空手の帯の色は何色あるの?各流派の帯色をキッチリ解説!


先日、自分が参加する空手の試合がありました。その時に格闘技好きの友達に見に来てもらいました。

試合は負けたのですが、自分の中では、相手の帯の色が格上なので仕方ない部分もありました。

しかし、友達には帯の色の話が伝わらずただ、私が弱いだけ!と言われてしまう始末。

空手をかじってない素人の方には、帯の色について理解がないことが分かったので、今回、帯の色と等級について書くことにしました。


Sponsored Links



極真空手の流派の帯色について

 新極真会・極真会館・世界総極真極真館 
白帯無級白帯無級
オレンジ帯10級オレンジ色帯10級
オレンジ帯に一本線9級あずき色帯9級
青帯8級水色帯8級
青帯に一本線7級青色帯7級
黄帯6級黄色帯6級
黄帯に一本線5級藤色帯5級
緑帯4級黄緑色帯4級
緑帯に一本線3級緑色帯3級
茶帯2級茶色帯2級
茶帯に一本線1級茶色帯に銀の線入り1級
黒帯に一本線初段黒帯に金の線入り初段


極真会館系では、極真館だけ色と等級が違うんですね。いろんな色がありすぎで逆に訳わかんない感じします。

同じ極真カラテでもいろいろあるんです。試合につてもルールが違います。それぞれについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!
極真空手の試合のルールの違いを流派別に徹底解説します

白帯から黒帯までありますが、初心者(白帯)から初段(黒帯)までになるには、相当な年月が必要です。


また、帯が上がるほど技術的も精神的にも向上されていきます!

極真空手に限ってではないと思いますが、初段の方でへらへらした落ち着きのない方はいません。(たぶん!)



karate-1665747_1920  

極真空手以外のフルコンタクト系空手の帯色について

帯の色正道会館 芦原会館 大道塾
白帯無級白帯無級
オレンジ帯10級紫帯10級
オレンジ帯9級紫帯9級
青帯8級青帯8級
青帯7級青帯7級
黄帯6級黄帯6級
白帯5級黄帯5級黄帯5級
黄帯4級緑帯4級緑帯4級
青帯3級緑帯3級緑帯3級
緑帯2級茶帯2級茶帯2級
茶帯1級茶帯1級茶帯1級
黒帯初段黒帯初段黒帯初段


正道会館は、5級からですね。でも早く初段になれるわけではないです。

極真から独立した芦原会館から派生したのが正道会館ですが5級からとは変わってますね。

空手の帯の色の意味とは


基本的には帯色には以下の色があります
 
  • 白帯

  • オレンジ帯

  • 青帯

  • 黄帯

  • 緑帯

  • 茶帯

  • 黒帯


白帯について

白色の意味は、まっさらな状態で、清らかなイメージで邪心がないという意味です。

オレンジ帯について

行動意欲が高まる太陽の色で、やる気が出てきます。

青帯について

水の青を意味しています。流れる水のように柔軟な動きを目指してという意味があります。

黄帯について

この色は、ほかの色帯に比べてちょっと薄い色になっております。初心に戻ってという意味が込められてます。

緑帯について

自然や大地や森をイメージした色です。精神的な余裕が出てます。攻撃力・防御力ともに上達してくるときです。

茶帯について

茶色は、土の色で空手家としての土台が出てくるという意味です。また道場の中では準指導員という立場で少年部などの道場生を指導を行います。

黒帯について

黒色はどんな色にも染まらない、『強い信念』をもって初志貫徹してほしいという意味です。


karate-511911_1920  

カラテには、いろいろな流派があります。主な流派の紹介をしておりますので、興味のある方は、どうぞ!
空手流派の一覧とその特徴!あなたのお子さんにピッタリなのは?

ノンコンタクト空手(伝統空手)系の帯色について


 和道流 糸東流 松濤館流 剛柔流
白帯無級白帯10級白帯無級白帯 無級
白帯8級白帯9級白帯8級白帯9級
白帯7級白帯8級白帯7級白帯8級
緑帯6級緑帯7級緑帯6級白帯7級
緑帯5級緑帯6級緑帯緑帯6級
緑帯4級緑帯5級紫帯4級緑帯5級
茶帯
3級緑帯4級紫帯3級緑帯4級
茶帯2級茶帯3級茶帯2級茶帯3級
茶帯1級茶帯2級茶帯1級茶帯2級
黒帯初段茶帯1級黒帯初段茶帯1級
黒帯初段黒帯初段



伝統空手では、4大流派(剛柔流、松濤館流、和道流、糸東流)が有名です。

伝統空手は1流派多会派と言い、剛柔流の中にもたくさんの会派があり、帯の色も級もそれぞれ違います。

ですから、はっきり言ってそれぞれの会派が勝手に決めているのでまとまりがありません。なんかスッキリしないですね。


Sponsored Links



帯の色と組手の強さについて

白帯が初心者なので空手に慣れていない状態です。黒帯が一番稽古を積んで、修行をしている状態なので相当組手で強いです。

白帯<オレンジ帯<青帯<黄帯<緑帯<茶帯<黒帯 という順で強いです。

極真空手の場合で言えば、黒帯は手の届かない存在です。茶帯と黒帯でも相当レベルが違います。


帯下との試合は要注意!


時々、5年くらい真面目に空手の稽古に出てるけど、経済的理由もしくは仕事の理由で審査を受けない道場生がいます。

新極真の場合で言えば、実力的には緑帯くらいなのに、オレンジ帯の道場生がいるんです。このようにホントは組手が強いのに帯が低い人がいます。

こんな道場生と試合に当たると当然負けちゃうんですが、帯下に負けるとメンタルがやられてしまいます(笑)

流派が違う人との試合も要注意!


実際あったんですが、私は新極真ですが、他流派(極真ではないフルコンタクト空手の流派)の人と試合をしたのですが、その人は茶帯でした。

他流派の茶帯なんて、我ら新極真の青帯に毛が生えたくらいと余裕でいたら、実はメチャ強くて
試合に負けました。(笑)

あの時は、立ち直れなかったですね。茶帯は茶帯なんで油断は禁物です。

帯で黒帯になるのが空手をやり始めたころの目標ですね。黒帯になるための期間について極真カラテの場合ですが紹介しています。興味のある方はどうぞ!
極真空手で黒帯(初段)まで何年かかるかレポートします!

まとめ

いかがだったでしょうか。級と帯色の関係は各流派によって違うことが分かりますね。フルコンタクト系の流派は、1流派多会派というのが基本無いので、帯色と級が流派ではっきり分かれてます。

一方、伝統空手は1流派多会派なので、同じ糸東流でも会派が違う道場の色帯と等級の識別が違います。

空手に興味があるからこの記事を読まれてると思います。帯と級はあくまで目安です。

気にするほどのことはありませんが、もし空手をけいこされているのであれば、黒帯が最初のスタートなので頑張って稽古しましょう!







Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ