ワットポーマッサージのメニューは?おすすめは、角質取りで決まり


バンコクと言えば、マッサージ!これをやらないとバンコクに遊びに来た意味は無いですよね。私は、10年タイに駐在していたので、体がふやけるくらいマッサージは行き倒しました。

そのバンコクで一番のおススメのお店は、ワットポーマッサージ。

時間帯によっては、非常に混雑していて、30分、1時間待ちもあったりします。

私は2週間に1回くらいは、マッサージをやって、半年に1回は、角質取りをしていました。

バンコクにはマッサージ屋さんは、たくさんありますが、角質取りをしてくれるお店は、ほとんどありません。

今回は、ワットポーマッサージの中でのおすすめの角質取りのレポートをしていきたいと思います。


Sponsored links


最初にワットポーマッサージ直営サロンの行き方をお知らせいたしますね。

ワットポーマッサージ直営サロンの行き方


  

住所:〒10110 Bangkok Wattana Klongtan-nua IKD(Thailand) 2nd Floor,1-54-55,Sukhumvit Soi39,
BTSプロンポン駅下車。3番出口から出ます。ファミリーマートがあったら、すぐを左折してください。30mほどでワットポーマッサージがあります。
営業時間(OPEN): 9時00分~22時30分(金土日は、23時まで営業しています)
電話番号:+66 2 261 0567



次にマッサージの仕方をお話ししますね。

ワットポーのマッサージの仕方とは


下の工程表に従ってマッサージを受けるのがスタンダードです。
  • メニュー表をみる

  • お好みのマッサージを選ぶ

  • 料金を支払う

  • マッサージを受ける

  • チップを払う


今回は、角質取りを例にして、実際の流れをつかんでいきましょう!


メニュー表をみる


こちらがメニューになります。

見えにくいので、詳細を書きますね。
マッサージメニュー表
FOOT SCRUB(角質取り)
時間:30分 150バーツ
FOOT MASSAGE(フットマッサージ)
時間:1時間 300バーツ
時間:1時間30分 450バーツ
THAI TRADITIONAL MASSAGE(タイ古式マッサージ)
時間:1時間 250バーツ
時間:2時間 500バーツ
QUICK MASSAGE(肩及び背中のマッサージ):30分 180バーツ
HERBALL BALL MASSAGE(要予約)ハーバルボールマッサージ(45分)+古式マッサージ(75分):30分 800バーツ

メニューはたくさんありますね。私のおススメは、何と言っても角質取りです。

日本で角質を取る電動の機械やヤスリを購入して試してみたこともありましたが、バンコクで角質取りをやる方が100倍気持ち良くて、たくさん角質が取れますよ。


お好みのマッサージを選ぶ


今回は、上記で記載した角質取りについてお話していきたいと思います。

ここの直営サロンは、前金制です。ですからメニューで選んだら、最初にお金を支払います。

お金を支払うと担当の方(女性だったり男性だったりします)が、角質取りをする場所まで案内してくれます。


Sponsored links



次にマッサージを受けることになりますが、服装が短パン若しくはズボンが膝まで上がることが望ましいです。

マッサージを受ける


マッサージを受けるにあたって、スカートやジーンズであれば、着替えのパンツにはき替えることになります。
スカートやジーンズだと足をマッサージ出来ないですからね。ですからマッサージ屋さん行くときは、注意しましょう!

角質取りの場合
① 両足をお湯に約5分間浸す
② 左足を10分削る
② 右足を10分削る
④クリームとパウダーをつけて終了

①両足をお湯に約5分間浸すの画像です。

お湯は温い感じです。足を付けた後、タオルできれいに水滴をとります。


② 左足を10分削るの画像です。

今回は、おじさんが角質取りをやってくれました。10分間削ってくれるのですが、魚の目なども逃さずに削ってくれます。
会話はありません。私はいつも眠っています。


② 右足を10分削るの画像です。

赤丸で囲った部分は、角質です。この角質は当然個人差があります。私は足が大きくて29㎝くらいありますから、面積が多いので角質も多いです。

昔日本から来た友達がいたのですが、いっしょにやったら私の倍以上に角質がとれていて、和食屋さんの玄関にある盛り塩くらいの量で、彼の奥さんはちょっと引いていました(笑)


角質取りアフターの画像です。

おじさん曰く、以下の角質取りでは全部取り切れないそうです。何回もやらないと角質を取り切るのは難しいです。


チップを払う


最後に店を出るときに、任意ですがチップを払います。チップなので払わなくても良いですし、お任せです。
ですが、だいたい相場は、50バーツくらいです。

庶民的なマッサージ屋さんで1時間あたり50バーツで、高級なマッサージ店やSPA 1時間あたり100バーツというのが目安です。


以上がワットポーのマッサージの工程の流れです。

私がおすすめの角質取りは、日本で自分でやるには、なかなか上手くできないですが、ワットポーマッサージ直営サロンでは、値段もリーズナブルですし、クオリティも満足できるレベルです。

Sponsored links



まとめ

いかがだったでしょうか?ワットポーマッサージのやり方は、以下の流れで行います。
  • メニュー表をみる

  • お好みのマッサージを選ぶ

  • 料金を支払う

  • マッサージを受ける

  • チップを払う


また、バンコクに行くのであれば、是非角質取りがおすすめですので、参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ