台湾桃園空港のプレミアラウンジを満喫!その豪華サービス内容は?


台湾旅行で最後に空港から旅立つ時は、ゆっくりしたいですよね。大きなスーツケースをチェックインカウンターで受け付けて、手荷物検査と金属検査を行い、パスポートコントロールへ向かいます。

手続きが済むとやっと出国ゲートです。ここで、ゆっくりしたいですよね。その時にゆったりできるのが、ラウンジですね。

ビジネスクラスやファーストクラスであれば、各航空会社のラウンジで軽食など楽しめて、飛行機に乗る前のボーディングタイムまでくつろげます。


私の場合は、プライオリティパスを持っているので、エコノミークラスの座席でも台北の桃園空港で『プレミアムラウンジ』でゆっくりできます。今回は、台湾の桃園空港で『プレミアムラウンジ』の楽しみ方をご紹介いたします。


Sponsored Links



最初に、台北の桃園国際空港でプライオリティパスを使用できるラウンジは、何か所あると思いますか?なんと!5か所もあるんです!


空港内でプライオリティパスが使える『ラウンジとは』


  • プライオリティパスが使えるラウンジの正式名称は?

  • プラザプレミアムラウンジは何か所あるの?

  • プラザプレミアムラウンジはどんなサービスをしているの?

  • プライオリティパスで、プラザプレミアムラウンジ以外でも使用できるの?


それでは説明していきますね。

プライオリティパスが使えるラウンジの正式名称は?

プラザプレミアムラウンジと言うそうです。

プレミアムと名前に付くくらいだから、なんか高級そうですよね。この中に入るためには、プライオリティパスが必要です。

プラザプレミアムラウンジは何か所あるの?

全部で、5か所あります。『ターミナル1』に2か所あり、『ターミナル2』に3箇所あります。ホントは全部回りたかったのですが、時間の都合上1か所だけ調査してみました。



それでは、今回私が行ったターミナル1のプレミアムラウンジをご紹介いたしますね。
ターミナル1のプレミアムラウンジ

桃園空港第一ターミナルフロアマップ(HPより引用)

出国審査カウンターで審査を終えた後に右手のA1~A9ゲートの方向に向かって歩いていきます。

しばらくすると突き当りがあります。そこを右に曲がって進むと下の画像写真の案内があります。


そこの階段を上がると、『プレミアムラウンジ』があります。


次に『プレミアムラウンジ』の雰囲気はどんな感じかご紹介いたします。

『プレミアムラウンジ』はどんなサービスをしているの?

  • レセプションはこんな感じです

  • 受付ではパスポートが必要です

  • 部屋の中は豪華です

  • お酒もあるし食べ物も豊富!

  • その他について


  • それでは説明いたしますね。

    レセプションはこんな感じです



    受付のお姉さんは、とてもかわいかったです。分かりにくいけど、もう一人お姉さんとお話していましたが、彼女も美人でした。

    受付ではパスポートが必要です

    上の画像のお姉さんに、必要なものの掲示を求められます。
    プライオリティパス:これがないと部屋に入れません!
    パスポート:受付でパスポートの確認がありますので、準備しておきましょう。
    ボーディングパス:何時までラウンジに滞在できるか確認していると思います。


    Sponsored Links



    部屋の中は豪華です


    部屋の中は普通に豪華です。ゆったりできそうですね。


    椅子もたくさんあり、個人がゆっくりくつろげるようになっています。


    お酒もあるし食べ物も豊富!

    飲み物は、ビール、ミネラルウォーター、ジュース、コーラ、コーヒーなどたくさん用意してありますね。


    食べ物は、春巻き、焼き飯、サラダ、フルーツなどいろんな種類があります。オーダーしたらラーメンも出てきました。お腹いっぱいになるには時間がかかりません。(笑)



    ラーメンは、5種類くらいから選ぶことができます。注文すると日本のフードコートみたいな、呼び出しベルみたいなものを持たされます。


    これが呼び出しベルです!

    このベルが鳴って、ラーメンを取りに行こうとしたのですが、注文してないオバさん(多分日本人)が私のラーメンを取ろうとして、厨房でラーメンを作ったお兄ちゃんに『違うよ!あなたのじゃないよ!』みたいなことを中国語で言われていました。

    オバちゃんは???でした。頼んでもないのにラーメン食べれる訳ないじゃんと思いながら、自分のラーメンを取りに行って美味しく頂きました。

    その他について


    椅子が個人専用みたいになっており、スマホの充電もできるし、電気も付くので読書やスマホをいじったりできます。また、空港内は『Wifi』無料で繋がるので、ストレスなくゆったりできますね。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?プライオリティパスがあれば、こんなにくつろげるんですね。今回は出張だったので、同僚と一緒に行ったのですが、同僚とはボーディングタイムの10分前にゲートで待ち合わせをしているので、ひとりでまったりできました。

    同僚は、『プライオリティパス』は持っていないので、ゲートの待合いエリアでスマホでもやりながら時間をつぶしていたのでしょう!(笑)




    プライオリティパスの申し込みがまだの方は、ここを参考にしてみてくださいね。プライオリティパスが無料付帯の低額クレジットカード比較

    これがあれば、タイのみならず世界に1,000箇所以上のラウンジがあるので、是非、旅行の際には、ラウンジでまったりしてくださいね。

    Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ