フィリピンのマニラの治安は悪い?知っておきたい7つのポイント!


マニラってご存知ですよね?フィリピンの首都です。あんまりピンとこないかもしれませんね。私もこの師走の忙しい12月に上司の命を受けて、視察の出張(ほとんど観光)に行くまでは、全然興味のほとんどない国でした。

フィリピンって言われて、【マフィア】【バナナ】【夕日が綺麗】【治安が悪い】ぐらいしか頭にありませんでした。

今回、フィリピンのマニラのホテルに宿泊してびっくりしたのは、ホテルのエントランスで係員による荷物検査と税関にあるような金属探知機ゲートを通らないとホテル内に入れません。

今まで、いろんな国を見て回りましたがホテルのエントランスで厳重な検査があるのは、マニラが初めてでした。それくらいこの街は危険だなと理解できた瞬間でした。

私は、東南アジアのタイに長く住んでいたので、多少の治安に対する免疫はあると自負していたのですが、期待を裏切らないマニラの治安について感じたことを書いていきたいと思います。



Sponsored Links


フィリピンのマニラではホント注意が必要ですよ。それでは説明していきますね~



これだけは気を付ける7つのポイント

 

最低でも7つのことを心に留めておいて頂ければ、最悪の事態は免れるのでご確認くださいね~

  1. ジプニーには乗らないこと!
  2. ストリートチルドレンには気を付けること!
  3. 置き引きについて
  4. スリについて
  5. 知らない人と仲良くならない事
  6. 声をかけてくる女性には気を付けること!
  7. 飲み屋などのお姉さんには気を付けよう!

最初ですが、乗り物は密室になるから用心が必要ですね。


1.ジプニーには乗らないこと!

まず、最初にジプニーについてお話いたしますね。ジプニーは今回ガイド兼通訳さんと一緒に乗りました。信用できる人と乗るのは、構わないのですが一人で乗るのは避けてください!

飲み屋さんでお姉さんに話を聞いたのですが、その子の妹(当然フィリピン人です)がジプニーに乗ったとき、他の客に分からないように、脇腹にナイフを突きつけてきたそうです。

そして、その子が身に付けていた、ネックレスと指輪を渡したそうです。この話は1年前の話だそうです。それ以来、その子はジプニーには乗っていないそうです。

また、良くあるのは、注意していないと、バッグを開けられ財布を盗られるそうです。

どうしてもジプニーに乗るときは、

信用のおける人と一緒に乗ろう:油断してはいけません。ホントに危険です。
バッグは肩に斜め掛け:肩に斜め掛けで前に置いて自分の視界に置くこと

上記の2点をしっかりと意識することが大切です。

以下の画像がジプニーです。


ジプニー内部です。10人くらい乗れるスペースがあります。


日本では見かけませんが、東南アジアではたくさん見かけるストリートチルドレンについてですね。


2.ストリートチルドレンには気を付けること!

ストリートチルドレンとは、路上で生活している子供たちのことです。その子供たちがどこに行っても居て、【お金ちょうだい!】と物乞いするんです。


それこそ、レストランに入るとき、食事が終わって出てくるとき、観光名所の入口や出口、コンビニの前、スターバックスなどのエントランスなど至る所にいます。

現地のガイドさんに訊くと物乞いをするだけでなく、中にはスリなどもいるそうで気を付けなくてはいけません。

私が一番びっくりしたのは、滞在したホテルの近くの飲み屋さんで飲んでお会計してホテルに戻る時なんですけど、だいたい夜中の2時前くらいだったと思うのですが、飲み屋から出た時に、5~8歳くらいの男の子が【お金ちょうだい!】と言いながらやってきました。

夜中の2時前ですよ!もうびっくりです。ひどい話ですね。子供も可哀そうだし、何とかならないものかと情けない気分になりますね。

あと、レストランで食事をしてバスに戻るときにも子供が【お金ちょうだい!】とバスの乗り口にて待ってます。私はお金は上げない主義なので上げないですが、友達がコインをあげると【メリークリスマス!】【もっとちょうだい!】と英語で叫びます。

せつないですね。あげるほうもよくないですが、かわいそうだけど無視するのが一番です!


ここからは、世界共通かもしれませんが、泥棒には気を付けましょうね~

3.置き引きについて

これは、フィリピンに限ったわけではないですが、場所取りに荷物取り荷物を置くとかは危険行為です。【盗って下さい】と言っているようなものです。

絶対に荷物を置いてその場から離れるとかは止めましょう。

特に良く聞くのがマニラ空港での置き引きです。ちょっと油断すると盗まれます。マニラ空港は対策としてチケットを持っている人でないと空港内には入れません。今回の旅にお世話になった現地のフィリピン人ガイドさんもお出迎えは、空港のエントランスを出てからですし、実際ガイドさんが言うには、『私は、空港に入れませんから』と言ってました。

最後のお別れの時も空港のエントランスの外でお別れでした。旅行会社の方は、入れるとは思います。

そんな中でも、それでも置き引きがあるんです。空港関係者が怪しいですね。ですから空港内は用心して細心の注意を払ってくださいね。


Sponsored Links


これも世界共通ですが、注意を怠ると大変なことになりますから。

4.スリについて


マニラには、世界でトップ10に入るくらいの大きさを持つショッピングモールがあります。そこでガイドさんから注意を受けました。

『バッグは必ず肩に斜め掛けにして、バッグは胸かお腹で抱えるようにしておくこと!』これが基本だそうです。

スリ対策ですね。このショッピングモールでは、ものすごい人です。外国人もフィリピン人もたくさんの人が買いものを楽しんでいますね。

その中でも当然スリが待ち構えているから気を付けましょう!

ショッピングモール以外でも、ホテルロビー・空港などの人ごみの中は警戒してくださいね。

次ですが、日本でもかもしれませんが、知らいない人とは関わりを持たないのが基本ですね。

5.知らない人と仲良くならない事

これは私自身の反省なのですが、食事が終わって、レストランからホテルに戻ってきて、仲間と1杯飲みにいくこととなりました。
最初は、ホテルの中の居酒屋に行ったのですが、貸し切りになっていてしょうがなくホテルの外に出ました。

ホテルの外に出ても、何かあったら走って逃げれる距離くらいの近場で飲むことを決めたまでは良かったんですよ。あるいていると『信長』というお店があり入店すると普通の居酒屋で、期待外れだなと30分くらいでお会計を済ませ、また旅にでました。

しばらく歩いていると、『日本語の話せるフィリピン人』に出会い、『うちの店に来てよ!』交渉して3000ペソ(約6400円)しかないから、それ以上は出せない旨を話して交渉成立です。

ホテルから少し離れたクラブに行ったんです。するとキレイどころが並んでいて良い店でした。結局3時間くらいいたのですが、お会計も良心的でした。

次の日(当日の朝)ガイドさんに話すと、それは奇跡的に良い人でよかったねと普通は知らいない人の話に乗っかるとひどい目に合うよと。

私たちはラッキーで良い店でしたが、ぼったくりや強盗もいるので知らない人を信じてお店は行ってはだめです!


上記と似ているかもしれませんが、男性は女性に弱いですし、女性からだと警戒心が薄くなりますからね~
 

6.声をかけてくる女性には気を付けること!

良くある話で、最近でも起こった事件なのですが、女性から声をかけられ、意気投合してレストランで食事していたら、意識を失い、気がついたら金品が無くなっているというこん睡強盗です。

女性だけではなく、夫婦の場合もあるし、男性の場合もあるそうです。

世の中そんなに甘いことはなく、女性から声をかけられて・・・みたいな話も普通はあり得ません。

気を付けてくださいね。

次も女性についてですが、治安とはあんまり関係ないかもしれませんね。

7.飲み屋などのお姉さん

これは、治安とは直接関係ないですが、飲み屋さんで女の子と仲良くなると、LINE交換が始まります。問題ない人はよいのですが、交換なんてするとLINEの会話攻撃が始まります!

そのうちまた、マニラに行ってみようかなという気になり、お金を貯めて、出張と称してマニラに行って貢いでしまうことになるかもしれません。

マニラのことはマニラで完結しないといけないから、LINE交換をしないこと!名刺などは捨てること!をお勧めします!

実際に家族に黙って、お姉ちゃんに会いに行く人はたくさんいますから。

まとめ

いかがだったでしょうか?フィリピンのマニラは東南アジアの中でも屈指の治安の悪さです。
大事なことをもう一度言いますね。

ジプニーには乗らないこと!・ストリートチルドレンには気を付けること・置き引きに注意・スリにも注意・知らない人と仲良くならない事・声をかけてくる女性には気を付けること!・飲み屋などのお姉さんには気を付けよう!


治安に気を付ければ、良い旅になるはずです。例えば『マニラの夕日は世界一』といわれているので見るのも良いも井出になります。

それでは、細心の注意をしながら、良い旅を!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ