ロビンソンはシラチャ在住者の味方!日本へのお土産はこれでOK!


タイに駐在している皆さんの悩みは、共通するものも多いはず。

「一時帰国のお土産は何にしよう…」というのも、その中の一つですよね。

数年の駐在生活で、何度かの帰国をするとお土産のネタも尽きてきます。

いつも同じ物になってしまう、という方。

初めての一時帰国で、何がいいのか分からない、という方。

シラチャには有名なタイシルクのお店も、センス良く商品が並べられた、可愛いタイ雑貨のお店もありません。

そこで今回は、シラチャマダム御用達ロビンソンで手に入るもの限定で、リーズナブルなおすすめのお土産を集めてみました。

ぜひ次回のお土産選びの参考になさってください。


Sponsored links



それでは、お話していきますね。今回はいろいろある中で、以下の5種類についてセレクトしてみました。

シラチャで買える日本へのお土産セレクション


  • 調味料

  • お菓子

  • インスタント食材

  • 美容グッズ

  • 衛生用品


それでは、詳細をお話していきますね~

調味料


お値段もお手頃で種類が多いので、お土産に選ぶ方も多いのではないでしょうか。

シラチャと言えば、まずは何を差し置いてもコレ!

シラチャソース


値段:37bahtです。

商品名に「シラチャ」が入っているのも大切なのですが、このシラチャソース一つあると、とても便利な万能調味料なのです。

このシラチャソースは、2種類ありまして、赤いボトルと黄色いボトル。黄色いボトルは超が付くほど辛いので辛い物好きの猛者でも厳しいかもしれません!

赤ボトルの方は、中身も赤く黄色ボトルほど辛くないです!

ロビンソンでは入荷と共に売れてしまう人気商品です。見かけたら即購入をお勧めしますよ。

因みにですが赤ボトルはこんな感じです!



ボトルがプラスチックなので移動中に割れる心配もありません。

チリソースですから、私は何か辛みが欲しい時は何にでも使っています。

ラーメンに入れたり、餃子やシュウマイに付けたり、マヨネーズと混ぜてフレンチフライのディップにしたりもしますよ。

そして筆者が常にリピ買いしているお気に入り調味料はコチラ。



シイタケ醤油

18bahtです。


干しシイタケの風味が食欲をそそるお醤油で、卵かけごはんや卵焼きなど卵との相性が抜群です。

私は、素麺つゆとしても愛用していますよ。

こちらもボトルがプラスチックですし、安いですし、お土産にぴったりの小サイズがありますね。


調味料部門最後のおすすめは

プラムの甘酸っぱいソース

50bahtです。


こちらは揚げ物との相性が良いので、タイでは春巻きのつけダレとしてよく登場します。

私のおすすめは、バニラアイスにかけたり、炭酸で割ったりするようなデザートとしての使い方です。

こちらは瓶入りなので、梱包はしっかりして日本まで運んでくださいね。


それでは、次にお菓子部門に行きますね。

お菓子


お土産の大定番と言えばお菓子ですよね。

筆者が実際にお土産にして喜ばれたものを厳選してご紹介します。


まずは、子供に大人気。
グリコのポッキー


139bahtです。

中でもこちらのマンゴーとバナナはパッケージにsouvenirと明記されているほどメーカー一押しのタイ土産なのです。

かわいいイラストと小ぶりな箱は、子供向けのばらまき土産にぴったりですね。


続いては、以前タイに遊びに来た筆者の甥っ子が、ハマりにハマったお菓子です。

味付け海苔スナック


59bahtです。

かなりの種類のフレーバーがありますが、このスパイシーBBQが一押しです。

こちらは一番大きな袋入りなのですが、シート状のはがきサイズの物や、ロール状のものまサイズ展開が豊富です。

何より海苔なので軽い!沢山お土産を買うときにはぜひこの商品で数を稼いでくださいね。


3つ目のおすすめは、大人が喜ぶコチラ。

トゥア ゴーゲー





ピーナツの周りを薄いスナックでコーティングしたお菓子(61baht)です。

いくつかフレーバーがありますが、このコーヒー味は大人が楽しめるおつまみです。

缶入りなので、前の2つに比べると、きちんとした印象のお土産になりますよ。

コーヒー味も美味しいですが、ピーナッツココナッツクリームフレーバーコーティングのオリジナル味も美味しいですよ。

セブンイレブンでも買えますから、どこでも売っていますよ。

セブンイレブンで買えるお土産の記事もあります。興味のある方はどうぞ!
タイのセブンイレブンで買えるお土産7選を現地在住者が徹底解説!

次はインスタント食材部門ですよ。

インスタント食材


こちらもお土産の大定番ですが沢山ありすぎて、何を選べばいいのかわからなくなりますよね。

そこでここでは、本格的というよりは日本人の口に合うものをセレクトしました。


まずは必ずお土産で選ばれるインスタント麺から。

米粉麺クイッティアオのインスタント麺

53bahtです。



あっさりした味付でサイズも小さめなので、夜食にもぴったりです。

定番のトムヤムクン味はタイらしくて人気のお土産ですが、好き嫌いが分かれてしまうのも事実ですから。

ここは、あえて万人受けを狙ってみました!


次にご紹介するのは、「タイらしい」の代表格。

ガパオの素

18bahtです。



ひき肉をプラスするだけで簡単にガパオが作れてしまう優れもの。

ガパオは日本のコンビニのお弁当でも登場するほどメジャーなタイ料理です。

聞いたことがあるメニューは、家庭の味にも取り入れやすいので、お土産としても喜ばれますよ。

タイには、沢山の○○の素があるので、いくつかをセットにするのも楽しいですね。


そして最後は、日本では馴染みが無いけれども絶対におすすめしたい激ウマ!インスタントです。

クンオップウンセンの素

24bahtです。


マニアックなセレクトですが、エビと春雨の蒸し煮です。

中華系タイ料理屋さんでよく見かける高級料理です。

ところが、これは電子レンジとお水があれば調理可能。

食べたくても自宅ではよほど作ることができない、凝ったメニューのインスタントなのです。

是非手に取って頂きたい良品です。


Sponsored links


次は美容関係ですね。

美容グッズ


美容大国タイ。

お土産にも沢山の選択肢がありますよね。

ただ、気軽に配るには美容グッズはなかなかの高級品です。

そこで、お土産に手ごろな価格帯のリーズナブルな名品を集めました。


これを抜いてはタイ美容グッズを語れません。

マダムヘンのハーブ石鹸

33bahtです。


星の数ほどのある石鹸の中で、常にトップの人気を誇るタイのベストセラーです。

私は最初の一時帰国で、こちらをお土産にセレクトしました。

以降、帰国の度にリクエストが届き、毎回輸出業者のような大量の石鹸を抱えて帰国しています。

さっぱりするのにつっぱらない洗い上がりは、癖になる事間違いなしです。

マダムヘンの石鹸については詳細記事がありますので興味のある方はどうぞ!

マダムヘン石鹸の種類と効果とは?使ってみた体験談を報告します

洗顔つながりでもう一つ。こちらもお土産依頼が殺到する人気者です。

ピーリング用の繭玉

109bahtです。


指先に付けてお顔をくるくるするだけで、お肌の手触りが変わりますよ。

素朴なパッケージからは想像できない、優秀グッズです。

コンパクトで軽い、お土産の為にあるようなおすすめ商品ですね。


そして最後は少しだけお値段が上がります。

タイセレブ御用達の老舗エステサロン「NITIPON」のAB White

380bahtです。


数あるタイの美白クリームの中でも、信頼度は抜群ですね。

美容好きなお友達へのお土産にセレクトすれば、喜ばれること間違いなしです。


次は衛生用品ですね。

衛生用品


暑いタイならではのおすすめグッズを集めました。

冬の一時帰国にはあまり喜ばれないかもしれませんが、悪しからず。


おすすめお土産の最終部門はこれを登場させないわけにはいきません。

タイガーバーム

59/56bahtです。


言わずと知れた人気商品です。

現在、日本では手に入らないので、いつお土産にしても喜ばれる品ですね。

貼るタイプも塗るタイプも人気ですが、塗るタイプ購入の際は白のクリームを選ぶようにしましょう。

茶褐色のバームは、お洋服に着色してしまうので要注意です。


暑くて、常に汗をかくタイでは必需品

ベビーパウダー

32bahtです。


いい香りの物ですよ。

クーリング機能に優れた物。UV対策出来る物等、とにかく充実の品揃え。

こちらの蛇印のパウダーは缶のデザインがレトロで可愛いと評判です。

お子様向けやメンズも販売されているので、差し上げる相手に合わせたものをセレクトしてくださいね。


こちらも暑いタイならではでしょう。

クールタイプのサニタリーナプキン

52bahtです。


一度使ったら病みつきの、スッとする使い心地は夏のお土産には喜ばれるでしょう。

各社クールタイプを発売しているので、パッケージの可愛さで選んでみてもいいかもしれませんね。


Sponsored links



まとめ


バンコクに対して観光客がほとんどいないシラチャの町はお土産というお土産を探すのは難しいです。

それでも、ローカルのタイ人や愛用しているものや、昔からの人気商品には魅力がいっぱいです。

お値段的には、何度もある一時帰国の負担にならないようなものを厳選してご紹介させて頂きました。

皆様の参考になる情報がありましたことを祈っています。

くれぐれも買いすぎには注意してくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ