シャープ電子辞書で高校生モデルの選び方?シャープ好きが解説します


うちの子供(高校生)もそろそろ受験を考えて、辞書が欲しいと言ってきました。辞書ならあるじゃないかと言うと、英和辞書・和英辞書と漢字辞書は重たいから一度に全部は持ち運べないと・・・

それで、電子辞書を購入してくれということでした。まあ便利な世の中になりましたね。私が受験のころは、英語の辞書を2冊に『出る単』などバッグがパンパンになりながら、予備校に通ったもんです。

愚痴は良いとして、電子辞書を購入することを承諾し、早速近所の家電売り場に行きました。


Sponsored Links



今回は、高校生の受験用で使用できる電子辞書を値段と相談しながら選んだのでそのお話をしたいと思います。同じ受験生を持つ親の方に読んでもらえれば幸いです。

電子辞書は、シャープ、カシオ、キヤノン等の3社が大手メーカーです。電子辞書と言えば、カシオのイメージがありますが、なぜシャープにこだわったかと言いますと、液晶画面はシャープが一番良いのかなと思ったからです。

一時期、亀山モデルで一世風靡した液晶が有名なので、目にも優しいのかなと単純に考えました。我が家のテレビも亀山モデルですし、DVDレコーダもシャープですし、電子レンジもヘルシア(シャープ)だし・・・好きですね。


メインで確認したかった購入するためのポイントとは、

購入するためのポイント


  • 値段について

  • 使いやすさ

  • 本体のカラー


以下の3つです。これが最低限必要なポイントです。
それでは、値段について説明していきますね。

値段について

値段についてですが、近所の家電量販店に行って、びっくり!!1万円くらあかなと予想していたら、2万~5万くらいのモデルまであるじゃありませんか!

値段を見て、子供には、重たい思いするけど、紙ベースの辞書で我慢してもらおうと一瞬思いました。ただ、友達も電子辞書だし、ほとんど今は電子辞書が主流(ホントかウソかは知りません)とか言ってるので、しょうがないかと納得です。

値段の違いは、使用する人の対象向けで違っていました。小学生モデル・中学生モデル・高校生モデル・ビジネスモデルなど、対象が上がっていくほど値段も高いです。

上級モデルになるにしたがって、電子辞書に収められているコンテンツ(英語辞典や漢和辞典などなど)の数が多くなってます。

小学生モデル:英語辞典も充実しており、国語辞典、漢字辞典小学生用百科事典もある。値段:1万円台
中学生モデル:英語辞典や国語辞典はもとより、社会や理科の単語もあり、百人一首やラジオ英語講座まで収録。値段:1万~2万円台
高校生モデル:英語辞典や国語辞典や漢字辞典は普通にあり大学受験レベルの英語の熟語や単語や数学や理科や社会も収録。値段:2万~3万円以上

家電量販店で、高校生用で、値段が3万円もしないものをピックアップした電子辞書は、現品限りで、税込みで24,800円くらいだったと記憶してます。
3万円以上は、キツイなと・・・



使いやすさ

先程も少し触れましたように、高校生が使用するので、高校生モデルでないと、マズイかなと考えました。

使いやすさですが、電気店ではあんまり多少使ってみたけどあんまりわかりませんでした。そこで、参考としてAmazonのカスタマーレビューに確認しました。100%信用はできませんが、まあまあいいこと書いてあるので、納得です。

また、今回は子供の友達が使っている機種が評判がいいという口コミがあったので、それを採用することにしました。

電気店の方に訊いてみたのだけど、あんまり内容を理解されてる回答ではなかったので。。。
私『小学生モデルと中学生モデルと高校生モデルの違いは?』
店員『基本的にはあんまり変わりませんよ』
私『そうですか。』(値段も違うし、収録されてるものも違うじゃん!と心の中でツッコミました)

特に気をつけた点は、以下の点です。
カラーかどうか?:カラーの方が断然見えやすいので。大学入試に対応しているかどうか?:高校生なので大学入試に対応していないとね。英検や漢検にも対応しているか?:英検や漢検も時間があれば受験するので対応して会った方が便利!

これを踏まえて、対応機種を調査しました。


Sponsored Links



本体のカラー

色は、好き好きなので、子供にお任せです。高校生なんで、ピンクは無いなあ~と思ってたら、ピンクは却下で白にしました。

これは、子供に選ばせた方が自己責任なので、後々問題にならないので我が家では選ばせました。


我が家が選んだ電子辞書は

それでは、発表します!我が家が選んだ、電子辞書とは?
シャープのBrain 学生モデル 高校生 PW-SH3-W ホワイト系の色です。家電量販店では、税込みで24,800円くらいでした。



結局、その場で楽天市場で値段を確認すると、送料込み、税込みに付け加えて、ポイントがなぜか900ポイントついて、20,000円を切る値段だったので、迷わず楽天市場でポチッと(購入)しました。

入荷に2日~3日くらいかかりますが、それぐらいは我慢できると判断しました。

なるべく安く買いたいので、基本的には楽天市場と比較します。だいたい犬のエサも本も楽天の方が安い場合が多いですね。


まとめ

いかがだったでしょうか?我が家の電子辞書の選び方は、値段を確認しに家電量販店へ行きます。それで、使いやすさを確認します。時にはAmazonなどのネットのレビュー確認も参考にします。それで、色を本人に選ばせます。

最終的には、楽天市場などと値段比較をして、安いところから購入します。これが、一番効率的な選び方だと個人的に思っております。

まだ、電子辞書が入荷してないので入荷して使用した感想をまた述べていきたいので、しばらくお待ちください。

おまけ

そうそう、2万円近くの出費をするので子供にはきちんと費用対効果の話をしてきちんと勉強してもらわないとダメ!とクギをさし、成績が最悪な場合はお父さんが会社に持っていくと言いました。

効果はあるかどうかは別として親としては、購入する限りはメチャメチャたくさん使用して効率よく勉強してほしいですからね。

それでは!


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ