タイ人男性と国際結婚する時の7つのポイントを結婚10年目の私が解説


皆さんはタイ人男性と聞いてどうイメージされますか? 

“浮気性”とか“あまり仕事しなさそう”など、もしかしたらネガティブなイメージが先行してはいませんか?

実は、タイ人男性はとっても優しいのです。

友達にタイ人男性がいる、仕事で接したことがある人はきっとそう思われていることでしょう。

この記事を読まれている方の中には、これからタイ人男性との結婚を視野に入れている方かもしれません。


今回は、タイ人男性と結婚して早10年目突入の私が、タイ人男性との国際結婚を考える際の
7つのポイントと覚悟(!?)についてお話しします。


今回は、タイ人男性と結婚された友達にレポートしてもらいました。

貴重な経験談ですからもし迷っている方がいたら、少し何かの参考にして頂きたく思います。


Sponsored links



それでは、7つのポイントをお話ししますね。

タイ人男性と国際結婚する時の7つのポイント


  1. タイ人男性は優しい(日本人の比ではない!)

  2. 家族が第一

  3. アプローチは積極的だけど、継続はしない

  4. 信仰深い

  5. 超平和主義

  6. プライドが高い

  7. 女友達とも仲が良い




それでは、1~7までについて詳細を説明していきますね~

1.タイ人男性は優しい(日本人の比ではない!)


タイ人男性は基本レディファーストです。荷物を率先して持ってくれますし、妻だけではなく両親(特に母親)の手を引いて歩く姿をよく見かけます。

職場や外出先でドアを開けてくれることは普通にあります。

私が夫を優しいなぁと思ったのは、まだ付き合う前の頃に私が体調を崩し、数日間外出できずにいたら、和食をテイクアウトして持って来てくれて、「外出できない代わりに、家でご飯を一緒に食べよう。」と言ってくれたことです。

それがきっかけで付き合ったのかも(?)。すみません、のろけました。

それから、家事も夫婦で分担が当たり前です。タイ人男性には、女性はこうすべきという考え方がなく、その上優しいので、一緒に居たら落ち着くと思います。




2.家族が第一


男性は仕事に頑張っている姿がかっこいい!ですよね。

タイ人男性ももちろん頑張っているのですが、タイ社会が子育てに寛容ということもあり、何より彼女や妻、子供たちの時間が大事です。

結婚したら、あなたが専業主婦でも子供の学校の送り迎えをしなければ!と悩むことはありません。

旦那さんが協力してくれます。

私が働いていた職場では定時になると子供をお迎えに行き、夜ご飯を買って家に帰る男性がたくさんいました。

「奥さんは送り迎えしないの?」と尋ねてみたことがあるのですが、「いいんだよ、嫁がわざわざ外出ることないよ。僕が子供を迎えに行ってご飯ささっと買って帰ればすむのだから」と言っていました。

私の夫は職場の食事会には必ず私たち家族を連れて行きますし、休日出勤がある日は子供を連れて職場に行きます。

当初私は子供を職場に連れて行くのを反対していましたが、他の職員さんもお子さんを連れて来ていると聞いて、今ではちゃっかりお願いしちゃいます。


3.アプローチは積極的だけど、継続はしない


これは我が家だけかもしれませんが・・・付き合う前はライチーや果物の束(花束じゃない)を持って毎日会いに来てくれました。

私の誕生日には、ケーキを持ってアパートの前で私の帰宅を待っていてくれました。

私がどこか行く時は、毎回必ず地図や行き先を書いてくれて、余計なお金を払わなくていいように(タイではタクシーやソンテウに外国人料金があるので)とメモまでつけてくれていました。

なんて!なんて素敵なのだろうと感動したものです。

しかし、ここ数年何もサプライズがないことを思い出しました。タイ人特有の飽きっぽさなのか、聞いてみたいところです。


4.信仰深い


タイ国家は仏教です。

ですがムスリム教やキリスト教信者も多く存在し、それぞれ共存しています。多くのタイ人男性は仏教徒といっていいと思います。

私の夫は珍しくそんなに熱心な仏教徒ではなかったようですが、両親の代わりにお寺に行ったり、兄の娘の彼氏が出家する儀式に私たちも参加したりと、毎週のようにお寺関係のイベントが続くことがありました。

付き合い初めの頃のまだお互いをあまり知らない頃に、「明日お寺に行くのだけど一緒にこない?」と誘われることがあるかもしれません。

タイ人にとって日曜や特別な日にお参りするのは生活の一部です。

またお寺に誘うということは、自分が信頼しているものを見せたいという好意的な気持ちからだと思います。

皆さんももし誘われたら行くことをおすすめします。将来を共にする男性の真面目な一面を見るいい機会です。


Sponsored links



5.超平和主義


もしあなたが何かトラブルに巻き込まれたら、男性に守って欲しいですよね、もちろん。

残念ながらタイ人男性にはそれは期待できないかもしれません。

私は何度か道端で言い争いをしている女性を見かけましたが、そばにいる彼氏らしき男性は半歩下がった場所から黙って見ているだけでした。

夫に「なぜ誰も止めないの?」と尋ねたら「間に入るの危ないよ。見ないフリ」と即答でした。



6.プライドが高い


日本と違ってタイではあまり謝りません。

例えば教えてくれたことと全く違うことが良くあるのですが、それをわざわざ指摘しても「じゃあ、こうすればいいよ」となります。

まずはごめんじゃないの??と思っているとタイ人男性とはうまくいかないかもしれません。

我が家も数日前にありました。漢方を処方する薬局が市内にあり日曜日も開いてる、と夫が言うので行ってみました。

完全に定休日でした。

「ちょっと、定休日だったよ!」と声を荒げて報告したら、「じゃあ、明日、月曜開いてるよ」の一言のみ。

(そこはごめんだろー!!)と鼻をフガフガしながら心の中で叫びました。

言い争いや責められることに慣れていないタイ人男性には、間違いを見つけても「マイペンライ(気にしない)」と言ってあげられる心の余裕があったほうがいいと思います。


7.女友達とも仲が良い


私がいた職場ではお昼時間に男女二人でバイクに乗ってお昼を買いに行く光景をよく見かけます。

付き合ってるのか〜若いっていいなぁと思って見てましたが、そのあと男性が私に「妻が妊娠2ヶ月なんだ!」と伝えてくれた時に連れてきた相手は違う部署の女性でした。

タイ人男性は女友達をバイクに乗せて買い物に付き合ったり、お昼を一緒に食べたり、お互いのスマホを見合ったりするのは普通のようです(若い世代だと思いますが)。

夫にも親友のような妹のような女友達がいて、何かあるとわざわざバンコクから旦那さんの愚痴やのろけを言いに来ます。

また、私の息子はクラスメイトの女子と2人で休日に勉強しています。

「噂にならないの?」と息子に聞いてみたら、「なんで?あっちは彼氏いるし、試験前に協力し合ってるだけだよ」と言われてしまい、詮索している自分が恥ずかしくなりました。

ですので、こういった心配はしないほうがいいと皆さんにもお伝えします。(明らかに怪しいのは別です)



Sponsored links




まとめ


いかがだったでしょうか? 

タイ人男性が全てこうだとは断言はできませんが、なんとなくイメージしていただけましたでしょうか。

私は、タイ人夫と結婚して今年で10年目になりますが、特に超平和主義のポイントを押さえてから、言い争いもなく、穏やかに幸せに暮らしております。タイ人男性と聞くと心配になってしまうな面もあるかも知れませんが、意外にも自分が落ち着ける相手かもしれません。

もし記事を読んだ人の中に、本当にタイ人男性を好きでいて迷っていたら、先入観だけで決めないて、良く見てあげてほしい、と思う気持ちで今回書かせていだだきました。

タイ人男性は学歴で決まる、とは書きたくなかったのですが、おそらく国際結婚の土俵に上がるタイ人男性はそこそこに学歴がいいはずです。

ですので、女性の方もどう理解してくかの一助になれれば、幸いです。

是非、皆様のご参考になればと思います!

お幸せになって下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ