ポルボロンというフィリピンのお菓子のお味は?購入方法なども解説


フィリピンのお土産のベスト3に入るというポルボロン。マニラ市内のお土産屋さんで観光客が大人買いをしていたポルボロン。ドライマンゴーやバナナチップもものすごい量を買う人がいましたが、それに匹敵するくらいポルボロンも売れていました。

バナナチップやドライマンゴーは食べたことがあったので、味は分かるのですが、このポルボロンは分かりませんでした。

お土産さんで、売り子のお姉さんが、何個か食べさせてくれたので、美味しいと思い納得して購入。

今回、パーティ(飲み会)があったので、皆にどんな感じか食べてもらい感想をもらうことにしました。


Sponsored links



今回買ったポルボロンの種類は以下の5種類です。他にもいろいろあると思うのですが以下の種類を選んでみました。

ポルボロン主要5種のお味は

  • Crisp Rice(ライス味)
  • Cookies in Cream(クッキークリーム味)
  • Cashew(カシューナッツ味)
  • Chocolate covered(チョコレート味)
  • Purple Yam(紫芋味)

それでは、説明していきますね~

Crisp Rice(ライス味)




パッケージ:1箱サイズ 約15×10×5cm 
内容量・重量:1箱192g(1袋1個入り×18個)
値段:129.75ペソ/箱 約285円(1ペソ:2.2円計算)


基本のベースの味はミルクのあじです。食感は沖縄名物のちんすこうをさらにもろくした感じです。 もっと硬いと思っていましたが案外もろくてポロポロ崩れます。

食べると喉がパサパサになるのでコーヒーと相性が抜群です。ライス(お米)が入っているのが、クラシックなんでしょうね。





Cookies in Cream(クッキークリーム味)





パッケージ:1箱サイズ 約15×10×5cm 
内容量・重量:1箱192g(1袋1個入り×18個)
値段:129.75ペソ/箱 約285円(1ペソ:2.2円計算)



パサパサ感は、変わりません。クッキーの味がほのかに香りました。食べる前の私の予想は、中条あやみさんがCMに出ているハーゲンダッツアイスのクッキークリームかと思っていました。

全然違いました。ちんすこうの向こう側にうっすらクッキーがいる感じです。味は美味しいですよ。


Cashew(カシューナッツ味)



パッケージ:1箱サイズ 約15×10×5cm 
内容量・重量:1箱192g(1袋1個入り×18個)
値段:129.75ペソ/箱 約285円(1ペソ:2.2円計算)


パサパサ感は変わりません。ナッツの香ばしさが若干あり、またナッツの歯ごたえが絶妙で美味しいです。
コーヒーも良いですが、紅茶でもイケますね。

私はこの味が2番目に気に入りました。


Sponsored links



Chocolate covered(チョコレート味)



パッケージ:1箱サイズ 約15×10×5cm 
内容量・重量:1箱192g(1袋1個入り×12個)
値段:129.75ペソ/箱 約285円(1ペソ:2.2円計算)


チョコレートがコーティングしているので、チョコの部分は美味しいです。他の味は1箱18個ですが、このチョコ味だけは、1箱12個入りです。

1個当たりの単価が高いんですね。中身はライス味です。チョコとの相性もよくて私は一番気に入った味でした。日本には似たようなものは無いですね。

Purple Yam(紫芋味)



パッケージ:1箱サイズ 約15×10×5cm 
内容量・重量:1箱192g(1袋1個入り×18個)
値段:129.75ペソ/箱 約285円(1ペソ:2.2円計算)



紫芋のアイスクリームとは日本でもあるので、期待していました。どうやらその期待は裏切られました。紫芋の感覚はあるのですが、ベースがちんすこうなのでマッチしていないようです。

日本人の口という私の口には合いませんでした。

次に購入方法についてご紹介しますね。

ポルボロン購入方法


アマゾン・楽天での購入方法


以下で購入できるようになっております。



まとめ


いかがだったでしょうか?

ポルボロンは、主要5種類の味は、Crisp Rice(ライス味)・Cookies in Cream(クッキークリーム味)・Cashew(カシューナッツ味)・Chocolate covered(チョコレート味)・Purple Yam(紫芋味)の味があります。

私のおススメは、チョコレート味です。

ポルボロンは、フィリピンの代表的なお菓子でお土産にも最適です。それ以外にお土産を購入したいと思うのでしたら、おススメの記事があります。

フィリピンのお土産をランキングでご紹介!元東南アジア駐在員の視点

それでは、エンジョイ・フィリピン旅行!!


Sponsored links


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ