MBKのフードコートのおすすめとは?在住者が食べ方を徹底解説!


バンコクにはたくさんのショッピングセンターがありますが、老舗と言えば1985年に開業の「マーブンクローンセンター」です。

BTSスカイトレインの「ナショナルスタジアム駅」直結の便利な立地で、通称MBKと呼ばれるタイ人にも馴染みのある大型ショッピングモールです。

今回はその6階にある、お昼時にはタイ人や旅行者で満席になる超おすすめフードコートを徹底解説しますね。


Sponsored links



最初にお店の基本情報ですね。

MBKのフードコート情報
営業時間:10:00-22:00
定休日:年中無休
正式名称: フードアイランド(6階)
クレジットカード:使用不可
行き方:BTSナショナルスタジアム駅で下車。4番の改札を出て右手がMBKセンターです

MBKへの詳しい行き方は、ここに書いてあります。興味のある方はどうぞ!
バンコクで買い物と言えばMBK!行き方を徹底解説


MBKセンターには日本の東急デパートも併設しています。

とにかく巨大なMBKセンターですので、駅から出てフードコートへ直行するなら、東急デパートのエスカレーターを利用するのが断然便利です。

東急デパートの5階以上はMBKセンターになっているので、ひたすら6階に向かって上ってください。

4階には東急のフードコート、5階にはMBKセンターの高級フードコートがありますが、お間違いのないように、目的地はあくまでも6階です。

MBKセンターの各フロアについての詳細記事があります。興味のある方はどうぞ!
バンコクのデパートMBKのフロアガイド!元タイ駐在員が完全紹介!

MBKセンターから行く場合は6階の一番手前(駅より)になります。巨大なモールなので、中に入ってしまうと方向感覚がなくなってしまいますが、看板を目印に進んで下さい。

MBKの6階のフードコートの料理屋さんのてんぽは、約50店舗あります。

座席は1,000以上ありますよ!

それでは、フードコートでの食べ方を話しますね。

フードコートでの食べ方


  1. 食券を買う

  2. 食べたいものを選ぶ

  3. 空席を探す

  4. 食事をする

  5. 換金をする



1.食券を買う


「CASHER」と大きく書いてあるカウンターでおおよその金額を伝え、その金額がチャージされたカードを受け取ってください。



後ほど換金できるので、飲み物やデザートも購入できるように大目にチャージしておくのがいいでしょう。



2.食べたいものを選ぶ


とにかく種類が豊富なので、食べたい物を吟味して選んでください。


今回私が選んだのは鉄板の「ガパオムーサップカイダーオ(豚挽肉のバジル炒め/目玉焼き乗せ)」と「カーオカームー(豚足煮込みご飯)」です。

この画像は、ガパオムーサップカイダーオ(豚挽肉のバジル炒め/目玉焼き乗せ)です。


私のガパオムーサップ(豚挽肉のバジル炒め)を注文する時のポイントは
・マイペッ(辛くしないで)
・パックルアム(ミックス野菜も入れて)
・カイダーオ(目玉焼きも入れて)
この3つです。ガパオは美味しいのですが、既存メニューの場合はお野菜がバジルしか入っていません。

おすすめポイント
オイスターソースの香ばしさとバジルの香りがマッチして、食欲をそそる味付けです。
更に目玉焼きが少し濃いめのソースをマイルドにし、どんどん箸(スプーン)が進みます。
野菜不足解消になるのでおすすめですよー!


カーオカームー(豚足煮込みご飯)注文時のポイントは、
・マイアオナンマン(脂身は入れないで)
・サイカイ(卵を入れて)
・サイナーム ヨッ(スープをたくさんかけて)
・サイパック ヨッ(野菜をたくさん乗せて)
この4つです。

特に脂身を伝えないと、ギトギトの脂がドーンと乗せられてしまいますので注意です。

付け合せの青菜は酸味が効いていてとってもさっぱり美味なので大目を希望します。

おすすめポイント
多種のハーブ入りスープにじっくり煮込まれた豚足は、フォークでつつくだけでほぐれるほどの柔らかさです。
スープたっぷりのご飯と一緒にスルスル食べられます。
卵はスープが浸み込んだ煮卵なのでおでんの卵より濃いめですが、おすすめですよ。



3.空席を探す


どこのフードコートでも同じですが、荷物や貴重品を置いての確保は危険です。

なくなっても構わないタオルなどで確保してもいいですが、いざ注文して席に戻ったらどかされていることもありますのでご了承ください。


4.食事をする


涼しい店内で美味しいタイ料理。至福のひと時ですね。

今回のお会計は、ガパオムーサップ(豚挽肉のバジル炒め)60Bとカーオカームー(豚足煮込みご飯)60Bと追加の煮卵が10B、それにお水10Bの合計140Bです。こんな豪華な立派なご飯が140Bなんて、タイのフードコート様々ですね。

ちなみにお水ですが、室温のお水(ドリンキングウォーター)が10B、冷たいお水(ミネラルウォーター)が20Bでした。(笑)

お食事の後は、お掃除の人がすぐに片付けに来てくれます。さすが人気フードコートだけあって、回転を速くするためにお掃除係りの人もたくさんいました。


5.換金する


お腹一杯になっても忘れてはいけないのが、残額の換金です。当日のみ有効なので、CASHERにて必ず現金に換えてくださいね。

その他の店舗について


ご紹介した料理以外にも、ヌードルやカオマンガイ、カレー系やイサーン料理、さらにはデザート類など、一通りのタイ料理がなんでも揃っていますので、何度言っても満足できると思います。

また、タイ料理の他に日本の「吉野家」や「ペッパーランチ」も入っていますので、タイ料理が苦手な方にもおすすめです。



スイーツも充実してますよ。


日によってですが、食後は、タイティーやスタバなどまちまちですが、食後に上記の画像のスイーツを食べるのが美味しいですよね!


ちなみに5階の高級フードコートは、主に観光客やハイソ系のタイ人の利用が多いようで、サービスチャージ5%も発生します。

座席はふかふかの椅子で、エリア内も証明からして高級感あふれる雰囲気ですので、ちょっと落ち着いてランチをという時にはいいかもしれません。


Sponsored links


まとめ


以上MBKセンターのフードコート、いかがでしたでしょうか。

お腹が一杯の後はお買い物もよし、MBKセンター内のマッサージやネイルショップに行くもよし、またはMBKの目の前にあるアートミュージアムや、すぐ近くのジムトンプソンの家に行くもよしです。

とても便利なエリアで、合間にこちらのフードコートを入れればお買い物や観光だけでも1日十分使えますので、是非ご利用くださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ