チェンマイのナイトバザールのフードコートを在住者が徹底解説!


ナイトバザールといえばタイ・チェンマイ旅行では外せない定番スポットです。

ナイトバザールに来たからには、ショッピングはもちろん、美味しい食事も楽しみたいですよね。

この記事を読まれているという事は、チェンマイを旅行中、もしくは予定している方でしょうか。

今回はナイトバザール周辺で、特におすすめなフードコートを紹介しますね。

お店選びの参考になれば幸いです。(今回はチェンマイで留学している友達に情報をもらいました!)

チェンマイのナイトバザールのおすすめフードコート


  • フードコートの行き方

  • フードコートの食べ方

  • 店内の店舗の様子

  • おすすめの料理厳選3品





フードコートの行き方


今回おすすめするフードコートは「プロンルーディーナイトマーケット」です。

場所はナイトバザールが開催されているチャンクラン通りの北寄りに位置します。


夜6時から深夜まで営業していますが、日曜日はお休みのようです。

屋根がないため雨天の際は避けた方が良いかもしれませんね。

写真のようなおしゃれな入り口。


比較的新しいできたフードコートで、全体的に洗練された雰囲気があります。

観光客に特化しているため、とにかく買い物がしやすいですね。

私は慣れないうちはとても助かりましたね。 

ですが、旅行者価格のため、最近は頻度が減りましたがもし友人が旅行で遊びに来るとしたら連れて行く場所です。

奥の方には無料のトイレもあります。

マーケットでは有料のトイレが基本なので、これはありがたいですね。

野外のフードコートですが指定場所以外は禁煙となっています。


フードコートの食べ方


プロンルーディーナイトマーケットはチケット制ではなくそれぞれの屋台に直接支払う形になっています。

観光客向けのエリアですので、メニューは基本的に英語表記です。

写真や料理自体がある場合がほとんどなので指差し注文でも伝わりますよ。


大体どのお店でも注文を受けてから調理するため5分〜10分ほど待ちます。

料理を受け取ったら適当に席を確保します。

荷物を置いての席取りは避けましょう。なくなってしまう恐れがありますので。


食べ終わったら紙皿であれば近くのゴミ箱に捨てます。

食器の場合は返却場所があるためそちらに戻しましょう。

とはいえ、掃除の方が巡回しているため、分からなければそのままでも問題ないようですね。



店内の店舗の様子


屋台の種類は定番のタイ料理から中華料理、ハンバーガーやピザ・パスタなど、なかなか多国籍です。

屋台全体の数は約40店舗くらいです。

もちろんフレッシュジュース屋さんもありますよ。

素材の味がそのまま楽しめるハーバルドリンクもおすすめです。


端の方ではかわいい雑貨が売っていたりもします。


マーケットの定番、路上のマッサージ屋さんもありますよ。


夜7時を過ぎると席の半分以上が埋まるほど賑わってきます。

中央にはライブ会場もあり、生演奏を聴きながらお酒や料理を楽しむなんてこともできちゃいます。


このフードコートの良さは、以下の3点です!

慣れしていなくても買い物がしやすいこと
賑わっているので治安面での安心感があること
ぼったくりがないこと(そもそもの価格自体が高めなので何とも言えませんがふっかけられることはまずないです)


Sponsored links



おすすめの料理厳選3品


ここからはプロンルーディーナイトマーケット内で食べられる、特におすすめの料理を3品紹介しますね。

  • カオソーイ(カレーラーメン)

  • チェンマイソーセージ(ソーセージ)

  • マオバオ(具入り焼き団子)


以上の3品になります。
詳細を説明していきますね。

カオソーイ(カレーラーメン)

1品目は何と言ってもカオソーイ(100バーツ)。

タイ北部を代表する郷土料理の一つで、チェンマイ旅行では外せませんね。

言うなればカレーラーメンなのですが、ココナッツミルクのまろやかさの中に様々なスパイスが効いており、その味わい深さに病みつきになること間違いないですよ!



チェンマイソーセージ(ソーセージ)


2品目はチェンマイソーセージ(サイウア)です(70バーツ)。

こちらもチェンマイ名物の一つですね。

豚肉にレモングラスやパクチーといったハーブ類を交ぜたソーセージで、そのピリ辛でエスニック味わいはおつまみにぴったりです。

思わずタイビールが飲みたくなりますね。

カオニャオ(もち米)と一緒にいただくのもおすすめですよ。

マオバオ(具入り焼き団子)


3品目はマオバオ(具入り焼き団子)です(100バーツ〜120バーツ)。

こちらは中華風のダンプリングで、具は鴨肉や豚肉、鶏肉などから選べます。

写真は鴨肉のマオバオです。

ジューシーな鴨肉がシナモン風味のグレービーソースに絶妙に絡みます。

食べ歩きにもってこいの一品ですね。

いい意味で期待を裏切ってくれる美味しさでしたし、他のマーケットではあまり見かけないのもポイントですよ。


Sponsored links



まとめ


いかがでしたでしょうか?

ナイトバザールには数カ所のフードコートがありますが、プロンルーディーナイトマーケットはホントにおすすめです。

おしゃれですし、割と清潔な部類に入るフードコートですし。

どこに行こうか迷った際には是非参考にしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ