ブランド時計のコピーって評判はどう?私が買った物を中心に徹底解説


世界のコピー時計のほとんどは中国製って言われてるけど、東南アジアも頑張ってます。

特にタイではブランド品のコピー商品をたくさん売っていて、噂では品質も少しは良くなったとも聞きますね。 

バンコク市内のパッポンストリートやMBK(マーブンクローン)には、バッグ、時計、ベルト、Tシャツなどの衣類等ブランド品のコピー品の目白押しです。

実際にタイに駐在していた時に、コピー商品を買いたいと言った日本からのお客さんはたくさんいましたし、パッポンの屋台は日本人を含めた外国人観光客で賑わっていました。

特にブランド時計のコピー時計はたくさんありすぎでした。

ロレックス、ウブロ、IWC、パテックフィリップ、ピアジェ、オメガ、ブライトリングなど盛りだくさんです。

Sponsored links


今回は、本当に良いものなのか、実際にタイに駐在していた時に私が使ってきたものの実際のところをお伝えしますね。

最初にコピー時計について簡単に説明します~

コピー時計の等級とは


ブランドコピー時計は等級があり、

  1. N級品

  2. S級品

  3. A級品


の3種類に分けられます。

それぞれ説明していきますね。

1.N級品


昔は出回っていませんでしたが、『ほぼ本物と遜色ない商品で、材料からこだわり正規品に限りなく近い製品』と言われています。

最高品質の模倣品ですかね。

私は最近までN級品の存在を知りませんでした。

HPでも堂々と売っているのでびっくりしますが、素人は偽物との区別は難しいです。

2.S級品


スーパーコピーのSからS級と言われています。

S級品もしくは、SS級品が最高級クラスでした。

タイで業者のタイ人のが日本語で『エスキュー』というくらい浸透しています。

もちろん、素人では判別するのは難しいですね。

A級品


粗悪品です。

なんちゃってブランド時計の偽物なので、細かい部分は全然つくりが雑です。

素人で偽物と判別できますね。

次に、コピー時計を打っている場所の動画をご覧ください!
ここは、マーブンクローン(通称:MBK)です。

  


マーブンクローン(通称:MBK)の買い物について詳しい情報をご紹介しています!
↓↓↓
バンコクのデパートMBKのフロアガイド!元タイ駐在員が完全紹介!
バンコクで買い物と言えばMBK!行き方を徹底解説


それでは、実際に購入したブランド時計のコピー商品を紹介します!

私が購入したブランド時計の偽物たち


ブルガリの時計

購入場所:タイのバンコクのパッポンの屋台

価格:5000バーツ(1万5千円くらい)

クラス:S級と遜色ないとオヤジは言っていた。
名刺もくれて問題があれば、連絡くれれば、すぐ直すからと宣言。
値引き交渉:最初1万バーツ(3万円くらい)とオヤジがぬかしやがって、『要らねーよ!』というセリフから始まり、最終的には5000Bで決着。

買ってみた感想:なかなか重厚感があり、気に入っていました。キャバ嬢にも好評だった。(偽物とは言ってないよ)でも3年くらいたって、全く動かなくなった。

一口メモ:この辺りの業者の人間は、すぐに『ギャランティーOK!』と言う。ギャランティーとは、英語で『保証』という意味で、『問題あれば、ギャランティーOK』と言う。実際は、保証なんてしないですけどね。

下の画像が、そのBVLGARI(ブルガリ)の時計です。


ブルガリのコピー時計のツイッターでの評判です!




Sponsored links



HUBLOTの時計

購入場所:タイのバンコクのパッポンの屋台の近くの店舗で日本人が経営していた。今は無いかもしれない。

価格:15000バーツ(4万5千円くらい)
クラス:SS級で本物と同じ材料を使用しているので、『完璧だ』店主らしき日本人が言っていた。
2万バーツ以下は無理とか言っていたが何とか15000Bで決着。

買ってみた感想:なかなかカッコ良くて、キャバ嬢以外の人にもカッコいいねと言われていた。でも本物は当時200万円以上するので、ブランド時計のコピー商品とバレていた。使用して3年でいつの間にかゴムの部分が切れていた。

SS級なのに、なんでゴムが切れるのか理解できなかったです。また、時計機能も動かなくなった。この時計は、自動巻きなので時計を振ったら動いていたが、最終的には振っても動かなくなった。

一口メモ:何がSS級だよ!4万5千円もしたのに全然使えない。あの日本人店主は詐欺師みたいなもんだな。外国でも日本人が日本人を騙すパターンがあるので気を付けよう!

下の画像が、そのHUBLOT(ウブロ)の時計です。



ウブロのブランド時計のコピー商品の評判です!



カシオのGショック

購入場所:タイのバンコクのパッポンの屋台

価格:150B(450円くらい)

クラス:A級というかなんちゃって級

買ってみた感想:シャレで買ったのでいつ壊れても良いと思っていた。友達に見せると俺にも買ってきてと言われるほどの名品です。買って5年くらいたつが未だに動いている。時計機能としての品質はクリアです。

一口メモ:このレベルの時計が450円くらいできるのが不思議。最近はパロディ商品(例えば、PUMAのパロディでPAMAとか)が流行ってるので、逆にオシャレかもしれない。


下の画像が、そのGショックの時計です。(すみません。Cショックでした。(笑))Cショック以外にもSショックなどもあります。


Gショックのブランド時計の偽物の評判です!



ちなみに、Xショックもありますよ!タイの友達が誇らしげに見せてくれました(笑)

150バーツ(約450円くらい)です。(笑)






Sponsored links




ネットを探したらこんな感想の人もいましたよ!
オーバーホールも出来ませんし、5年も経つと1日5分は遅れますよ!
3年なら時計としての機能は保てるんじゃないですかね!




タイでのお土産をブランド時計のコピー品を考えているのなら、もっと安くて良い品物について情報をご紹介しています!
↓↓↓
ディーンアンドデルーカのバンコク限定のトートバッグをお土産に

ジムトンプソンのアウトレットの行き方は?店舗内を徹底解説



コピーものの時計の修理について


海外でブランド時計のコピー時計を購入して、故障したから直したなんて話は聞いたことがありません。

みんな壊れたら終わりです。

販売業者は『ギャランティOK!』なんて言いますが、なんか理由を付けて直さないか時間をくれっていってそのままスルーするに決まってます。

いずれにしても、故障したコピー時計を修理してもらえる保証なんてほとんどゼロに近いですよ。







まとめ


いかがだったでしょうか?

私の入ブランドのコピー時計についての結論ですが、

    私が購入した経験から言うと、「コピー時計は、ほとんどの場合、本物よりはるかに早く使えなくなります。コピー時計が故障して日本で修理できる時計屋さんは、皆無です。
    故障するコピー時計は修理ができないので、買わない方が良い!

    ブランド時計のコピーで何万もするものは、本物よりいくら安くても寿命が短いので費用対効果が無い。
    買わない方が良い!

    パロディ時計なら、安いし笑えるので買ってみるのも面白い!
    いつかは故障します!
 

ブランド時計は、本物の方が良いです。偽物は修理もできないのでもったいないです。

私はコピー時計に何万も突っ込んで、結局使えませんでした。高くても本物にするべきですね。

皆さんも、海外などでブランド時計のコピーものを買うのなら、よくよく検討してみてください。『ただの銭失い』になりますから。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ