タイのポップスランキング!視聴2億回以上の人気ベスト5はこれだ


タイのポップスってノリノリの曲が多いんですよね。私は2000年くらいからタイポップスにはまってます。最初は全然興味なかったのですが、タイのカラオケ屋さんで上司がタイ語の歌を歌うとめっちゃ盛り上がるし、タイのお姉ちゃんも踊りまくるんです。

それで何とか私もタイ語の歌を歌えるようになってお姉ちゃんと仲良くなりたくて(笑)タイポップスを好きになりました。

1曲歌える曲ができると会社での飲み会の2次会で歌えば、超盛り上がるので十八番は持っておいて損は無いです。今回は、そんなタイのポップス界で流行っている曲をご紹介していきたいと思います。


そんな人気のタイポップスの中でも、特に大ヒットした曲。youtubeで『タイソング:Thai song2016』で2億回以上の視聴があった曲のベスト5をお伝えします。


Sponsored Links



2015年~2017年でタイポップスの人気ランキングは!!


それでは、発表してみましょう!

  • 5位:タイトル:コン・ミー・サネー(คนมีเสน่ห์) / 歌手:パーン・ナカリン(ป้าง นครินทร์)

  • 4位:タイトル:コー・ウェラー・ルーム(ขอเวลาลืม)/ 歌手:Aun Feeble Heart

  • 3位:タイトル:ペーン・ターン(แพ้ทาง) /歌手: LABANOON


2位と1位はのちほど、紹介しますね。
   

  1. パーン・ナカリン(ป้าง นครินทร์)

  2.  

    アーティスト名:パーン・ナカリン(ป้าง นครินทร์)
    タイトル:コン・ミー・サネー(คนมีเสน่ห์)
    タイトルの意味:魅力的な人
    曲調:ゆっくりなテンポです
    発表年:2016年 
    視聴回数:233,047,785 回(2017年6月現在)
     

      

    パーン・ナカリンさんですが、とてもシブい声をしています。この曲のコン・ミー・サネーですが、『サネー』というのは『魅力のある』という意味です。私がタイで駐在していた時に、従業員で『サネー』というのがいたのですが、とても勤勉な男でした。

    曲の内容ですが、女性と男性が出てきますが、女性が色黒で腕や足が太いけど、僕は魅力的だと思っているよ的な感じです。曲調はゆったりですが、歌詞がチョッとディスまくりですかね。アップテンポでないので歌詞を覚えれば、カラオケでマスターできるかもしれませんね。


  3.  

     Aun Feeble Heart


  4. アーティスト名:Aun Feeble Heart
    タイトル:コ―ウェラールーム(ขอเวลาลืม)
    タイトルの意味:忘れる時間をください
    曲調:ゆっくりなテンポです
    発表年:2016年 
    視聴回数:267,499,641 回(2017年6月現在)
     

      

    Aun Feeble Heart さんですが、韓流俳優のような感じですね。とても優しい声をしていますね。曲調はゆっくりなので、カラオケにはもってこいかもしれませんね。ただし、デュエットなので二人の呼吸が合わないと難しいかもです。

    曲の内容ですが、タイの曲によくあるパターンです。付き合ってた二人が別れます。そして忘れられないけど、忘れるのに時間をくださいという内容です。タイの曲はだいたいこんな感じの曲が多いですね。タイ人男性はちょっと女々しい?かもしれませんね。




  5.  

    LABANOON 


  6. アーティスト名:LABANOON
    タイトル:ペー・ターン(แพ้ทาง)
    タイトルの意味:お手上げ
    曲調:ゆっくりなテンポです
    発表年:2016年 
    視聴回数:295,575,892 回(2017年6月現在)
     

      

    ボーカルの人ですが、ちょっと小太りで、どことなく、お笑い芸人の『バイきんぐ』の西村さんに似てますかね。

    曲の内容ですが、彼女のことが大好きで胸が張り裂けそうだけど、私はあなたに『お手上げ』です。という感じです。PVの中でスポーツで女の子に全然勝てないシーンがでてきます。そこで、剣道や柔道が出てくるのですが、格闘技を長くやってきた私としてはなんか嬉しいですね。


    Sponsored Links



    2位と1位までを発表しましょう!



  7. ก้อง ห้วยไร่(ゴン・フアイライ)


  8. アーティスト名:ก้อง ห้วยไร่(ゴン・フアイライ)
    タイトル:クー・コーン(คู่คอง)
    タイトルの意味:運命のふたり
    曲調:ゆっくりなテンポです
    発表年:2016年 
    視聴回数:視聴回数 312,846,474 回(2017年6月現在)
     

      

    ゴン・フアイライさんですが、なかなかのイケメンですね。この歌はタイの伝統音楽『ルークトゥン・モーラム』というものです。日本でいうところの演歌のような感じです。違うところは、年配の方だけでなく、幅広い年齢層の指示があるという点ですね。

    私は、『ルークトゥン・モーラム』はあまり興味がなかったのですが、日本の生活の中で思わず口ずさんでしまうというある種、中毒性のある恐るべき歌です。

    この曲は、テレビドラマの主題歌です。女性は蛇?(龍?)の化身でその彼女とのラブストーリーです。歌詞の中で生まれ変わっても私はあなたを愛するというパターンの歌です。美女と野獣の女性版でしょうか。どストレートな歌は素晴らしいです。


  9. LABANOON


  10. アーティスト名:LABANOON
    タイトル:เชือกวิเศษ/ Cheuak Wiset
    タイトルの意味:魔法のロープ
    曲調:ゆっくりなテンポです
    発表年:2015年 
    視聴回数:視聴回数 391,907,781 回(2017年6月現在)
     

      

    LABANOONさんですが、歌声が良いですね。イケメンではないですが、雰囲気がかっこいいです。2000年くらいから活躍しているバンドなので安定感抜群ですね。

    この曲も、恋愛破局の曲です。タイの歌は、基本、別れてしまい、付き合っていた時は良かったね。今は、頑張るよ的なソングが多いですね。曲自体はゆっくりなので、さほど難しくはないですが、リズムが一本調子ですが、サビは歌いやすくて、上手く歌えるような感じのする曲です。そこそこ歌えれば、外国人なので拍手喝采です!



    まとめ

    いかがだったでしょうか?全体を通してみると、タイポップスはノリノリな曲が多いのですが、意外や意外、最もよく視聴されているのはゆっくりテンポの美しい曲ばかりです。2015~2016年だけかもしれませんが、超人気歌手のトンチャイ・メーキンタイさんやLOSOなどの曲は入ってないんですね。

    全体的に、タイの演歌的な曲(ルークトゥン・モーラム)以外の曲は、欧米のポップスに近いような気がします。昔はノリノリの曲を歌いながらダンスするといういわゆる伝統芸能が違う方向に行ってるのかもしれませんね。

    ノリノリの曲は、歌うのが難しいです。ゆっくり目の曲は、カラオケでメチャメチャ練習すれば、何とか歌える曲になりそうですね。是非十八番にして、タイ人スタッフからヒューヒュー言われてくださいね。



    Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ