広島カープ補強のポイントとは?2018年日本シリーズ優勝への提言


どうも、カープバカです。最近はやっと、あの悪夢から少しづつ解放されつつあります。あの悪夢とは、日本シリーズに出場できなかったことです。

2017年ペナントレースはぶっちぎりの優勝でした。2位阪神とは、10.0ゲーム、3位のDeNAとは、14.5ゲームも差をつけて、まさに完璧なゲーム運びでした。

ところがです!CSシリーズで、なんとDeNAに負けてしまい、日本シリーズでソフト場bbクト戦うことができませんでした。まさに、2017年10月24日は、カープファンにとっては、忘れられないリベンジの日となりました。


P8130413 / Lazy-Bird


CSシリーズのルールなどいろいろ言いたいことは、あります。ですが、ここは、この屈辱をばねにして、2018年に日本シリーズ優勝するための補強ポイントについて、素人ながら、カープファン歴40年のおっさんが、提言していきたいと思います。


Sponsored Links




今回のCSシリーズでの負けにより、今まで思っていた補強のポイントが鮮明になりました。この敗戦をもって改善しなければならないポイントを挙げていきますね。

改善ポイント


  • 左投手の先発の不足

  • 左投手の中継ぎの不足

  • 信頼できるリリーフ投手の不足

  • 右打者の代打の切り札

  • その他の弱点


この5つの改善ポイントを克服したら、2018年も優勝で3連覇間違いないです!
それでは、説明していきますね。


左投手の先発の不足

先発投手は、ジョンソンを除いて、全部右投手です。先発は、薮田投手、野村投手、大瀬良投手、岡田投手、中村投手で回していましたね。

CSシリーズでカープに勝ったDeNAですが、石田投手、濱口投手、今永投手と3人もいます。阪神もあんまり勝利数が多くありませんが、能見投手、岩貞投手、岩田投手と3人います。

カープもせめてもう一人、左腕の先発投手が欲しいですね。今回ドラフトでは、左投手は一人も獲っていません。ですから、外国人投手を連れてくるか、現有戦力で戦うしかありませんね。

外国人投手は、カープが誇るシュールストロムさんが良い目利きをしてくれるので助かってます。今回も是非とも良い投手をお願いしたいですね。

現有戦力ですが、中村恭平投手、床田寛樹投手、高橋昂也投手、塹江敦哉投手、飯田哲矢投手、高橋樹也投手、戸田隆矢投手、オスカル投手、佐藤祥万投手の9人います。

結構たくさんいますね。この中から先発というのであれば、床田寛樹投手、戸田隆矢投手に期待しています。

床田投手は、2017年は、1勝しております。2018年は出てきてほしい投手の一人です。

床田寛樹投手
生年月日:1995年3月1日生まれ
身長・体重:182㎝・74㎏
2017年成績:1勝1敗
特徴:140km/h中盤のストレート、縦のカーブを織り交ぜるタイプ
 

戸田隆矢投手
生年月日:1993年6月10日生まれ
身長・体重:181㎝・76㎏
2017年成績:なし
特徴:最速は、149km/hのストレートが武器。変化球は、スライダーがいいです。
 


左投手の中継ぎの不足

今回のCSシリーズで、左バッターの筒香選手、梶谷にホームランを打たれ、中継ぎ投手陣が崩壊した感はありましたね。大事なところで、左のワンポイントがいれば、もうちょっと変わった試合ができたのではないかなと思います。

ワンポイントでも良いし、1イニングを投げ切れる左の中継ぎ、昔カープで活躍した清川投手や青木高広投手のようなリリーフが要れば・・・と切望します。

このリリーフは、上記と同じように、外国から連れてくるか、国内のトレードで入れるかしないと難しいですね。

現有戦力の中からであれば、高橋昂也投手に期待します!

高橋昂也投手
生年月日:1998年9月27日生まれ
身長・体重:181㎝・87㎏
2017年成績:1軍なし。カープ2軍日本一を決める試合で6回を2失点に抑えて広島2軍初の日本一に貢献した。2軍では、防御率:1.29と期待できます。
特徴:最速は、152㎞/h。スライダー、縦のスライダー、カーブ、そしてフォークがあり、奪三振率の非常に高い選手です。
 


Sponsored Links



信頼できるリリーフ投手の不足

2017年は、89勝もしてぶっちぎりで優勝しました。ですが、7回~9回までの勝利の方程式が完ぺきでは無かったようです。
今村、ジャクソン、中崎がだいたい任されましたね。時には、中田廉投手や一岡投手なども代役をがんばっていました。

ですが、今村投手、ジャクソン投手、中崎投手で負け数が、9個あります。この数字はそんなに悪くないかもしれませんが、抑え込んで勝利したというよりも、相手チームが打ち損じてどうにかこうにか勝てた試合が多かったと思います。

実際に、試合を観戦していても、『7回まで来たからもう安心!』というよりは、『頼むから抑えてくれ~!』と思ってた方が多いと思います。実際3者凡退はあんまりなかったですし。


ということで、この投手が出てきたら、もう終わりだと相手チームが思うような、リリーフ陣の再建がカギとなります。
ここは、外国人頼みになるかもしれませんね。
それも含めて、畝ピッチングコーチ以下のスタッフに託しましょう!


R0035393 / kagawa_ymg

 

右打者の代打の切り札

ペナントレースは、エルドレッド選手や新井選手が代打で活躍したので、特に無いのですが、CSシリーズで、エルドレッド選手がケガで登録抹消になりました。また、安部選手もデッドボールを受けての抹消です。

ですから、西川選手と新井選手がスタメンとなりました。それであの悪夢です。第3戦の6回のノーアウト満塁で、代打が岩本選手とと小窪選手です。二人とも三振です。

調子が悪いとも試合勘が鈍っているともあるかもしれませんが、あそこで打たないとダメですよね。ということで、右の代打の切り札が必要なハズ。


外国人頼みということですかね。ペーニャ選手が退団という事もあり、エルドレッド選手も2018年が状態が良いかどうか分かりませんので、外国人野手を入れることと予測します。

今後のフロントの『力』に期待しましょう!



その他の弱点

その他に弱点があるかと熟慮しましたが、2連覇して戦力がほぼ落ちないと考えると、上記以外の弱点は見つかりません。けが人が続出したら、難しいですが、来年は鈴木誠也選手も完璧にやってくれると信じてます!

石井コーチと河田コーチが退団するのが痛いですが、二人が残した財産をもっと引き継いでくれると思います。また、走って走って、躍動するカープを見せて(魅せて)ほしいです。
 


まとめ

いかがだったでしょうか?私が考える完全ポイントは、4つです。①左投手の先発の不足②左投手の中継ぎの不足③信頼できるリリーフ投手の不足④右打者の代打の切り札です。

これだけ、改善すれば3連覇も夢ではないし、日本シリーズ制覇も現実に可能だと思います!

2017年のドラフトで甲子園を沸かした中村奨成君もドラフト1位でカープに入団してくれるはずです。

来年もカープから見逃せませんね。皆さんも2018年カープを応援しましょう!







Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ