タイでムエタイ体験ならこのジムだ!私が選んだジムの7つの条件


タイと言えば、微笑みの国、果物が美味しい、トムヤンクン・ガパオライスなどのタイ料理、象に乗れるなどありますが、私にとってタイといえば、ムエタイです。

ムエタイは、タイの格闘技ですが、観戦するのもおもしろいですが、観るだけではもったいないです。

実際体験するのがおもしろいです!

今回は、タイバンコクのムエタイジムで体験できるジムをご紹介いたしますので、参考にして頂ければ幸いです。


Sponsored links


まず最初にムエタイジムの体験をするなら、以下の条件を満たすジムがないかを考えました。

ムエタイ体験できるジムの条件とは


  • ホームページが日本語で分かりやすいこと

  • 利便性が良いこと

  • ジムがキレイなこと

  • 値段がお手頃なこと

  • 朝早くから体験ができること

  • トレーナーが丁寧に教えてくれること

  • 予約なしですぐできること


それでは、詳細にお話していきますね。


最初に、どんなジムが雰囲気を確認したいですよね。

ホームページが日本語で分かりやすいこと


一般の体験コースのあるムエタイのジムはだいたい、ホームページがあります。ホームページで確認するとき、私の場合は日本語でないと内容が理解できません。

ですから、日本語のホームページのムエタイジムを探します。雰囲気が伝わる方がよいですからね。

中には全然、ホームページを改訂していなくて、古いままの状態のジムもありますので要チェックです。

利便性が良いこと


私は、スクムビット沿いのホテルに滞在していたのですが、移動はBTS(バンコク・スカイトレイン)を利用していました。
ですからBTSの駅の近くの方が利便性があるので、駅から近いところをムエタイジムの候補にしていましたね。

最寄りのBTSの駅から、バイクタクシーやタクシーを利用するのも良いのですけれど、なんかもったいない気がするんですよね。(私だけかもしれませんが)


ジムがキレイなこと


これは、もうマストですよね。衛生的にきれいでないジムやシャワー室が無いジムは、ちょっと考えられ無いと思うんです。

汗が大量にでるので、滞在先が近くにあって、すぐにシャワーを浴びれるのであればよいですがそうでなければ、ビチョビチョのまま、移動するのは、きもい悪いですからね。

昔ながらのジムは、シャワーもない、トイレも昔ながらの水をバケツですくって流すというタイプであれば、興ざめです。

シャワー室ですが、部屋がエアコンが効いている方が良いです。シャワーだけでも、体を冷やすことができますが、クールダウンするには、少しエアコンの効いた部屋で過ごすのがクールダウンになりますから。

ジムでムエタイ体験するとものすごく汗が出て体が熱い状態です。体が熱いままで、屋外に出るとさらに汗が噴き出て、何もする気になりませんから、気を付けてくださいね。

サンドバックやリングもきれいな方が気分も違います。但しジムでグローブを借りる場合は、汗臭いので覚悟が必要です(笑)

ムエタイジムは、スクムビット沿いのジムであれば、ほとんどが、良い設備が完備されており、きれいな施設が多いですね。


値段がお手頃なこと


だいたいの相場ですが、60分~90分のムエタイ体験コースで、500バーツ前後です。

中には、ムエタイパンツをプレゼント付きで、1,000バーツというジムもあります。これはさすがに値段が高いですよね。

プライベートの体験であれば、600バーツ以上は、支払っても良いかなとは思いますが、複数人で行う体験で600バーツ以上は、支払いたくはないです。(人それぞれですけど)


Sponsored links


朝早くから体験ができること


ムエタイ体験ができるジムは、私が調査した中では、だいたい午後15時~というのが多いです。でもせっかくだから有意義に時間を使いたいですよね。

特に観光客の方でしたら、買い物もしたいし、マッサージも行きたいし、タイ料理も食べたいしとスケジュールがパンパンです。

朝食をあんまり食べずに、朝からジムで汗を流し、昼食をモリモリ食べてそれから、マッサージとか最高でよね。午前中にムエタイ体験をした方が、私の場合、計画が組みやすいので午前中にムエタイ体験ができるジムを選びました。


トレーナーが丁寧に教えてくれること


ある意味、この項目が一番重要かもしれませんね。どんなに設備が良くても、トレーナーと合わなければ、面白くないですからね。

基本的にはお客商売ですから、トレーナーはフレンドリーで優しい方が多いです。特にタイの方は、気さくですし、微笑みの国ですからね。

ですが、実際に体験してみないと、丁寧におしえてくれるかどうかは分かりません。ですから、<span class=”b”>私はトリップアドバイザーの口コミで確認しました。

『ムエタイレッスン 口コミ』で検索するといろいろ出てくるので確認してみてくださいね。


予約なしですぐできること


私はタイへの訪問は、出張でした。上司も同僚も同行していたので、スケジュールが流動的でした。ですから、日本からムエタイジムへの予約や滞在してすぐの予約ができませんでした。

実際、時間が空いて余裕があるなと思ったのは前日の夜でした。ですから、予約なしですぐ行けるジムが良かったのです。

観光旅行などであらかじめ、日程が分かっている方は、予約を入れるのは、問題ありませんが、そうでない方は、読悪内の方が便利ですよね。

バンコクでのムエタイジムについて


バンコクにある主要なムエタイジムです。

RSM Muay Thai Academy
住所:Seenspace 13 (3rd floor), 251/1 Soi Thonglor 13, Sukhumvit 55, Klongton Nua, Wattana
TEL:+66 2 185 2384
体験コース(ビギナー)の値段:550バーツ(約¥1,760:1バーツは3.2円で計算しています)
体験コースの時間:AM10時~11時過ぎ
その他のブランチ:BTSアソック駅近くやBTSオンヌット駅にもあります
事前予約の有無:予約なしでOKです

実際に私はこのRSMジムでムエタイ体験しました。その時の体験記事がありますので、興味のある方はどうぞ!
バンコクでムエタイ体験に行ってきたので徹底解説します!

Ingram-Gym(イングラムジム)
住所:BTS トンロー駅(BTS Thonglor Station Exit2)下車、2番出口から徒歩約10~15分
テープタリン病院(Theptarint Hospital)、TOYOTA SHOWROOM向かい側のセブンイレブン並びにある冷蔵ショーケース店横の路地を入った正面

TEL:081-804-5201(日本語*タイ国内から)+66-81-804-5201(日本語*日本から)
体験コース(ビギナー)の値段:1,000バーツ(約¥3,200:1バーツは3.2円で計算しています)2回目からは、400バーツ
体験コースの時間:PM3時~
事前予約の有無:予約必要です

一口メモ:ホームページを見る限り、日本からのムエタイの合宿生も多く、タイ人もチャンピオンを輩出している名門です。


Rompo Muaythai Gym ロンポームエタイジム
住所:115 Rimtangrodfai Rd, Klong Toey, Bangkok, 10110 THAILAND
ラマ4世通りのロータス近くのロンポーマンション/高速タールア出口すぐ
TEL:日本から:001-010-66-87-094-6566 タイ国内から:087-094-6566 (担当:神田)
体験コース(ビギナー)の値段:500バーツ(約¥1,600:1バーツは3.2円で計算しています)2回目からは、400バーツ
体験コースの時間:PM4時~PM6時30分
事前予約の有無:予約必要です

一口メモ:日本人経営ですから、安心ですね。元プロ選手のトレーナーが手取り足取り教えてくれるので初心者でも安心です。


まとめ

いかがだったでしょうか?私が思うムエタイ体験をするなら以下のポイントを確認してみてください。
  • ホームページが日本語で分かりやすいこと

  • 利便性が良いこと

  • ジムがキレイなこと

  • 値段がお手頃なこと

  • 朝早くから体験ができること

  • トレーナーが丁寧に教えてくれること

  • 予約なしですぐできること


  • タイでムエタイ観戦したら、体験したくなったら、是非ムエタイ体験してみてください。気合の入った自分に会えるはずです!


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ