海外で日本人が関係した事件から防犯について考えてみよう!


私は東南アジアのタイ王国での海外駐在生活が長かったのでいろんな経験を致しました。その中で一番やっかいなのが、警察沙汰になることです。自分に非が無くても事件に巻き込まれる可能性は十分にあります。

普通の日常生活をしていても、海外は日本と比べて治安が悪いので泥棒や置き引きなどいろいろな事件に遭遇する危険性があります。

今回はそんな事件に巻き込まれない知恵を紹介していきますね。


Sponsored Links



  • 現地の外国人が日本人を犯罪に巻き込むケース

  • 現地の日本人が日本人を犯罪に巻き込むケース

  • の2パターンがあります。



    現地の外国人が日本人を犯罪に巻き込むケース

    ですが、

  • 置き引き・スリに合わないための対策

  • 強盗に合わないための対策


  • 置き引き・スリに合わないための対策


    私は置き引き・スリに合ったことは、無いですがこの手の話はよく聞きました。

    スリのパターン
    デパート・BTSスリ:デパートやBTSのエスカレーターで上下を二人組に挟まれて、気持ち悪いなと思ったら、バックが開いてて、財布を盗まれていたパターンです。
    抱きつきスリ:女装した男が急に抱きついたりしてきます。びっくりしている間に別犯人グループが後ろから財布等を盗みます。
    ボートスリ:観光で寺院に行くとき小型ボートなどで船着き場などでボートを待ってるポーチやボディバッグから財布を抜き取られます。

    対策
    ボディバックやウェストポーチは持たないことです。これは一発で観光客と思われ、標的にされます。バッグはしっかりと持っておくこと。できればベルトの短いバックでわきに抱える方がいいです。財布は当然ながら後ろポケットに入れてはいけません。ボーッとして緊張感のない顔していたら狙われます。



    置き引きのパターン
    空港のカフェ・デパートのフードコート:椅子の背もたれと座ってる自分でバッグをサンドウィッチにしていて、気づいたらバッグのファスナーが開いてて、やられてるパターン
    場所取りのためにバッグを置く:野外のビアガーデンなどの場所取りのためにバック類をテーブルに置いて戻ってきたら、やられてるパターン

    対策
    空港やデパートでの食事は、荷物は必ず自分の膝の上など荷物の感触が分かるところに置くべきです。場所取りは友人に場所取りをやってもらうなどして、荷物を置いて離れないことです。

    強盗に合わないための対策

    私の友人(女性)が被害にあったのですが、よく聞くのは、以下のパターンです。

    夜間にいきなり襲われるパターン:
    夜間にタクシーでマンションまで戻ってきて、マンション付近の電話ボックスから強盗が現れるパターン
    昏睡強盗のパターン
    飲み屋のお姉ちゃんや風俗などで、ドリンク飲んだら急に睡魔が襲い、気づいたら、お姉ちゃんも消え、財布も消えるパターン
    タクシー強盗のパターン
    タクシーに乗って、寝てしまい気づいたら、知らないところに連れていかれ、身ぐるみ剝がされるパターン

    対策
    自分のマンション付近の電話ボックスや物陰に暴漢が隠れてる場合があるので、エントランスの前までタクシーを付けてもらうようにタクシーの運転手にお願いする。エントランスがしっかりしたマンションに住んだ方が良いです。

    私が知ってる事件は、電話ボックスに隠れていて、タクシーから降りてマンションに入る手前で襲われたそうです。相手は拳銃らしきものを持っていたんだとか。

    基本的に、外国人はみな、犯罪予備軍という意識を持つことが大切です。信用したらひどい目に合います。たとえ女性であったとしてもです。封のない飲み物は飲まないことです。

    タクシー強盗の場合は、まず夜間には乗らないことですね。女性の場合ならなおさらです。タクシー内では寝ない事。また携帯を出しすぐに連絡が取れるようにすることです。



    Sponsored Links



    それでは、次に日本人がひどいことをする場合です。

    現地の日本人が日本人を犯罪に巻き込むケース


    実際に私の身の回りで起こった詐欺


    テレビ詐欺のパターン
    当時は、ネットの回線も今ほどよくないADSL回線でしたが、日本のテレビをリアルタイムで見れるとか言われ、日本円で何万円か払い、工事してもらったが、数日しか見れず、文句を言おうと思い電話したが、つながらなかった。 
    対策
    ⇒日本のテレビが見れるなど、新しいサービスに対しての格安でできるものは、まず友達や知り合いに訊いてみるなど情報をとって問題ないことを確認してからにしましょう!
    日本人が日本人を騙す世界があるので気を付けましょう。


    不動産の家賃詐欺のパターン:
    知り合いの不動産(日本人経営)に毎月家賃を渡し、領収書をタイ人オーナーに払っていた。突然タイ人オーナーから連絡有り、家賃を滞納せずに支払いをしてくれと言われ、不動産屋に支払った領収書を見せると、オーナーにはお金が支払われていないが判明。

    もちろん日本人不動産屋は他の日本人のお金もちょろまかし、雲がくれした。

    対策
    安易に日本人というだけで、信用しないこと。家賃などの高額な現金は、銀行振り込み等の方が良い。

    結婚&投資詐欺
    タイにいる日本人女性は、タイ男性にも日本人男性にもモテます。ですがある起業家(日本人)が日本人同士の飲み会ですごく羽振りが良く、メチャメチャおごるんです。それで、その女性はこの自称起業家にコロッといって、付き合うようになりました。

    ここまではいいのですが、やがて結婚話になり、彼女の親父さんが、わざわざ、日本からタイまで来て老後の資金の500万を起業家に預け、投資話に乗ってしまいました。

    この起業家は、実は前科9犯の詐欺師で、お金も全部使ってどこにあるかもわかりませんでした。彼女からも資金をもらっていたらしく、2重に詐欺をおこなってた悪い奴。

    結局、タイ当局に身柄を拘束され、日本に強制帰国となりました。もちろんお金は戻ってきませんでした。
    ⇒今思えば、高級レストランでの食事の会計もすべて現金で、何をするにしても現金でクレジットカードでの支払いは一度も見たことがありません。

    対策
    すべて現金払いの人間は、怪しいです。気を付けましょう!

    話が上手いんですよ。面白い話もするし、成功体験ばっかり話してましたね。自分は貧乏だったが、苦労して有名私立大をの建築家を卒業して設計事務所を開いてるとか嘘ばっかです。

    私は当時若くて貧乏だったのを彼は知っていたので、投資話は持ちかけられませんでしたが、結構周りの金持ちそうな人には投資話を持ち掛けていたそうです。ちなみにこの詐欺師は前科7犯だったんです。

    対策
    投資話には乗らないこと!そんなうまい話はありません!



    まとめ

    これはすべてタイで起こった実話です。タイ以外の外国なら大丈夫と思っているあなた!ヤバいですよ。どこの国にも悪い外国人はいますし、悪い日本人もいます。

    まずは、自分の身内以外は信用しない方が得策です。特にお金に関しては気を付けましょう。ましてや外国人なんて信用したらバカを見ますよぐらいの気持ちでないとダメです。

    日本も治安が昔より悪くなったと言っても世界的には治安のいい国です。そのままの気持ちで外国にきたら、ひどい目に合うので、十分気を付けましょう。

    善良な市民もいますが、お手伝いさんにお金をくすねられたとかよくある話ですので、付き合う外国人は安易に信用しないようにしましょう。





    Sponsored Links

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ