ルンピニースタジアムでムエタイの観戦の楽しみ方を徹底解説


どうも、格闘技大好きの中年オジサンです。

タイと言えば、ムエタイ!ムエタイと言えばタイ!

テレビの年末特番の『笑ってはいけないシリーズ』でも大変人気のあるタイキック!

これは、ムエタイのタイキックですよね。世間では認知されていると言ってよいほどのムエタイ。

格闘技大好きな方なら、ムエタイを一度観戦してみたいと思う事でしょう!

今回私はタイ出張で時間が空いたので、ムエタイの聖地、ルンピニ―スタジアムにムエタイを観に行ってきました。

格闘技大好き目線からお届けしますので、多少マニアックな部分はご了承くださいませ。

もしムエタイに興味があってタイに見に行く予定の方や興味のある方の参考になればと思います。


Sponsored links



ルンピニー・スタジアムの行き方


  • BTSに乘る

  • BTS駅から降りて、タクシーを呼び止める

  • ルンピニー・スタジアムに行けるか運転手に訊く

  • タクシーに乗る

  • 料金を払う


以上です。それでは詳細をお話していきますね。

乗り方ですが、BTSに乗って最寄りの駅まで行き、そこからタクシーに乗ります。


BTSに乘る


BTSですが、だいたい、スクムビット界隈のホテルから乗ることを想定いたしますね。

ルンピニー・スタジアムの最寄りの駅は、モーチット駅です。



BTS駅から降りて、タクシーを呼び止める



出口を出たら、そこからタクシーを呼びましょう!


ルンピニー・スタジアムに行けるか運転手に訊く


タクシーの運転手さんを呼び止めたら、こう言いましょう!

『ウェイティ ムアイ ルンピニー』

『ルンピニー・スタジアムに行くことはできますか?』

という意味です。

『ダーイ(できるよ)』とか『乗っていいよ』みたいなリアクションでしたら、乗りましょう。

タクシーの値段ですが、込み具合で値段が変わってきます。



タクシーに乗る


BTSモーチット駅から、ルンピニ―・スタジアムまでは、混んでなければ、10分くらいで行けるのですが、私がBTSモーチット駅に着いた頃は、夕方5時20分くらいで激混みでした。

結局、スタジアムまで1時間くらいかかりました。

オマケに当日は、ASEAN会議があり、日本の外相とアメリカの国務長官が会う日もあったらしく、何か所もの場所でで爆弾騒ぎがあり、余計に混んでいたましたね。

おすすめは、4時過ぎには、モーチット駅には到着しておいてくださいね。


料金を払う


目的地に着いたら、ここで降りると言ってください。

『ストップ』で通じると思いますよ。

又は

『ジョ、ティニー』(ここで止まってください)です。

料金を払うのですが、お釣りの小銭はチップとするのが、暗黙の了解。

また、1000バーツ札を渡したらお釣りが無いかもなので、きちんと100バーツ札を用意しておいてくださいね。


Sponsored links


タクシー編のくだりは、ここまでです。ここからは、チケット購入編となります。


チケット購入について


  • 売り子のおばさんと交渉する

  • チケットを購入する

  • スタジアム内に入って席に座る


チケット購入についてですが、チケット売り場では購入しません。売り子のお姉さん(おばさん(笑))と交渉して購入します。最初に値段を言っておきますね。

外国人価格:タイ人と値段が違うんです。かなり高額です。
1階リングサイド席           2000バーツ(約6,400円)
2階席                 1,800バーツ(約5,760円)
3階席                 1,000バーツ(約3,200円)

一応、上記のように値段が決まってますが、売り子のおばちゃんと交渉しなければなりません。

売り子のおばさんと交渉する


チケット売り場では、上記の値段です。また、ツアーなどは、交通費も含まれますから、上記値段より高額で設定されています。

ですから、売り子のお姉さんと交渉するんですよね。

タクシーでスタジアムに降りますとすぐに売り子のお姉さん(グレーのポロシャツを着ています)が寄ってきて、チケット購入の勧誘に来ます。


チケットを購入する


私は最初からリングサイドにしようと思っていましたので、2000バーツでリングサイドの席を確保しました。

2000バーツを渡すと、通行パスを腕にはめてくれます。


上記の腕輪ですね。


次は、席に連れてってもらいますね。

スタジアム内に入って席に座る


先程の売り子のおばちゃんにエスコートしてもらい、席に案内してもらいます。


今回私が座った席は、赤コーナーのリングサイドのすぐ後ろの席だったんですよね。

この席がホントに良かったです。

というのも、赤コーナーの臨場感あふれるセコンドのアドバイスや応援など、選手のみでは無くて、チームで戦っているんだという事が理解できて選手の人生を垣間見ることできた気がしましたね。

売り子のおばちゃんの名刺

席に着いたら、本日の試合のメニューをもらいました。

そして、おばちゃんの名刺もです。


次回、電話してくれたら、多少値引きしてくれるそうですよ。

なかなか商売上手ですね。


Sponsored links


さあ、ここからが、メインイベントの試合解説ですよ。アラフィフ格闘家の私が解説しますからマニアックな部分はご了承くださいね。

まずは、試合の流れをおおまかに。

試合の流れとポイント


  • 全部で9試合

  • 各試合共に5ラウンド制

  • KOシーンやTKOも魅力的

  • リングサイドは人間ドラマが見れる

  • 気合を入れるときは、アレをつかう!

  • メインイベントは絶対見るべき


全部で9試合



上記の写真のようにメニューは9試合あります。

メインイベントは、8試合目なんですよ。

私には何がメインなのか分かりませんが、タイの方はお金を賭けているので、メインイベントは他の試合より、観客のボルテージが半端ないくらい凄かったです!

9試合目とか最初の試合は子供(小学生くらい?)のファイターの試合なのであんまり盛り上がらない感じでしたし、あんなに小さい子供が流血しながら殴り合うのはちょっと女性には厳しいかもしれませんね。

余談なのですが、スタジアムの中は超寒いですよ。

ですから、薄手の長袖のパーカーなどを一枚持って行った方がよいですね。

各試合共に5ラウンド制


9試合目などは5ラウンドありませんが、普通は5ラウンド制です。

ですから、最初は様子見が多くて、1~2ラウンド目は、あんまりガンガン攻撃はしない感じでしたね。

3ラウンド目から、攻撃をかける試合が多かったです。



KOシーンやTKOも魅力的


良くムエタイはKOシーンがあんまり無くて判定が多いって聞きませんか?

全然そんなこと無くて、9試合のうち、約半分の4試合は、KOの試合でした。

KOシーンですが、何が多いかと言いますと、圧倒的に膝蹴りですね。

今回は、TKO(テクニカルノックアウト)の試合はありませんでしたが、前回、ラチャダムナン・スタジアムで観戦したときはありましたよ。


リングサイドは人間ドラマが見れる


今回は、リングサイドそれも、赤コーナーのすぐ近くの席で観戦したので、赤コーナーの人間ドラマが素敵でした。

赤コーナーのセコンドのコーチがいるのですが、選手のムエタイジムのコーチです。

そのコーチが、1ラウンド終了毎にアドバイスをするんですよね。

もっと攻めろ!とか、もっとパンチを打ってから、ミドルキックにつなげろ!とかですね。

ジェスチャーを交えながら、コーチが叫び、それに選手が応えるという場面の連続で、赤コーナーの選手頑張れと応援してしましました。

そのコーチの後ろで、選手の家族や友達や選手所属のムエタイジムの先輩後輩などが大声援をしながら応援していましたね。

試合に勝てば、応援団も大喜びですが、負けると家族のお母さんらしき方もがっくり、憔悴しきった感じで、ムエタイで一旗揚げるのは、なかなか難しい感じではありますよね。

お金を賭けていて、賭けている選手が負けそうなので、おじさんが現れて、キレ気味にアドバイスをしたり、それを選手は無視するというシーンも多々見られました。

人間模様が垣間見れる瞬間ですよ。


気合を入れるときは、アレをつかう!


試合のラウンド終了後の休憩時に必ずと言ってよいほど、コーチが選手にしていたのは、気合を入れるためにヤードームの液を鼻や顔にこすり付けていました。

ヤードームというのは、こんなものです。


本来は、鼻に突っ込んで、スースーさせるとシャキッとするんですが、ヤードムの液を手のひらに全部取り出して、鼻や顔に付けていましたね。

この場面をみて、今回のタイのお土産は、ヤードムにしょう!思いましたね。

プロというか、一番気合を入れないといけない場面でヤードムを使うのですから、気合入れるシチュエーションでヤードム使えるんですと再確認です。

遠くの席であれば、見れないから、やはりリンドサイド席で見て良かったですよ。


メインイベントは絶対見るべき


全部で9試合あると言いましたが、8試合目がメインイベントです。

メインイベントの勝者は、たくさんの記者に取材されていました。


そのあと、きれいな彼女と写真を撮られていましたね。


試合内容ですが、観客の異様な盛り上がりで場内のボルテージはマックスです!

青コーナーの選手がKO勝ちをしたのですが、強かったですね。

ローキックと右ストレートのコンビネーションが素晴らしくて、最後は右ストレートで勝負ありです。

ノックアウトしたあと、立ち上がったのですが、ダメージがありすぎて、またダウンしてしまい、KO負けでした。



格闘ファンなら、絶対興奮しますし、現役の格闘技ファイターなら盛り上がりますよ!





まとめ


いかがだっいたでしょうか?

時間が無かったので、スタジアム内で食事や買い物はできませんでしたので、時間に余裕のあるかたは、早めにスタジアムに行ってくださいね。

遅くても4時過ぎには、BTSモーチット駅からタクシーに乗って下さいね。

試合については、お金はかかりますが絶対にリングサイド席がおススメです。

できれば、赤コーナーか青コーナーのセコンドに近い席が人間模様も見れて面白いですよ!

日本ではなかなか観戦できませんから是非、バンコクに行かれたら、ムエタイ観戦も思い出になりますよ。

参考になれば幸いです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ