなしになります。

また、風通しが良い部屋の方が良いです。

場所や部屋によってはいい風が入り、網戸さえしておけば、エアコンを余りつけたなくても良い場合があります。


WiFiが契約できる環境か?

WiFiは無くてはならない必須アイテムであることは間違いないですよね。

アパートによっては、750バーツ/月くらいで、アパートに備え付けのWiFiを使用させてもらえるシステムが多いようです。

ですが、速度が遅いとかいちいちパスワードを入れないといけないとか費用に対して使用できない場合が多いですよ。

であれば、自分で契約した方が値段も変わらないので良いと思いますが、アパートによっては、備え付けのWiFiを使用しなければいけないアパートもあるので、きちんと確認しましょう。


フィットネスルームやプールはあるか?

ジムやプールがあるといいですね。ジムの設備でルームランナーの数とか2つ以上ないと正直ツライですね。

私が昔住んでたコンドミニアムには、3つ棟があったのにジムがちいさくて、ジムに行くといつも欧米人がルームランナー独占してました。

プールは基本子供しか入らないですかね。



Sponsored links




5.アフターケアしてくれるか?




シャワーの圧が弱いとか冷蔵庫が壊れたとかテレビが映らなくなったとか便器が詰まったなど住んでいれば、様々な問題がありますよね。そんなときにレスポンスが良い方が良いので最初にきちんと確認した方が良いです。

私の場合、いろいろありましたが、様式便器のフタが割れたときがありました。

私の体重が重いのですが・・・フタは消耗品です(笑)それで連絡しましたが、数日後には交換してくれましたが。

タイでは普通1週間はかかります。そのくらいのんびりというか反応が遅いです。

タイでのアパート探しについて在住者(女性)の方が詳しい情報をご紹介しています!
↓↓↓
バンコクのアパートの探し方!在住者が5つのポイントを徹底解説



6.アパートの周りの環境は悪くないか?


実際に住んでみないと分からないのですが、車の交通量が多い道路に面したアパートだと車の騒音が気になります。

また、近所に屋台が並んでいると夜遅くまでタイ人が屋台で酒飲んでワイワイ騒いでうるさい場合がありますよ。

なるべく高い階にするか考えた方が良いです。

あと、あんまり高層階なのも危険ですよ。

古い話ですが2004年にバンコクに住んでましたが当時スマトラ沖地震で、プーケットとか津波に襲われ甚大な被害が出ました。

その日は、日曜日でバンコクのアパート12階で家族と住んでましたが、当時バンコクも震度3くらいあったと思いますが、ビルが左右に揺れるのが部屋にいて分かりましたから。

家族ともども怖い思いを経験しましたね。

特に古いビルは耐震構造をきちんとしない無いような感じはします。

最近のビルは大丈夫とは思いますが、出来れば新しいビルの方がおススメです。





まとめ


いかがだったでしょうか?

まずは金額ですよね。それと利便性が重要です。

私は住むべき部屋は10件くらいは見たと思います。

いろいろ見て比較した方が良いのでいろいろ内見してみてくださいね。

それでは、お部屋探しは幸せ探しなのでぜひ頑張ってください!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ