これでOK!絶対失敗しない傘寿のお祝いの仕方!


傘寿祝いって何のこと

「傘寿」って、聞いたことがありますか。
「さんじゅ」と読んで、80歳の長寿を祝うことです。

中国語の略字の「傘」という字が、八十のように読めることや、
「傘が開く~末広がり」などから、
このように呼ばれるようになったようです。


長寿祝い、といえば、
還暦が60歳、古希が70歳、そして喜寿が77歳です。

時代が変わりつつあり、還暦のお祝いも、
昔ほど派手にすることもなくなりました。

最近の60歳の方といえば、「長寿」を祝うにはあまりにも
若々しいですから、「長寿」を祝う気になってくるのは、
喜寿や、この「傘寿」くらいからなのかもしれませんね。



傘寿のお祝いの仕方、きまりごと、しきたり
還暦のお祝いには、
「暦」が一巡して「赤ちゃん」にもどったという意味で、
赤い色のものを贈ったりします。

傘寿のお祝いには、「金茶色」や「紫色」のものがよい、
とも言われますが、実は、還暦のように決まったものはない、
というのが、本当のところのようです。

元気で長生きできたことを、家族や親戚、友人で
お祝いするのは、もちろんですが、

主役本人が、その機会を通じて、かけがえのない
お祝いの場をもつことができるよう、当人の意思を確認し、
尊重することが、とても大切です。



お祝い品
傘寿のお祝いの贈り物は、どのようなものがいいのでしょうか。


とくに、しきたりとして、決まったものはないようですが、
傘寿、という漢字からとって、傘をプレゼントする方も多いようです。


人はそれぞれ、好みが違いますが、
年を重ねるごとに、趣向が変わり、ライフスタイルなどを見極めて、
喜んでいただけるプレゼントを贈りたいものです。


傘寿、80歳のお祝いには、贈る側で選んで決めるものよりも、
本人に意見を聞いて、気に入ったものを贈るのも、
喜ばれるひとつの方法かもしれません。


選ぶときには、少し、年よりも若い色合いやデザインの、
「おしゃれ」なものを勧めてみると、喜ばれるかもしれませんね。


実用品としての贈り物とは別に、傘寿を祝う記念の品として、
80年の重みや歴史を振り返り、大切に抱きしめることのできる、
アルバムなどを贈るのも、素敵だと思います。


家族や親戚、友人らがお祝いに集う場合には、
当日の写真も織り交ぜたアルバムができると、心に残る、
すばらしい記念品になると思います。


品物ばかりでなく、お祝いを包む場合には、
「長寿御祝」「寿福」「祝傘寿」などの、表書きにしましょう。



平均寿命を考えると、傘寿のお祝いは、
長寿祝を健康な体で、楽しくお祝いできる最後のチャンスかも
しれません。

当人の意向を存分に尊重し、こころに残る、良いものに
したいですね。


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ