テンションが上がる80年代の洋楽ヒット曲から女性ボーカル編を紹介


私が中学生の時に、『マイケル・ジャクソン』というスーパースターが出現し、その後、『シンディ・ローパー』『マドンナ』と次々とスターが登場しました。

現在は、ラップやEDMやいろんな種類の洋楽がありますが、私の中では、洋楽は、80年代最強説』を唱えています。それくらい当時の洋楽は素晴らしかったです。

その中でも、女性ボーカルでテンションの上がる洋楽ヒット曲はたくさんあり、テレビで流れていたりするとついついノリノリになっちゃいます。また、車の中でも、スマホから『Bluetooth』でつないで、80年代の洋楽ポップスのヒット曲を聴いて楽しんでいます。今回は、80年代の洋楽ヒット曲の女性ボーカルで私がテンションが上がるものを選んでます。同調して頂けたらとても嬉しいです。

男性ボーカル編に興味のある方はどうぞ!!
ノリのいい洋楽で男性ボーカルのベストは?80年代から7曲ご紹介!

それでは、7曲ご紹介いたします。

Sponsored Links


  • Nena(ネーナ)99Luftballons(ロックバルーンは99)
  •    
  • Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)Girls Just Want to Have Fun(ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン)

  • Madonna(マドンナ)material girl(マテリアル・ガール)
  •   
  • Pointer・sisters(ポインターシスターズ)Jump(ジャンプ)
  •   
  • Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)I Wanna Dance With Somebody(アイ・ワナ・ダンス・ウィズ・サムバディ)
  •   
  • Bonnie Tyler(ボニータイラー)Holding Out for a Hero(ホールディング・アウト・フォアヒーロー)
  •  
  • Janet Jackson(ジャネットジャクソン)When I Think Of You(あなたを想うとき)
  •   




それでは、説明していきますね。

Nena(ネーナ)99Luftballons(ロックバルーンは99)


アーティスト名:Nena(ネーナ)
曲名:99Luftballons(ロックバルーンは99) 1984年
特色:ドイツのロックバンドです。有名な曲はこの1曲のみですが、ドイツのバンドが世界で売れた数少ない例です。
 

この曲を選んだ理由:当時中学生で、ドイツ語と英語の区別もつかず、英語だと思い込んでいました。(笑)でも今でも時々、メロディーが頭の中を流れていきます。そのくらい心に響いた曲のひとつです。女性ボーカルでシャウトしている頃がかっこよかったですね。この後にシンディローパーやマドンナが出てきた感じなので、私の中では、女性ボーカルの先駆けみたいな位置づけです。

  

Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)Girls Just Want to Have Fun(ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン)


アーティスト名:Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)
曲名:Girls Just Want to Have Fun(ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン)1983年
特色:個性的なキャラで、大の親日家。曲は映画『3人のエンジェル』のエンドロールで流れた。
 

この曲を選んだ理由:この曲は『ハイスクールは、ダンステリア』
という邦題でした。凄いノリノリの曲で、友達がレコードを持っていたので借りて、カセットテープに入れて良く聴いていました。最近でもいろんなアーティストの方がカバー曲を出すので、曲の良さが際立っているのでしょうね。

  


Madonna(マドンナ)material girl(マテリアル・ガール)


アーティスト名:Madonna(マドンナ)
曲名:material girl(マテリアル・ガール)1985年
特色:テンポの良い曲で、マテリアルって材料って意味だよね?と思いながら歌詞が理解できませんでした。
 

この曲を選んだ理由:マドンナのデビュー曲は、『ライクアバージン』ですが、この曲は、2曲目でsね。『material girl(マテリアル・ガール)』は、アップテンポですが、『物欲の強い女性』という意味ですね。歌詞の『マテリアル、マテリアル・・・』が時々、頭の中を駆け巡る感じです。マドンナのヒット曲はたくさんありますが、人気を不動にした曲といっても過言無い曲です。

マドンナは今でも活躍しているし、洋楽ポップスの中の女性ボーカルの中でもレジェンドです。高校時代に東京ドームツアーがあって、観に行けれないけど、テレビ放送があって、録音した記憶があります。(私の中で)今でもライブを見に行きたいアーティストランキング1位です!


  


Pointer・sisters(ポインターシスターズ)Jump(ジャンプ)


アーティスト名:Pointer・sisters(ポインターシスターズ)
曲名:Jump(ジャンプ) 1983年
特色:キレイというかカッコよい3人組(姉妹)から繰り出されるソウルフルな歌声は絶品です。
 

この曲を選んだ理由:中学生の時、試験勉強の息抜きで、『ベストヒットUSA』を見ていたら、彼女たちの曲が流れてきて途端に好きになりました。ディスコでも使われても良いようなテンポが小気味よく、歌詞の『ジャンプ!ジャンプ!』は大合唱です。

ポインターシスターズ JUMP


Sponsored Links



Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)I Wanna Dance With Somebody(アイ・ワナ・ダンス・ウィズ・サムバディ)


アーティスト名:Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)
曲名:I Wanna Dance With Somebody(アイ・ワナ・ダンス・ウィズ・サムバディ)1987年
特色:ロスアンジェルスの爽やかな感じのする曲です。
 

この曲を選んだ理由:ホイットニー・ヒューストンと言えば、映画『ボディーガード』の曲が有名ですが、彼女を有名にした曲はこの『I wana~』です。女性ボーカルで透き通った歌声に感動した思い出があります。当時(今も)アメリカに憧れを持っていて、この曲の爽やかイメージとアメリカが重なり、ますますアメリカが好きになった一曲です。

  


Bonnie Tyler(ボニータイラー)Holding Out for a Hero(ホールディング・アウト・フォアヒーロー)

 

アーティスト名:Bonnie Tyler(ボニータイラー)1984年
曲名:Holding Out for a Hero(ホールディング・アウト・フォアヒーロー)
特色:テレビドラマ『スクール☆ウォーズ』で人気の曲ですね。元気が出てくるのは私だけ?
 

この曲を選んだ理由:1984年の映画『フットルース』が好きで、当時、友達がサントラ盤を購入したので、借りて録音したら、その中に『Holding Out for a Hero』が入っており好きになりました。その後、テレビドラマ『スクール☆ウォーズ』で流行り、主題歌に使われており、さらに好きになりました。

ボニー・タイラーの’Holding Out For A Hero


Janet Jackson(ジャネットジャクソン)When I Think Of You(あなたを想うとき)

アーティスト名:Janet Jackson(ジャネットジャクソン)
曲名:When I Think Of You(あなたを想うとき)1986年
特色:マイケル・ジャクソンさんの妹さんです。この曲が彼女の出世作で、ビルボード1位を記録
 

この曲を選んだ理由:まず彼女の歌声が透き通った感じがしています。また、この曲は、最初のピアノの音が弾けていて、そこから、ベースの音が入っていくという当時の私には斬新で『アメリカ最高!ジャネット素敵~』と思ってました。サウンドが素敵でノリが良くてテンションが上がります。

当時かなり流行った曲で、友達にCDを借りて録音した記憶があります。歌詞はラブソングです。今思えば、簡単なフレーズしか使っていない歌詞です。でも当時はよく分かりませんでしたね。(笑)高校の英語の授業で先生が時々英語の曲を流してくれるサービス?授業があって、聴いた思い出がかすかにあります。

今聞いても全然色あせてなくて、古くないです。ジャネットは女性ボーカルの中でもトップクラスですから、現在でも音楽界で君臨しているのでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?洋楽最高ですね!女性ボーカルの中でもマドンナやジャネットジャクソンは外せないですよね。ホイットニー・ヒューストンも良いですよね。私の中では、NENAも上位ランクです。結局全部良いですね。皆さんとは違うかもしれませんが、同じ意見があればうれしいですね。

当時のことを思い出しながら、ノリノリでテンションを上げていきましょう!


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ