バンコクからパタヤへ日帰りラン島ツアーで優雅なひと時を満喫しよう!


バンコクには、ホテルに備え付けのプールがたくさんありますが、ホテルのプールだとイマイチ癒されないですよね。

そんな時は、波の音を聞きながら、癒されてみてはどうでしょうか。

バンコクから一番近くてきれいなビーチは、パタヤのラン島のビーチです。

日帰りで行けるツアーがあるし、日本ではあんまり経験できないアクティビティもあるので、是非参考にしてみてください。

travel-1482137_1920


Sponsored links



パタヤへの行き方


ツアーで申し込む場合は、ホテルから送迎バスがでます。

バスまたはタクシーで行く場合は、バスターミナルでバスに乗る方法がありますよ。

バスで行く場合


バンコクからだとBTSのエカマイ駅の直ぐの場所にバスターミナルがあります。

そこから、PATTYA(パタヤ)行きバスのチケットを買います。

片道125バーツで往復で250バーツです。

パタヤまでは、2時間超で着きます。

ラン島行きの船着き場までは、遠いので、結構しんどいです。

タクシーで行く場合


バンコクから、タクシーを停めて、パタヤまで行ってくれるか交渉します。

1500バーツくらいかかりますが、普通は、どのタクシーの運転手も行きたがりません。

理由は、しんどいからです。でも値段次第でしょうけどね。

ツアーで行く場合


ホテルにピックアップしてくれます。

JTBツアーの場合 2200バーツ
07:00 マイバス指定ホテル集合
(約2時間30分)
09:00 – 09:30 パタヤビーチに到着後、スピードボートにてラン島へ
09:45 – 14:00 着後、自由行動(4時間30分)
島内レストランにてタイ海鮮料理のランチ
14:30 – 15:10 スピードボートにてパタヤビーチへ
15:15 バンコクへ向けて出発(約2時間30分)
17:30 マイバス指定ホテル解散 

予約はこちら!

パンダバスツアー 1800バーツ
06:15-07:00
各ホテルへお迎え(エリアによってはお迎え出来ないこともございます)又はインターコンチネンタル・バンコク隣接、プレジデントタワー入り口前7:10集合
7:20〜 バンコク市内出発
09:15〜 パタヤビーチ到着後、スピードボートに乗ってラン島へ。
※パタヤ発着の方はスピードボート乗り場近くの指定の集合場所にご集合となります
ランチ付きの方はタイ版海の家でシーフードランチをご用意しています。
〜14:00  ラン島出発(出発時間は当日、担当ガイドからご案内します)
15:00〜 パタヤ出発
17:30 〜 インターコンチネンタル・バンコク隣接、プレジデントタワー解散
※ホテルまでの送迎はございません

予約はこちら!


最近は、ぼったくりのタクシーも減ってきているので、タクシーで行くのが手っ取り早いですかね。


Sponsored links



ラン島はマリンスポーツのアクティビティ満載!!


水上バイク

値段:1回30分 800バーツ(約2,500円)

これは、日本でも乗ったことはあるかもしれませんが、スクーターみたいなもんです。

スピードを出すときは、人がいないところを確認して下さいね。

くれぐれも事故には、気を付けてください。

ネット情報ですが、警察とグルになった悪徳レンタル水上バイク業者が、バイクが壊れたから、法外な弁償費用を請求するパターンがあるそうです。

くれぐれも悪徳業者には、気を付けてくださいね。

jet-ski-1125328_1920 (1)

バナナボート

値段:1回30分 800バーツ(約2,500円)

家族や友達同士で乗ると楽しいですね。

お決まりだけど、1回は、バナナボードが、倒れちゃうんですよね。

それで、海水を飲んじゃうんで、気を付けてください。

speed-boat-320088_1920

パラセイリング


値段:1回10分 800バーツ(約2,500円)
一生に一度はやるべきですね。

怖いけど最高に気持ちいいです。

飛び立った後、上空で、『俺の人生最高やな】と思いますよ。

飛び立つときに写真を撮られ、買わされそうになります。私はついつい思い出のために買っちゃいました。(値段は、忘れましたけどね。)

体重を気にされていて、重量オーバーを気にされている方もいるかもしれませんが、90キロ超えの私でも楽々できたので、大丈夫ですよ!

parasailing-823771_1920

ラン島での食事は、軽めに


ラン島には、海の家的な、食事を出すところがありますが、そんなに期待できません。

食事は、軽めにして、バンコクに戻ってから美味しいタイ料理レストランに行くことをお勧めします!!

あえて、食べるなら、タイ風焼き飯(カオ・パット)やつまみとビールくらいにしときましょう!

  




Sponsored links



まとめ


パタヤのラン島に行くなら、初めてのタイ旅行であれば、ホテル送迎の現地ツアーがおススメです。

バスやタクシーはちょっとハードルが高いですし、防犯の面からもきついですね。

旅に慣れておられる方は、リスクもありますが、タクシーやバスでもOKですよ。

ラン島でのマリンスポーツは、是非、パラセーリングはマストです。上空で良い気分になれます。

その他、シーウォーカー(1600B/約20分)というのがあり、海の中をスキューバでなく、散歩できますよ。

お魚に餌付けもできるので、この際いろんな経験をしてみましょう!

  

いかがでしたでしょうか?パタヤのビーチの海はきれいではないですが、ラン島周辺のビーチの透明度が合格点なので、
是非、たくさん遊んで、最高のパタヤツアーにしましょう!


パタヤ以外の観光についての記事もあります。興味のある方はどうぞ!
タイ観光の人気スポット10選ならここ!!タイ駐在10年の視点から




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ