バンコクのデパートMBKのフロアガイド!元タイ駐在員が完全紹介!


バンコクで買い物と言えば、MBK CENTER(MBKセンター、通称マーブンコーン)で決まりですね。もう何が凄いかってなんでもあります。食料品から時計から携帯カバーからお土産まで盛りだくさんです。

私はタイに出張時には、時間がある限り必ず訪れるようにしています。あの活気がたまらなく面白いし、店員との駆け引きが楽しいですね。


また、いつ行っても新鮮なんですよね。流行りの物とかも置いてあるし最先端を行ってますね。カリスマバイヤーさんがタイは流行に敏感だとかネットに書いていたりするのを見かけたりします。


Sponsored Links


まず最初に、営業時間等をお知らせいたしますね。
営業時間&定休日について
営業時間:10:00-22:00
定休日:基本的に年中無休です。
住所:MBK Building 444 Payathai Road, Pathumwan Bangkok 10330 Thailand
電話番号:02-620-9000
クレジットカード:店舗によって異なります。問い合わせしてみてくださいね。
その他:店舗によっては休んでる店舗もあるし、遅く始める店舗もあるし、早く閉店する店舗もある。特に6階の店舗なんかは、朝10時30分くらいから本格営業といった感じでした。

それでは、各フロアの説明をさせて頂きます。MBKは、全階で6階あります。それでは、説明していきますね。


MBKフロア別ガイド


  • G階:靴売り場や洋服売り場や食品売り場など

  • 2階:金行やカバン売り場や洋服屋売り場など

  • 3階:食事フロアや宝石売り場や小物売り場やベルト売り場など

  • 4階:おやつ売り場や携帯ショップやコピーゲームソフト売り場など

  • 5階:ベットなどの家具売り場など

  • 6階:フードコートやお土産売り場やコピーTシャツ屋など



ざっくり言えばこんな感じです。それでは詳細説明をしていきますね。


G階:靴売り場や洋服売り場や食品売り場など




催しものフェア
私が行った時(2017年の5月)は、催しものフェアをやってました。海外ブランドの『NAUTICA』や『Guy Laroche』やアンダーウェアブランドの『JOCKEY』などの商品が70%オフなどで安売りしていました。


BTSプロンポン駅そばにあるエンポリウムデパートでも『NAUTICA』の安売りフェアをやっていました。安売りフェアはタイでは頻繁に行われているようですね。


靴売り場や洋服売り場
199~699Bぐらいのラインナップでスニーカーから革靴まで取り揃えています。4階にも靴屋さんはありますが、オニズカタイガーやコンバースやナイキやadidasのパチもんを扱っているお店があります。

Tシャツやポロシャツなどラルフローレンのコピー商品も置いています。


食品売り場


TOPSというスーパーマーケットが入っています。それこそ日本人が買いそうなグリコのプリッツの『トムヤンクン味』やポッキーの『マンゴー味』『チョコバナナ味』など10個セットで売っています。1個13バーツ(約39円)なので10個でも400円くらいです。会社関係のお土産にはぴったりです。

私は、空手の稽古をしています。道場の少年部(小1~小6)まで15人いるのですが、ポッキーの『マンゴー味』『チョコバナナ味』など10個セットをあげました。皆、大喜びで私も買ったかいがありました。


その他、マンゴー石鹸やマンゴスチン石鹸などお土産にぴったりなものも取り揃えていますので、確認してみてください。

G階のおススメ:ここは何と言っても、食品&お土産売り場の『TOPS』です。ここで石鹸やお菓子など日本土産は揃います。今回私は娘に『タイ限定:コアラのマーチ抹茶味』を買って帰ったのですが、不評でした。(笑)


2階:金行やカバン売り場や洋服屋売り場など



金行さん
『金行』というのは、皆さんには、なじみが無いかもしれませんね。『金:ゴールド』を売り買いするところです。タイには至る所に『金行』があり投資の対象になっています。


私も昔、『金:ゴールド』を会社のパーティのくじで当たったことがあります。速攻で売りに行ったら、当時5,000B(バーツ)約15,000円くらいになって飲み代にしたことがあります。
それくらい、タイに居る人にとって身近なものです。


カバン売り場や洋服売り場
いろんなカバンや洋服が売っています。店舗型のお店は6階の狭いスペースでのかばん・洋服売り場より若干値段が高いような気がします。どこのお店も基本的にブランド品のぱちもん(コピー商品)を売っています。



品質についてですが、数年前にJIMMY CHOO(ジミー・チュー)のショルダーバッグを買いました。すぐにジョイントの部分が壊れてしまい、バッグをショルダーから下げられないことになっています。

もちろん、ぱちもん(コピー商品)ですよ。タイでのぱちもんの購入詳細については、ここを参照ください。ブランド時計のコピーって評判はどう?私が買った物を中心に徹底解説

2階のおススメ:ここは何と言っても、金行です。私たちにはあんまりなじみがないので、このフロアは時間をかけずにさっと回るくらいでよいかもしれませんね。カバン屋さんもありますから、手荷物がいっぱいの方は、一見の価値ありです。


3階:食事フロアや宝石売り場や小物売り場やベルト売り場など



食事フロアはバーガーキングがあります
6階にもフードコートがありますので、ハンバーガーを食べたい方は、バーガーキングへどうぞ!!



宝石売り場
タイは世界各国からルビーなどの宝石が集まるところです。特にチャンタブリ―県では毎週末に宝石の売買が行われるほど盛況です。そこからバンコクへ流れてくるものだと思います。

ですから、バンコクではジュエリーが有名で、バンコク市内の観光ツアーに申し込むとなぜか最後にジュエリーショップに連れていかれるパターンがあります。

それくらい有名ですから、宝石店も有名です。興味があればどうぞ!


小物売り場やベルト売り場


小物売り場とベルト屋さんはどの階にもあったと思います。店舗があるお店より6階の狭いスペースで売っているお店の方が安い気がします。どこのお店も値引き交渉は必要ですよ。


Sponsored Links


3階のおススメ:ここは何と言っても、宝石売り場です。但し、閉めてるお店もあるので注意が必要です。ベルト屋さんはどの階にもあるので各階のベルト屋さんと比較するのも面白いです。

4階:おやつ売り場や携帯ショップやコピーゲームソフト売り場など



おやつ売り場とコピーゲームソフト売り場

おやつはタイフードです。お好きな方はどうぞって感じですね。


コピーゲームソフト売り場は、『任天堂3DS』や『Playstasion4』や『PS3』や『PSVITA』や『Xbox360』や『任天堂Switch』などのソフトを違法コピーで販売しています。

値段の詳細は分かりませんが、確か友人から聞いた話だと、任天堂3DSのコピーが20個ソフトを選んで専用のカートリッジ付きで4000バーツ(約12,000円)です。ソフトは最新ではありません。

友達が『値段をディスカウントしてくれ!』と交渉したそうですが、『日本では、ソフト1本4,000~5,000円だろ?20本なら、8~12万円だろ?それが4000バーツ(約12000円)だから安いじゃないか!』と逆に言われたらしいです。

最近はタイ政府も取り締まりが厳しいらしく、コソコソ売ってる感じでした。昔有名だった6階にあったコピーゲームソフト屋さんは、無くなっていました。

良い子の皆は違法なことはしないでくださいね。

コピーのDVDやらCD屋さんは健在で、結構普通に販売していました。お客さんは欧米人が多いですね。私も確認しましたが、アメリカで流行っている又は流行っていた洋画やアメリカで流行っているCDが多かったです。


携帯ショップ


この4階は何と言っても携帯ショップが有名です。スマホ本体からスマホケースから、充電器などのアクセサリー商品からスマホ関連商品はほとんどあると言っても間違いじゃないくらい。もちろんSIMも売っていますよ。シムはタイ入国後に空港で入れ替えるのが簡単で便利です。

携帯関連のショップも50店舗以上はあるんじゃないでしょうか。それくらい小さい店舗がせめぎあっていますね。歩いていると『ミスター!何をお探しですか?』とタイ語や英語で声をかけられますね。

4階のおススメ:ここは何と言っても、携帯ショップ売り場です。携帯関係なら何でも揃うと言っても過言ではないので、じっくり見てみてください。スマホケースもたくさん種類がありますから、自分用とお土産用でもいいかもです。


5階:ベットなどの家具売り場など



家具売り場など
5階はあんまりみるべきものが無いかもしれませんね。ベッドや絨毯(じゅうたん)やデスクやリビングセットなどの家具中心です。


タイに住んでる駐在員の家族の方は必要かもしれませんが、観光客には用事が無いかもしれませんね。

5階のおススメ:このフロアは家具屋さんがメインなので、私は基本スルーです。興味のある方は、じっくり見てみてください!


6階:フードコートやお土産売り場やコピーTシャツ屋など



フードコート
フードコートについては、バンコク市内の有名デパートのように、食券のカードをチャージします。だいたい100バーツがおすすめですね。

それで、『タイラーメン』や『タイチャーハン』や『水』や『デザート』を各売り場で、頼むときにカードを渡します。その都度、金額が減っていきます。値段は40~60THB(約120~180円)/皿くらいですかね。

最後に、払い戻しもできますので、安心してください。また、お昼時は非常に混雑します。日本でもそうかもしれませんが、荷物番をする人とご飯を頼みに行く人と分けて行った方が良いと思います。

間違っても、荷物を置いて行ったら、置き引きにあう可能性がるので止めてくださいね。


お土産売り場やコピーTシャツ屋
タイの民芸品やコピーのTシャツやポロシャツ屋さんがあります。50店舗くらいはあるでしょうか。特にTシャツやポロシャツをたくさん売っています。値引き合戦なの交渉してみてください。


基本は、私の場合ですが、最初言われた金額の半値であれば、良い買い物できたと思っていいと思います。品質ですが、私が昔購入した、ラルフローレンのポロシャツは、糸がほつれています。カジュアルな半袖シャツも意図がほつれています。

Tシャツとかは、部屋着に使うのなら問題ないと思います。中には外出時に着れるレベルもありますのでじっくり見てみてください。

タイ民芸品はタイのデパートで買うよりは安いと思いますので、ゾウの置物やトゥクトゥクの
ミニカーやタイ北部のモン族の柄をあしらったバッグなどその他、いろいろあります。楽しんでください。


6階のおススメ:このフロアはTシャツ&ポロシャツがおススメです。コピー商品が多いです。それを購入するのもOKですし、タイで有名な『シンハービールのマーク』『レッドブルのマーク』や『コカ・コーラ』『ビア・チャーン』のタイ語バージョンのTシャツは日本でも流行ってて芸能人の『TOKIKO』さんたちも着ていたりしていました。
また、タイ民芸品もおススメですよ。ゾウの置物からアロマグッズなどコレだ!というものを見つけてみてはいかがでしょうか。

MBK(マーブンコーン)への行き方について

バンコクは、非常に渋滞が多い街です。ですからタクシーやバスでは時間が読めないことが多々あります。おススメは、高架鉄道BTS(スカイトレイン)で行くことです。BTSナショナルスタジアム駅から徒歩5分です。

詳細は、下の記事にて公開してますので参考にどうぞ!
バンコクで買い物と言えばMBK!行き方を徹底解説
今回は、MBKをフロア別ガイドで解説していきたいと思います。



まとめ

いかがだったでしょうか?各階はいろいろ個性があることが分かって頂けたと思います。1日いても飽きないし、回り切れないと思います。

特に4階の携帯ショップや6階のTシャツ屋さんは、店舗が多すぎて迷子になるくらいです。私は、ここMBKで日本に買って帰るお土産も買えるし、自分の趣味の物も買うので大変ありがたいモールです。

皆さんも興味がおありなら是非、MBKでショッピングを楽しんでくださいね。



Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ