タイがどうして親日なのか理由を元駐在員が徹底解説します


どうも、親タイ派の元タイ駐在員です。10年近く仕事の関係でタイに住んでおりました。基本的にタイ人は日本人に優しいんです。拝金主義は、多少あるとしても、大概は損得なしで付き合ってくれるというか、尽くしてくれると思います。

例えば、私が夜中にバンコクで交通事故したとき、すぐに会社のスタッフが80キロの距離を飛ばして駆けつけてきてくれ、後処理をしてくれたことがありました。また、クレーム対応で顧客の会社に行ったときでも、不当な扱いを受けることはありませんでした。

また、プライベートでもデパートやスーパーなどで、下手なタイ語や手振りでお願いすると親身になって対応してもらったりといろいろ優遇してもらいました。

今回は、タイの方々がどうして日本人に対して親日なのか自分の経験を踏まえて私なりに考えてみました。

Sponsored Links


タイがどうして親日なのか?その理由を10項目にまとめてみました。


  1. タイ王室と日本の皇室が親密な関係だから

  2. タイと日本に戦争時問題がなかったから

  3. 日本の技術を尊敬しているから

  4. 日本食がブームだから

  5. 日本の文化、特にアニメに興味があるから

  6. 日本人が優秀だと思っているから

  7. 日本人は基本的に優しいと思われているから

  8. タイで流行っている映画やテレビの影響があるから

  9. タイのマスコミで日本についての報道が多いから

  10. 日本のような国になりたいと思っているから


それでは説明いたしますね。

タイ王室と日本の皇室が親密な関係だから

タイの人たちはタイ王室を非常に敬っております。先日お亡くなりになられたプミポン国王の誕生日は、タイでは祝日ですし、『父の日(ワンポー)』としています。また、女王の誕生日は、『母の日(ワンメー)』としており、王妃様が生まれた曜日(水曜日)の色が水(青)色なので水色の服を身に付けてお祝いをします。

それくらいタイの国民は、王室に対して敬っております。一方、タイ王室と日本の皇室も非常に親密な関係です。日本の皇室の方は頻繁まではいきませんが、タイに行かれ親交を深めておられます。

また、現在の天皇陛下は7回も訪タイされており、元首としては最高回数だと思います。そのくらい親交があるのですから、タイの方々も日本に対して親日の目で見ているのでしょう。

  

タイと日本に戦争時に甚大な問題がなかったから

これは、タイ駐在時代にタイ人スタッフが言っていたことです。きっと、第二次世界大戦時にはいろいろあったのでしょうが、他の国に比べると、被害は少なかったようです。そんなことから過去の遺恨もあまりなく、日本が嫌いというところには、つながりにくいんでしょうね。

日本の技術・品質に尊敬している

日本の技術力は素晴らしいもので、タイ人は車、家電製品、化粧品からありとあらゆる日本製品は技術力と品質が最高と思っています。

とにかく日本製と言えば、すごい製品だと思っていて、お土産に日本のお菓子や文房具などをあげるととても喜びます。逆にタイも頑張れば日本みたいになれるという目標が日本を好きになっいてる理由なんでしょうね。

『日本製は、○○製より優れている。しかし値段が高い!』とよくタイ人スタッフは、言っていました。

タイでは日本車ばかり走ってます。下の画像はあるバンコクから東約80キロの街(チョンブリ県)の地元スーパーの駐車場です。日本車がたくさん購入されていますね。





日本食がブームだから

タイにある日本食のレストランの数は半端なく多いですね。ほんの20年前はあんまり日本食屋さんは無くて、そんなに美味しくなくても繁盛してました。いまでは、バンコクなどの都市部の日本食屋さんは、大手のココイチや吉野家、ラーメンの一風堂から大戸屋からたくさん進出しています。

下の画像は、上記と同じスーパーの中に入っているレストランです。吉野家です。


もちろん、個人で出ている業者さんもいますから、バンコクでは日本食レストランの戦国時代です。味もサービスも良くないと生き残れない業界です。それくらいタイには日本食が浸透しています。昔はタイローカル経営で日本的な名前を付けた、『なんちゃって日本食レストラン』もたくさんありましたが、淘汰されている状態です。

元々、生魚を食べる文化はタイには無いのですが、最近では刺身を好むタイ人もたくさん増えてるみたいです。それぐらい日本食は人気ですから日本に対する受けもいい感じだと思います。

日本の文化、特にアニメに興味があるから

タイで放送されていた日本のアニメはたくさんあって、『一休さん』や『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』などや『NARUTO』や『ONE PIECE』など絶大な人気があります。私はタイにいるときに、タイ人から真顔で『シンエモン』は実在するのか?と聞かれたりしました。(一休さんにでてくるお侍さんです)

日本で研修しているタイ人も『Toriko(トリコ )』『BLEACH』が好きだと言ってました。実際に『アニメイト』という日本発のアニメ専門店もバンコクにできたりとすごい人気です。





日本人が優秀だと思っているから

日本人と一緒に仕事しないと理解されないかもしれませんが、日本人はメチャメチャ働くし、優秀だというイメージが付いています。タイに居たときに、『このタイ人は優秀だなあ』と思ったことは10年タイに居ましたがほとんどありませんでした。

逆に、タイで『この日本人は凄いなあ。尊敬するなあ』と思ったことは度々ありました。日本人の私が思うのでタイ人はもっと思っているはずです。日本人は、基本的に『マイペンライ』とか仕事で妥協はしないですからね。

そいうところがタイ人からすれば、優秀と思われているのかもしれませんね。

日本人は基本的に優しく好かれているから

日本人は甘いのかもしれませんが、タイ人に対しては優しいです。仕事では厳しいですが、仕事以外では優しいし甘いかもしれません。タイのゴルフ場でキャデイさんが言うには、『日本人は優しい。それに比べて○国人は、キツイし厳しい。』とよく言われてましたね。

実際、ゴルフ場で○○人が怒って、キャディを池に落としたとかいう噂も時々聞いたりしていました。(あくまでも噂です。)

飲み屋さんなどは、お世辞を言うから信用はできない部分はありますが、日本人は紳士的な感じだそうです。ただ単に金払いが良くて、あんまりゴネないだけかもしれませんが・・・(笑)


Sponsored Links



タイで流行っている映画やテレビの影響があるから

先程の、アニメでも少し触れましたが、タイではテレビは日本以上に娯楽のひとつです。タイの第二次世界大戦時中の日本人の兵士とタイ人の女性の恋愛を描いたテレビや映画が有名で『クーカム』と言います。

その中でコボリさん(どうやら実在していたらしい)というのが、このコボリさんが良い人らしくて、日本人の良いイメージを作りあげてる要因の一つです。

実際、私がタイ駐在時当初、『コボリ』という人を知っているか?とタイ人スタッフによく訊かれました。実際、サッカーの中田英寿が現れるまで、タイ人の知っている日本人ベスト1位がコボリさんでは?というくらいの人気でした。



タイのマスコミが日本についての報道が多いから

タイのテレビ報道を見ているとよく日本の話題が出てきます。当然アメリカやヨーロッパが多いのですが、日本ネタも多いです。それくらい日本を意識している表れではないでしょうか。


日本のような国になりたいと思っているから

今は中国が台頭してきて、アメリカと二分するくらいの力を持っていますが、ほんの数十年前までは、日本はアジアの奇跡で、東南アジアの国々の方はみんな日本を目標にしていたと思います。

日本は、資源のない国なのに、世界の主要国の一員です。強いリーダーシップをとれる国でもあります。日本でもできるんだから、タイでもできるハズと思っているに違いありません。

実際、サッカーについてもそうで、タイ人は国技というかサッカーがとても人気があります。ワールドカップにも出場するのがタイ国民の願いであります。日本人はタイ人よりも体が大きいので羨ましいと。『もし日本人と同じくらいの体格ならワールドカップ出れるのに!』くらいのことを言われたこともありました。

それくらい、一足だけ先に行っている早い日本についてもなんとか追いつきたいというイメージがあるのだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?タイは、親日だと理由が分かっていただけたでしょうか。数年前から日本のタイ人のビザについても緩和されタイ人旅行者がたくさん日本に来られます。

たくさん、日本の良いところを知ってもらって、ますます日本との関係を深めていけたらいいですね。

コップンカップ!(ありがとうございました!)

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ