新極真の第49回全日本大会の優勝者はだれ?中年空手家が大胆予想


この2017年10月14日、15日に新極真会の全日本大会が開催されます。当然私も東京まで見に行くのですが、勝手に優勝者を予想します!

というのも、今回が初めて見に行くのですが、それには理由があってどうしても優勝してほしい選手がいるからです。何とか優勝していただき、美酒を味わいたいですね。

この大会は今回で49回目を迎え、数々の素晴らしい試合がありました。今回も素晴らしい試合があることを期待して、優勝者を予想してみたいと思います。



Sponsored Links



新極真会は、日本で極真会館と並んで日本、いや世界でトップレベルの人数がいる空手団体です。その空手母国の日本での優勝者ですから当然トップレベルですね。その優勝候補者を中年空手家の私が予想します!

優勝候補者はこの3人だ!

  • 島本雄二選手

  • 入来健武選手

  • 島本一二三選手


それでは、各選手のプロフィール説明をしていきますね。

島本雄二選手


生年月日:1990年1月23日
身長・体重:177㎝・90㎏
出身地:広島県呉市
所属支部:広島支部
段位:参段
主なタイトル:第28・29回 全日本ウエイト制大会 重量級 優勝第44・46・48回 全日本大会 優勝、第11回 全世界大会 優勝、第6回 全世界ウエイト制大会 重量級 優勝
必殺技:前蹴り
 


私のコメント:優勝候補の筆頭ですね。2017年6月にウズベキスタンで開催された世界ウェイト制大会でも、順当に勝ち上がり、決勝は第48回全日本大会優勝者の入来健武選手に本戦で圧倒的に勝ちを収めました。その調子を維持し更にパワーアップしているので順当に勝ち上がってくるものと予想します。

世界ウェイト制で魅せた体格の良い外国人選手に対して、懐に入れないための『肘打ち』と『太ももへの膝蹴り』などが今回の全日本大会で炸裂するのか楽しみです。

また、天下の宝刀の『前蹴り』が連射されれば、相手は下がるしかないので、ここもポイントですね。体捌きが上手くて突発的なケガなどのアクシデントがなければ、大きなダメージが残らないので、決勝まで駆け上がってください!

入来健武選手


生年月日:1995年4月29日
身長・体重:180㎝・100㎏
出身地:神奈川県
所属支部:東京城南川崎支部
段位:弐段
主なタイトル:2016年 第3回JFKO大会 重量級 優勝、2016年 第48回全日本大会 優勝、2015年 第11回世界大会 準優勝、2017年 第6回世界ウエイト制大会 準優勝
必殺技:下段回し蹴り
 


私のコメント:優勝候補の一人です。第48回全日本大会の優勝者で2017年
第6回世界ウエイト制大会を準優勝しており、ノリにのっています。年齢もまだ22歳と若く将来が楽しみです。

試合の運び方は、試合前半は様子見の感じで、試合終了30秒前からものすごいラッシュをかけます。その時にパンチの連打、左右の下段回し蹴り、膝蹴りと誰も食い止められないです。

島本雄二選手と2015年世界大会の決勝で敗れ、その借りを2016年全日本大会で返し、また2017年世界ウェイト制重量級の決勝で死闘を演じ、敗退致しました。

今回の目標は妥当島本雄二選手のはずなので、どれだけ研究してどれだけ決勝時までにダメージを受けていないかにかかりますね。


島本一二三選手


生年月日:1986年3月11日
身長・体重:172センチ・80㎏
出身地:広島県呉市
所属支部:広島支部
段位:参段
主なタイトル:第44回全日本大会 準優勝、第11回世界大会 5位入賞
必殺技:多彩な足技(上段回し蹴り、中段回し蹴り、後ろ回し蹴り)


私のコメント:優勝候補です。多彩な足技とハードパンチを駆使しながら、素晴らしい体捌きでのディフェンスをしながらの攻撃で決勝まで勝ち進んで行ってください!

トーナメントでは準々決勝で、順当行けば、入来選手と対戦するので、何とかラストの30秒ラッシュを凌ぎ勝ち上がってほしいです。間違いなく勝ち上がります!

大きい選手との対戦は、2017年の世界ウェイト制の軽重量級でロシアのナザール・ナシロフ選手(185㎝・84㎏)と互角に戦い抜き、延長戦・再延長戦まで戦い抜き僅差で涙を飲みましたが、全然負けていなかったです。今回の全日本でも大きい選手の戦い方は熟知しているので、必ず勝ってほしいです!


Sponsored Links



私の望む決勝戦

大変勝手ではございますが、私の望む決勝戦をご紹介たします。
第44回全日本大会同様に島本兄弟対決が実現する可能性があります。日本一の兄弟ケンカです。楽しみな決勝戦です。どちらが勝ってもですが、死闘になるのは間違いないですから、全力で私も応援致しなけれなば罰が当たるでしょう。

結果はどちらでもですが、まだなしえておられない、全日本優勝というのを勝ち取って頂きたいです!!


まとめ

いかがだったでしょうか?予想は、上記の島本雄二選手、入来健武選手、島本一二三選手の3名です。私の予想は兄弟対決が是非とも実現していただけるように応援致します!

頑張って下さい!私も応援します!オス!


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ