タイ旅行時の下痢の予防法!ウェルカムシャワーを避ける6つの方法!


どうも、タイに10年駐在していたタイフリークです。

タイ旅行で一番気を付けてなくてはならないのは、事件に巻き込まれることと体の調子が悪くなるときですよね。

警察沙汰になったりしたら、時間もとられるし、旅行どころではなくなりますよね。また。体の調子が悪くなると観光なんてできませんよね。

私が駐在している間に、何人も日本から出張者が来ていましたが、腹痛&下痢に悩んで帰国した人も多かったです。
いわゆる、ウェルカムシャワーと呼ばれていて、タイに入国するとお腹を壊して、下痢になることを指します。

今回は、このウェルカムシャワーにならないための予防策となったときの対処策をご紹介いたしますね。


Sponsored links



せっかくの楽しい旅行で、お腹を壊してしまったら台無しですよね?

でも、次のようなほんのちょっとの注意で、十分予防できるんですよ!

それでは、最初に予防策をお伝えしますね~

タイで下痢にならないための予防策とは


  • 飲み物に氷は絶対に入れない事

  • 屋台での飲食はしない事

  • 生野菜は絶対に食べてはだめです

  • 辛い料理を食べ過ぎない事

  • 飲料水はミネラルウォーターも含めてペットボトルにすること

  • 冷房の効きすぎに注意すること


細かいポイントを、それぞれ詳しく説明しますね。

飲み物に氷は絶対に入れない事


まず最初に、下のツイッター画像をご確認していただけますでしょうか。


氷は業者によっては非常に危険なんですよ。水道水で氷を作ってる会社もあると聞きますし、画像のように氷の取り扱いが非常に悪い場合もあります。

タイでは、『マイペンライ』といって⇒『少々いいじゃん。気にしないよ!』という思想があります。ですから何事もマイペンライなんです。

我々からしたら、たまったもんじゃないですよね。きちんとした衛生管理している業者さんももちろんあると思いますが、そうでない業者も少なからずありますので、氷はできるだけ入れないようにしましょう。

タイではビールなどに氷を入れる習慣があります。気温があったかいからですけど、飲食店などでは入れないように気を付けましょうね。

次に屋台でのお話ですね~

屋台での飲食はしない事


タイの屋台はほんと美味しくてビールにも合うんですよ。でも屋台は衛生管理が非常に悪いんですよね。屋台飯をテイクアウトするのならまだマシかもしれませんが、屋台で飲食するのは止めた方が良いです。

というのも、食器類はキレイに洗っていません。大きなタライに水が張ってあり、そこで汚れた食器類を洗い、布巾で拭くだけですから。水を流して洗いませんからね。

飲料用に出るお水なんかも、最初は飲める水かもしれませんが、バケツに入っている水をダイレクトにコップ入れて水をすくいお客さんに出します。おかわりの水も、お客さんが飲んだコップで水をすくいます。

バケツの底にゴミみたいなものが漂っている状態になるまで時間はかかりません。ですから、そこで使用されるものは正直、衛生上信用が持てません。


生野菜は絶対に食べてはだめです

タイでは生の野菜を食べる習慣が無いので、だいたい野菜は火を通しています。ですが、中には生野菜が食べれるレストランがあります。

サラダバーなどがあるレストランもあります。また、生のパクチーやキュウリやネギを料理に添えていたりしています。
例えば、焼き飯(カオパット)、タイ風焼きそば(パッタイ)、ラーメン(バーミー)、トムヤムクン、タイしゃぶなどほとんどの料理に添えてあります。

何故危ないかと言えば、野菜を洗うのは、普通の水道水で洗っています。水道水は飲料用ではないので、とっても危険です。そして生野菜は火を通さないから、ダイレクトに口の中に入ってきます。火を通していれば病原体(細菌、寄生虫、ウィルス)はほぼ死んじゃいますからね。

体調万全でイケると思うなら、全然問題ないですが、どうかな?と思うのでしたら控えた方が安全です。

ホテルの朝食ビュッフェなどでも、生野菜や生のフルーツがあります。ホテルなら衛生的には大丈夫かもしれませんが、注意した方が良いかもしれませんね。



辛い料理を食べ過ぎない事

タイ料理は非常に美味しいのですが、辛い料理も多いですよね。辛いけど美味しいから、食べ過ぎてしまい、トイレの時にお尻がヒリヒリしてしまいます。

それぐらいであればまだよいのですが、個人差もありますが辛い料理を食べ過ぎるとお腹を壊す可能性がありますので、注意してくださいね。

料理を頼むときに『辛くしないで!』とお願いしても実際に持ってきた料理は辛かったりするので、お客さんが日本人でにぎわっているレストランで食べるのが無難だと思いますよ。

バンコクでタイ料理のレストランであれば、ここが定番のレストランです。興味のある方はどうぞ!バンコクのおすすめレストランを厳選3店!私のど定番を公開します

次はお水の話ですね~

飲料水はミネラルウォーターも含めてペットボトルにすること


お水を飲むのであれば、コンビニでミネラルウォーターにしましょう。コンビニで販売されているなら、問題ないですがミネラルウォーターの業者の中には、ただの水道水(ろ過しないと飲めません!)を売っている業者も昔はいたみたいです。

ですから、コンビニで販売されているミネラルウォーターを飲むようにしてくださいね。


冷房の効きすぎに注意すること

ホテルの中やレストランなど冷房が効きすぎて非常に寒い時があります。『エアコンを切って下さい!』とお願いするのも良いのですが、長袖シャツを1枚準備しておき、ちょっと寒いなと思ったら着ると調節できますね。

お腹が冷えるとやはり、お腹を壊す原因になるますから。

何年に一度かは、タイでも肌寒い時があります。野宿していたら凍死してしまう年もあるので、長袖は必需品ですので是非準備をお願いいたします。





Sponsored links



次に、不幸にして下痢になったときの対処法をお伝えしますね~

最初になぜ下痢になるのかということですが、お医者さんから聞いた話によりますと、

日本で暮らす日本人は、清潔なところで暮らしています。ですから病原体(細菌、寄生虫、ウィルス)に対する免疫があんまりありません。海外(特にタイなどの東南アジア)には病原体はウジャウジャいます。

それにやられちゃうんですよね。タイで使用する油や香辛料もキツイので体が拒否反応を示すんでしょうね。

それでは、不幸にも下痢になった場合ですが・・・

下痢になった場合の対処法


以下の3つで対応していきましょう!
  • 常備薬を飲み水分をとる

  • 現地の薬局に行ってみる

  • 病院へ行ってみる


それでは、詳細について説明していきますね~


常備薬を飲み水分をとる


私の場合ですが、正露丸が良く効いたので常備薬として持っていましたし、出張者が腹痛になったときも効果を発揮しました。

皆さんが、腹痛時に効くと思っておられる薬でよいですから、タイへ旅行時には準備しておき、もしもの時を飲んで安静にして置くのが良いと思います。

タイ旅行又はタイへの出張時に必要な物をまとめた記事があります。興味のある方はどうぞ!
タイ出張で必須の持ち物23アイテムをご紹介。これでビジネス問題ナシ!

それでも効かない場合は、これを試してみましょう!

現地の薬局に行ってみる


タイ現地には、日本人が駐在している薬局や「日本語対応可能な薬局があります。以下で確認してみてください。

日本の薬では効かないけど、現地の薬が効く場合がありますので、是非薬局で相談してみることをお勧めいたします。

ブレズ薬局

ブレズ薬局アソーク店
住所:415 Sukhumvit Rd,KlongtoeyNua,Bangkok(ソイ212と23の間) 10110
BTSアソーク駅・MRTスクンビット駅から徒歩1分!
営業時間(OPEN):9:00a.m.~23:00p.m.
電話番号:092-223-1251 (日本人駐在時間:10時~19時)

  


ブレズ薬局ソイ49店

住所:39 Sukhumvit 49, Sukhumvit Rd.,Klongton-Nua, Wattana,bangkok 10110
BTSトンロー駅下車。フジスーパー4号店内!
営業時間(OPEN):8:00a.m.~22:00p.m.
電話番号:092-224-6971 (日本人駐在時間:9時30分~19時)

  


未来ファーマシーオンヌット店
住所:Sukhumvit Rd, Phra Khanong Nuae, Bangkok 10260
BTSオンヌット駅下車。ソイ77/1側スクンビット通り沿い
営業時間(OPEN):8:00a.m.~22:00p.m.
電話番号:092-224-6971 (日本語対応時間:10時~19時)

  


最後は最終手段ですね。

病院へ行ってみる


薬局の薬でも治らなかったら、もう病院に行くしかないですね。バンコクであれば、日本にも勝るとも劣らない病院があります。私も入院したことがありますし、上司も入院したことがあります。ほんとに高級医療を行えるすばらしい病院です。

バンコクで有名で日本人の駐在員・家族が行く病院がこちらです!

サミティヴェート病院(スクンビット)

サミティヴェート病院
住所:133 Sukhumvit 49, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
BTS プロンポン駅またはトンロー駅からタクシーで10分
日本語受付営業時間(OPEN):07:00 – 20:00
電話番号:02-711-8122~8124(日本語直通) 

一口メモ:駐在員時代に私も子供も入院したことがあります。凄く清潔で安心でしますよ。

  


バムルンラード・インターナショナル病院

バムルンラード・インターナショナル病院
住所:33 Soi Sukhumvit 3, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

日本語受付営業時間(OPEN):07:00 – 19:00
電話番号:02-667-1501(日本語直通) 

  

一口メモ:高級ホテルのような感じで、なぜかマクドナルドの店舗が病院内にありますよ。


まとめ

いかがだったでしょうか?せっかくのタイ旅行ですので、体調が悪くならないように以下の事に気を付けてみてくださいね。

  • 飲み物に氷は絶対に入れない事

  • 屋台での飲食はしない事

  • 生野菜は絶対に食べてはだめです

  • 辛い料理を食べ過ぎない事

  • 飲料水はミネラルウォーターも含めてペットボトルにすること

  • 冷房の効きすぎに注意すること


  • もし、不運にも腹痛など体調が悪くなった時は、以下のように対処しましょう!

  • 常備薬を飲み水分をとる

  • 現地の薬局に行ってみる

  • 病院へ行ってみる


  • 最終手段は病院に行くことですね。高額医療になる可能性がありますから、保険等についてはよく確認してみてくださいね。

    それでは、よいタイ旅行になることを祈っております!!


    Sponsored links

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ