空手の突きの練習方法は?壮年空手家の実践している3つの法則


数か月前に、空手の試合がありました。結果は2回戦負けで悔しい思いでがっかり・・残念です。反省会と称して稽古後に、先輩にスマホで撮ってもらった自分のビデオを見るとびっくり!

全然、自分が思っていたよりは、突き(パンチ)が弱いんです!これでは、試合に勝てません。突き(パンチ)をしてから、相手の上体を崩して、蹴りに入るのが普通なので、突きがきちんとできなければ、試合で負けてしまいますね。


Sponsored Links



それで、すがる思いで私の指導員の方に訊いて、突きの威力が増す有効な法則をご紹介いたします。

それでは、説明していきますね。

突きの威力が上がる3つの法則

  • 基本稽古でパンチ力が上がるための秘訣
  • 自主練でやるべきこととは
  • 常に意識することとは


3つの法則をそれぞれ詳細をご紹介いたします。

基本稽古でパンチ力が上がるための秘訣

基本稽古で、昔は、ただやみくもに上段突き・中断突きなどをやってました。実は指導員の方が言うのには、突くときのインパクト時、100%の力を出すことが重要なんだそうです。

拳をにぎったままで、突きをだすのではなくて、突きを出し切るときに握力を使い拳を握る状態、0%⇒100%のイメージです。


メリハリをつけて、インパクト時に拳をにぎる!

常に100%の力では持ちません。メリハリこれが大事なんです。


自主練でやるべきこととは

自主練では、正しいフォームでの突きの練習をしましょう!

自然体でミット打ちを行います。正しいフォームでの打ち込みですが、
ポイント①肩に力を入れないこと!
ポイント②ミットに当てた後、素早く手を引くこと!

この二つが大事です。正しいフォームを身に付けるには⇒肩に力を入れない&当たった瞬間にすばやく手を引くこと。

以下の動画は、新極真会の山田先生のビギナーテクニックです!

  

常に意識することとは

パンチ(突き)を出した後、出した手は素早く引くことです。

タオルをムチに例えて、タオル(ムチ)が当たった瞬間、引くと威力があるというか痛いですよね。

その要領で、当てたら素早く引き戻すことが重要です。

私の場合ですが、指導員の先輩に注意されるのは、パンチ(突き)が押しているんだそうです。試合で相手を押すと『注意』を取られます。

押さないようにするには、当てたら戻すの繰り返ししかないそうです。

家でできる練習とは
自宅でできる練習は、いわゆるシャドーです。ボクサーがやっているシャドーボクシングの要領で、仮想の相手をイメージして、2分×3回を3セットやるのが理想的です。

3回やるのであれば、仮想の相手のイメージは、1回目Aさん:170cmでがっちりタイプ、2回目Bさん:180cmでノッポさんタイプ、3回目Cさん:自分と同じくらいの相手などと具体的にイメージするのが理想的です。

そのとき、意識することは、やはり叩いた後の手と引く動作を忘れない事とスピード重視ではなく正しいフォーム重視で行うことがよいのではないでしょうか。

私がやり始めて1か月後の効果は?

上記の3つのことをやり始めて1ヶ月くらいした結果ですが、前よりはパンチのキレが出ているように思います。

①基本稽古や移動稽古での突きの練習で以前よりは、多少メリハリがついたパンチが繰り出せるようになりました。
②正しいフォームでのミット打ちを行うことにより、正しいフォームがじわじわと身についた感はあります。
③常に意識することにより、少しずつですが、引く動作が以前よりでてきいる気がしています。

すぐには効果は出ませんが、1年くらいをメドに良い突きができるように稽古します。



まとめ


いかがだったでしょうか?空手をやり始めたころの時期って、突き方が上手くないと思うんです。試合とかスパーリングでも動画を取ってもらってから、一度先輩に確認してもらって、改善策を考えた方がよさそうです!

私もマダマダなので、皆様もこれから頑張ろうと思われている方は、稽古して上手くなるように頑張っていきましょう!

押忍!



Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ