海外で子育てする7つのメリットとは!外国生活10年の私が紹介


自分だけでも海外生活なんて大変なのに、右も左もわからない海外で子育てをしなければならなくなったらとても不安ですよね。

そんなあなたにまずは良いお知らせをひとつ!
ある「海外で子育て経験のあるママへの調査」によると、多くの海外子育て経験者が、日本に比べて海外は子育てしやすい環境だと実感しているとの結果が出たそうですよ。

中年おやじの私が子育て論を話すよりは、私より海外生活が長い友人(友達の奥さん)の方が説得力がありますから、彼女からお話していただきますね。

そこで今回は、海外で子育て経験のある私が感じる海外子育てメリットをお伝えしてみますのでよろしくお願いいたします。


Sponsored links



海外で子育てするメリットをお話ししますね。以下の7つにまとめられますよ。

海外子育ての7つのメリットとは?


  1. 地域ぐるみで子連れに優しい

  2. 親子のスキンシップが当たり前

  3. みんな同じじゃなくてもいい

  4. お弁当のプレッシャーがない

  5. メイドさんやベビーシッターの存在

  6. 外国語の習得が自然にできる

  7. 環境がよい




 では詳しく見ていきましょう!

 

地域ぐるみで子連れに優しい


日本ではベビーカーは邪魔扱い赤ちゃんが泣けば嫌な顔をされ、お出かけも本当に肩身の狭い思いをしますよね。

ネットに「赤ちゃん連れで交通機関を利用するな!」なんて書き込みがあるのは日本だけじゃないかと思います。

私が海外でよかったなと思ったひとつは、地域ぐるみで子供連れに優しいという点です。

子供が小さい頃、飛行機に搭乗する長い列に並んでいると、必ず子供連れは優先的に乗せて貰え、混雑を避け座席に座ることができてとても助かりました。

出入国時のイミグレーションでもそうでした。レストランなどでもちゃんと子供も一人のお客さんとしてメニューを渡してくれたりするし、子連れでも嫌な思いをすることなく外出できるのがいいですね。


親子のスキンシップが当たり前


これは欧米型のコミュニケーションで、日本人にはちょっと慣れない習慣かもしれませんが、海外では日常的な光景で挨拶にハグとかしますよね。

当然子供ともハグやほっぺたにキスなど普通にするわけです。

うちの子も小さい頃から学校の先生やお友達の親たちにそうやって挨拶されているので、当たり前のように「行ってきます」や「おやすみ」などの挨拶のたびにハグやキスをしてくれます。

日本では大きくなった子供とのスキンシップって、気恥ずかしくてあまりないじゃないですか?

でも親子のスキンシップが自然にできてしまう海外は、親としては嬉しい環境かなと思います。


みんな同じじゃなくてもいい


うちの子は幼稚園に入園したての頃、私が帰ってしまうのが嫌で泣くので、なんと2週間以上も毎日、私も幼稚園が終わる時間まで教室で付き添っていたことがあるんですよ。

日本だと親の育て方が悪いみたいな雰囲気があってツライですけど、海外だと「みんな違ってみんな良い」で、子供の個性や成長に合わせて子育てをしていける環境なのでとても気持ちがラクですよ。


お弁当のプレッシャーがない


日本にいる友達の話では、子供のお弁当に毎朝「キャラ弁」を作るらしいのです。

それでなくてもバタバタ忙しい朝に色合いや栄養を考えながら「キャラ弁」。

それを聞いたとき私は心底「海外でよかった」と思いましたね。

まず海外でお弁当は作りませんし、ランチを持って行く事があってもサンドイッチやホットドッグとか簡単な物しか作りません。それが普通なので、誰からも愛情がないとか手抜きだなんて言われることがなくてホント助かってます。

Sponsored links



メイドさんやベビーシッターの存在


日本から見れば、メイドさんやベビーシッターがいる家ってすごい金持ちなのかセレブじゃない?と思われるかもしれませんが、海外では共働きの家庭が多いためかメイドさんやベビーシッターを雇う家庭が普通にあるんですよ。

一部屋与えて住み込むタイプの場合でも月3万円ちょっとなので、仕事を持っているママ友は子供の食事や送迎の時間を気にすることなく働けるので助かると言っています。

私も子供が赤ちゃんの頃、週2回、2-3時間の契約(1万5000円程)で家の掃除や買い物を頼んだことがありますが、その間は子供の世話に専念できるし、一人きりで家事育児を抱えこんで煮詰まったりしなくてよいので便利だなと思いました。

これはやっぱり海外子育てならではのメリットですね。

外国語の習得が自然にできる

最近は英語や日本語以外の言語を身につけさせることで、子供の将来の選択肢を広げてあげたいとわざわざ親子で海外留学したり、家族で海外移住したりする人も増えているそうですね。

そう考えると海外での子育てはメリットになると言えますよね。

うちの子は家の中では日本語ですが、お友達との時間が増えるにつれていつの間にか英語の方が上手くなっている様子です。


環境がよい


海外で子育てをしていて気がラクなだと思うことに、周りが子供に寛大であることが思いつきます。

大型スーパーで買い物をしていて子供が飽きてカートに乗ったり押したりしながら遊んでいても、広々していますから周りに迷惑がかからない限りイヤな顔もされません。

エレベーターや近所で顔を合わせれば子供にも声をかけてくれますし、日本よりフレンドリーな気がします。そういう面では海外の方が子育てしやすい環境なのではないかと思いますね。


Sponsored links



まとめ


誰も頼る人がいない海外で子育てなんて不安と思っていた方も、少しは安心できましたでしょうか?

意外と海外でも大丈夫なものですよ。

むしろ海外の方が子育てしやすいなと私は思っているくらいですから。みなさんもご安心くださいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ