セントラルワールドのフードコートで絶品料理3品を駐妻が徹底解説


こんにちは!

海外在住歴15年目、タイに来て4年目の駐妻です。

タイは今まで住んだ国の中で一番住みやすい国で、物価も安く、食べ物も美味しくて、親日家の国で大好きな国の1つです。

ショッピングと食べることが大好きで、日本人があまり知らないような安くて美味しいローカルグルメを開拓するのを趣味としております。

そんな私が、今回選んだ、セントラルワールドのフードコート(foodwOrld)の絶品料理を3つご紹介したいと思います。

タイを知り尽くした駐妻はもちろんですが、タイへ旅行へ来られた方でも、簡単に安く、美味しいタイ料理を堪能できますので是非、参考にして頂ければと思います。


Sponsored links



フードコート以外にもセントラルワールド6階、7階には沢山のレストランが入ってますが断然フードコートがおすすめですよ!

最初にバンコクのフードコートの魅力についてお話ししますね。

バンコクのフードコートの魅力



  • 魅力その1:とにかく安くて美味しい!


  • レストランで食べると大抵は消費税7%プラス、サービスチャージ10% つまり17%が上乗りされるんです。

    コスパ重視で美味しいものを食べたいのなら断然フードコートがオススメ。


  • 魅力その2:衛生管理がきちんとされていてクーラも効いてる!


  • 日本に比べてまだまだ衛生管理の知識は低いタイですが、スプーンやフォークの殺菌機も置いてありますし掃除の方が常に使い終わったお皿を片ずけてくれたりテーブルも拭いてくれるので割と綺麗です。

    日本だったら、セルフで片づけないといけなおけど、タイは楽ちんですよ。

    屋台だとクーラも無く汗だくで食べることになってしまいますが、クーラーも効いてるので快適に食事ができます。


  • 魅力その3:料理が出てくるのが早い!


  • レストランでは料理を頼んでから出てくるまでが遅かったり頼んだものが来なかったりすることもよくあります。

    それに比べフードコートはすぐ作ってもらえますし回転率が早いのも魅力の一つですね。

それでは、最初にお店の概略を紹介しますね。

セントラルワールドのフードコート(フードワールド)

営業時間:10:00-22:00
定休日:基本的に年中無休です
フロア:7階フロア・正式名称:フードワールド
クレジットカード:使えません。
行き方:BTSチットロム駅・6番出口を出て、スカイウォークを真っ直ぐ突き進む、又はBTSサイアム駅・6番出口を出てスカイウォークを真っ直ぐ突き進む。BTSチットロム駅・BTSサイアム駅両方から行けます。


吹き抜けになっていてオシャレですよね。




次にセントラルワールド、フードワールドでの食べ方を説明しますね。

  1. 食券を買う

  2. 食べたいものを選ぶ

  3. 空席を探す

  4. 食事をする

  5. 換金する





1.食券を買う



エスカレータで7階まで上がったらすぐに食券を購入するカウンターが見えます。

フードコート入り口左右に1つずつと真ん中に1つあります。


入金したい金額をカウンターの方に渡すとレシートと食券のカードが渡されますよ。


1品100バーツ前後ですが最後に換金できるので多めに入金することをオススメします。


1.食べたいものを選ぶ



お店はタイ料理からインターナショナルなものまで種類が豊富です。どのお店も美味しそうで毎回選ぶのが大変です。

タイ人がよく好むお店で好きなおかずをこの中から選んで食べるスタイルのお店。白ご飯とおかず2種類か3種類で値段が変わります。



このお店も美味しそうですよね!タイに来たからには本場のパッタイも食べたいですよね。


パパイヤサラダのお店もいつも繁盛してます。好きな具材を自分で選んで入れることもできますし、決まったものを頼むこともできます。


3.空席を探す



いつも混んでますが広くて席も沢山あるので意外とすぐ空いてる席が見つかります。


ソファー席もあるのでゆったり座れますし、大人数で食べれる大きいテーブルもあります。


フードコートとは思えないインテリアが素敵ですよね!観葉植物が置いてあったりテーブルも椅子もデザインがおしゃれなんです!


エンポリアムなどにもフードコートはありますが、いかにもフードコートって感じですし、セントラルワールドのフードワールドは、お店の活気もありますし、食べ物も有名店が揃ってるところが、ステキですよね。


4.食事をする


食べたいものを頼んだら座りたい席を探します。

オススメはしませんがタイ人はよく水筒とか私物を置いて席を確保してる人もよくみますよ。

友達と来る場合は交代で注文するのも有りですよね。


所々殺菌機も置いてありますので気になる方は殺菌機に一度通すことをオススメしますよ。

たまに綺麗に洗えてないスプーンに遭遇することもあるんですから。

旅行中に病気は避けたいですからね。

5.換金する


使い切れなかった分は忘れず食券を購入したカウンターで現金の払い戻しをしましょう。

カードを渡すと現金を返してくれます。


Sponsored links



それでは早速セントラルワールドのフードワールドの絶品料理をご紹介したいと思います!

私が選んだフードワールド絶品3品目


3位からご紹介しますね。

1品目:カムー 通称豚足煮込みご飯



場所:ラートナー店と同じ並び。右に6店舗ほど行ったことところ。

甘い醤油だれにじっくりと豚足を何時間も煮込んだ料理です。

このお店のカムーはなんと言ってもお肉が柔らかくて口の中で蕩ろけるんです!

メニューが置いてなかったので上の看板を見て注文しました。


このお店もグルメサイトで紹介されてました!

今更気付いたのですがセントラルワールドのフードコートは有名店が多いですよ!


このバケツのような大きな鍋に何時間も煮込んだ豚足は噛む必要が無いくらい柔らかくてコーラーゲンたっぷりでプリプリなんです。

いい具合に半熟感のあるゆで卵もトッピングすると美味しそうですよね。


タイではよくお店のカウンターに数種類のトッピングとソース(ニンニク、唐辛子、ナンプラー)などが置いてあって自分好みの味に味を調整するのが主流ですがなにも加えなくても十分美味しいです。

むしろ何も加えない方が美味しいと思いますよ。(好みによりますけど)


注文したのは1番の豚足と揚げた豚肉のご飯付きセットなのですがメインの豚足と一緒にブラックペパーの効いた唐揚げのようなお肉とタイ風高菜のようなちょっとしたお惣菜的なものも付いてくるのでこれで85バーツとはかなりコスパよくないですか!?

そしてこの甘い醤油だれがタイ米にかけて食べるとホント美味しいんです。

このお店次から次とタイ人、観光客のお客さん(主に中国人)が来るのでさっさと注文しないと永遠に並ぶ羽目になってしますので気をつけて下さいね。

2品目:文東記チキンライス



場所:真ん中あたりのフードコート入り口寄り


シンガポール発祥の有名なチキンライスがここのフードコートでお手軽に食べれるんです!

タイのチキンライスと違って文東記のお肉はピッカピッカでツヤツヤなんです!


カットされる前のお肉がショーケースの中に吊るされてあるのが特徴です。こうやって写真で見るとサンプル商品はあまり美味しそうに見えない気がします。



フードコートが大好きな理由はこうやってオープンキッチンになってて全て丸見えなんです!

お肉の切り方とかも一つ一つ見てるだけて面白くてワクワクしますよね。



今回私が頼んだのは5番のハイナンチキンと揚げたお肉のセットです。



ジューシーのハイナンチキンと揚げたというよりも照り焼きって感じでしたがこちらも柔らかくて美味しかったです。


何もソースを付けなくても十分美味しいですが、摩り下ろしたニンニクと甘辛いタレ、照り焼きソースのような甘いタレ3つを合わせて食べるとまた別格に美味しいですよ。

ジュシーで肉汁が溢れてきそうなくらいしっかりと味がついててご飯もいい感じに鶏肉の出汁が効いていてご飯だけでも軽く2杯は食べれますね。


鶏肉の出汁を使ったスープも一緒に付いてきます。

すごく美味しいのですが量が少し少ないのが残念です。


Sponsored links



3品目:ラートナー お店の名前:Ratna Yot Phak Sut 40 years



場所:フードコート入り口After Youというデザートショップが見えたらそのまま突き進んで行くと一番左端にお店を構えてます。お店の看板に40年と書いてあるのでこの40という数字を見たらこのお店で間違えありません。


ラトナーとは中国の潮州から発展したといわれる片栗粉でとろみをつけた餡かけ料理のとこです。

イメージ的には長崎ちゃんぽんの皿うどんの様な感じですが、揚げ麺がもっと太くてソースも醤油ベースで濃くスープと餡かけソースの間といった感じです。

ラートナーはタイ人にとってソウルフード的なもので屋台や至るフードコートで見かけるのですが、ここセントラルワールドのラートナーは別格に美味しいんです!


メニューは意外と沢山あるのですが私のオススメはシンプルで一番美味しい3番の『揚げ麺と豚肉とケールのラートナー』です。

いつも迷って他のも頼んでみたりしたのですが、断然にこの3番が美味しいと思います。



メニューも写真付きで有りますし、番号が振ってあるので指で指して『ナンバースリー』と伝えていつも頼んでます。

逆に英語で頑張って頼みたいものを言っても上手く通じなかったり間違ったものが出てきたりすることも多々あるので番号を伝えた方が無難だと思います。



タイで有名なグルメサイトでも紹介されてるみたいです!


こんな感じで器の下にお皿を引いて出してくれます。

スプーン、お箸、フォークも横に置いてありますのでお盆と一緒に自分の座りたい席まで運びます。

お昼時は人で混んでるのでいつもこぼさないようにヒヤヒヤしながら運んでます。笑


具材は豚肉と茹でたケールだけなのですが、豚肉もしっかり味が付いてて分厚くて沢山入ってます。

他のお店ではペッラぺッラの薄―い肉が数枚しか入ってないこともあるのですがこのお店は違いますよ!

極め付けはもちろんラートナーソースなのですが、熱々で濃厚でとろみも丁度いい加減に仕上がってます。

値段も他のお店に比べて安く、65バーツで間違いなく、お腹一杯になりますよ。


いつもここで注文する時は同じおばちゃんが注いでくれるのですが、またそのおばちゃんが優しくていつも微笑んでるんです。

さすが微笑みタイの国だなーって思いますね。



こんな感じでおばちゃんがせっせと作ってくれます。セントラルワールドに寄った際は是非ここで食べてみて下さい!






まとめ


いかがでしたでしょうか?

1番目のおすすめは、ラートナー お店の名前:Ratna Yot Phak Sut 40 years ですよ。
2番目のおすすめは、チキンライス お店の名前:文東記
3番目のおすすめは、カムー 通称豚足煮込みご飯 です。


セントラルワールド、フードコートの紹介でした。

食事の後にショッピングモールをブラブラ出来るのもいいですし、最近できたThe MarketやBig C、プラトナムモールも徒歩で行けるのでこの近辺で一日過ごせるのも魅力的ですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ