タイに行ったら女子が喜ぶお土産7選を買おう!駐妻からの徹底解説


物価が安い、食事がおいしい、観光地が充実しているタイは、女性に大人気の海外旅行先です。

でも実際に行ってから「お土産って何を買っていけばいいかわからない」「ちょっと人と変わったものを買っていきたい」「タイ限定グッズが欲しい」とお考えの方、いらっしゃいませんか?

今回は、私の友達の駐在員の奥さんがおすすめする!タイに行ったらチェックして欲しい女子が喜ぶお土産をご紹介したいと思います。


Sponsored links



女子が喜ぶお土産7選


  1. タイパンツ

  2. by natureのシャンプー・コンディショナー

  3. THANNのリップバーム

  4. タイビール

  5. メラミン食器

  6. Green bio Super treatment

  7. Dean and Delucaのタイ限定バッグ



それでは、説明をしていきますね。

1.タイパンツ


タイっぽいお土産といえばタイパンツ。

色も鮮やかで友達同士お揃いで買っていくと、写真映えも間違いなし。

私は友人6人にお土産として友人それぞれのイメージで色も柄も別々に選び、購入しました。

素材も柔らかいので持ち帰る際もあまりかさばりませんし、友人からも非常に好評でパジャマに使っているとのことでした。

購入場所:チャトチャックウィークエンドマーケットやナイトマーケットやパッポンの屋台売り場など
値段:1本120〜200B(約420〜700円)程度
誰へのお土産:友人へのお土産向き
その他:まとめて買うと値引きしやすいですよ

下記画像が友人に買ったタイパンツです。

ちなみに現地駐在員の間ではタイパンと呼んでいます。


2.by natureのシャンプー・コンディショナー



by natureは、タイのハーブや植物の力に注目し、天然由来のバス、ボディー及びヘアーケアー製品を展開しているブランドです。

実はこのシャンプー・コンディショナー、駐妻の間ではとても有名で、私も普段から使用しています。

バタフライピーやベルガモットなど4種類ほどあるので自分のお好みの匂いを選ぶことができますよ。

なんせ、天然素材ですから体に優しいに決まってますから。

自分に買うもよし、家族に買うもよし、友人に買うもよしの1品ですね。

レモンファームというお店で購入することができます。

購入場所:レモンファーム トンロー店
住所:Fifty Fifth Plaza, Thonglor Soi 2
TEL:02-381-0195
営業時間:10:00~21:30(定休日なし)
URL:http://www.lemonfarm.com
値段:1本95B(約330円)です。
誰へのお土産:自分用又は友人へのお土産向き
その他:まとめて買うと値引きしやすいですよ








3.THANN(ターン)のリップバーム


THANNはタイ生まれのスキンケアブランドです。

実は日本にもお店があり、THANNのアメニティを置いているホテルや旅館もあるほど。

バンコクにも路面店があり、そこでは商品の購入だけでなく、THANNのプロダクトを使用したスパやマッサージを楽しむことができます。

私がおすすめするのはリップバーム。とにかく保湿力がすごく、駐妻の中でも話題の商品です。




日本でも、東京・大阪・名古屋などに8店舗くらいある高級ブランドです。



購入場所:THANN(ターン)
住所:Sukhumvit soi 47
TEL:02-011-7104
営業時間:10:00~22:00(定休日なし)
URL:http://www.lemonfarm.com
値段:1本490B(約1,700円)です。
誰へのお土産:大事な友人へのお土産向き




日本で購入すると、1,890円(税込)で購入できるのですが、タイでは490B(約1,700円)で購入できるため少し安く手に入れることができますよ。


4.タイビール


ここまで美容系が続いたので、一旦食べ物系のご紹介です。

タイで有名なビールといえば新ハービールですが、実は他にもたくさん銘柄があります。

日本ではあまり売られていないものもあるので、お酒好きなお友達のお土産におすすめです。

特におすすめは、ビアチャンです。



コンビニやスーパーマーケットで1本約30〜40B(約105〜140円)で購入できます。

実はタイではアルコールの販売時間が規制されていて、11:00~14:00または17:00~24:00の間しか販売されず、それ以外の時間帯では購入する事が出来ませんのでご注意を。

免税範囲がアルコール類は1本760mlが3本まで免税ですから購入は計画的にお願いしますね。


Sponsored links



5.メラミン食器


タイはセラドン焼きやベンジャロン焼きなどの陶器が有名ですが、実はメラミン食器が安く購入できるタイミングがあります。

毎年6月と12月にヨーロッパや日本のブランドのメラミン食器を製造するSuperwareというタイの会社の工場でB級品のセールが開催され、定価の30〜80%OFFで商品を購入することができます(ちなみに私は27点購入して540Bでした)。

みなさんご存知のFranc FrancやCathKidstonのお皿もあります。


可能であれば、ピンポイントでその時期を狙ってバンコクに旅行に来ていただき、購入していただきたい場所ですね。

【Superwareセール】
日程:毎年6月・12月(10日間)
時間:8:00〜19:00
会場:Superware スクサワット工場
場所:15 Suksawat Rd. Soi 36 Bangpakok Bangkok 10140
誰へのお土産:小さなお子さんがいる女友達へのプレゼントにおすすめです






6.Green Bio Super Treatment


あまり知られていないこのトリートメント、タイに来て髪の毛が痛んだような気がしてお友達に相談した際に紹介してもらいました。

1箱24袋入りで600B(約2,100円)なので1袋あたり25B(約88円)、1袋でセミロング2回分の量が入っているため、1回約40円で髪の毛がツルツルになります。

使い方はシャンプー後にこのトリートメントを塗布し、5分おいて流すだけ。

1袋ずつになっているので、お友達に配ったりするのも◎。「美肌さいさい」というお店で購入できますよ。

購入場所:美肌さいさい
住所: terminal bldg. 4F, Soi Sukhumvit 24, Sukhumvit Road
BTSプロンポン駅から徒歩3分です。
TEL:06-1584-7995
営業時間:10:00~17:30(定休日なし)
値段:1本490B(約1,700円)です。
誰へのお土産:お友達へのお土産向き



7.Dean and Delucaのバンコク限定バッグ


最後に日本でも大人気の「Dean and Deluca」のタイ限定バッグをご紹介します。

サイズや形がとても使いやすいため、実は駐妻さんも所有率が高いのがこのトートバッグなんです。

期間限定の色の商品が発売されたりすると、すぐに完売してしまうほど人気です。

シンプルなデザインでサブバッグにちょうどいいので、女性であればどなたでも喜んでいただけるお土産になると思います。

バンコク市内に数店舗あるので、ご自身のアクセスの良い店舗でお買い求めください。

もし買い忘れちゃった!なんて場合にはスワンナプーム国際空港にも店舗があるので、そちらもご利用ください。


「Dean and Deluca」のタイ限定バッグについての詳細記事がありますので、興味のある方はどうぞ!
ディーンアンドデルーカのバンコク限定のトートバッグをお土産に

大変おススメですよ!

Sponsored links



まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は主に女性の喜ぶお土産をチョイスしてみました。

人へのお土産だけでなく、自分のものも欲しくなってしまいますね。

いずれもバンコク市内で購入が可能なものなので、是非お土産探しを楽しんでいただけたらと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ