空手の流派で最強なのはどこ?現役空手家がガッツリ検証


格闘技にはいろいろな格闘技がありますよね。

2020年のオリンピックに採用されることが決まり、脚光を浴びています。

私も、学生時代から空手を習い始め、一時中断して、最近また始めました。

中年になって空手を稽古するのって正直しんどいです。でも心身がリフレッシュされるし、生活に張りがでるので素晴らしいスポーツですし、武道です。

格闘技である以上、『強い弱い』永遠のテーマですが、空手は攻撃力やディフェンス力について抜群の優位性があり、破壊力もあるので格闘技の中で空手は立ち技で最強と私は信じています。

karate-436924_1920

そんな空手ですが、多くの流派に分かれていることはあなたもご存知かと思います。

大きく分けても、蹴りや突きを相手に当てない「ノンコンタクト空手」と、相手に当てる「コンタクト空手」があり、それぞれがさらに細分化して多くの流派に分かれています。

じゃあどこが一番強いんだろ? って当然思いますよね。(#^^#)

ということで、現役空手家である私が、これまで見て感じてきたことに加え、さらに徹底的に調べて、空手No.1最強流派を結論づけます!!


さて、それではまず、大きな区分けである「ノンコンタクト空手」と「コンタクト空手」、どっちが強い?
ここから検証していきますね。


Sponsored Links





それでは、順に説明していきます。

ノンコンタクト空手vsフルコンタクト空手 どっちが強い?

空手を習ったことがある方はご存知ですが、知らない方のためにおおまかに説明すると、以下の2大流派があります。

空手の種類は大きく分けて以下の二つになります
 

  • フルコンタクト空手


  • ノンコンタクト空手


  •    

ノンコンタクト空手の強みと弱点

ノンコンタクトとは、いわゆる寸止め空手で、蹴りや突きは、相手に当てないルールです。

実際は当てるんですが、そのあと、腕を引く動作が必要です。

いわゆる伝統空手というもので、特徴として稽古では型の練習が多く、競技大会も多くないし護身術として体系が確立されています。


karate-852619_1920


ノンコンタクト空手の詳細が知りたい方は、こちらをどうぞ!
空手流派の一覧とその特徴!あなたのお子さんにピッタリなのは?

ノンコンタクト空手の特徴を以下で説明いたします。

強みな点
  • パンチ(突き)のスピードが速い

  • ピョンピョンはねる


  • パンチ(突き)のスピードが速い
    確かに突きのスピードが速いです。
    ⇒ですがフルコンタクト空手で腹叩きで鍛えているので、突きはほとんど効かないです。

    ピョンピョンはねる
    これは間合いを取ってるのでしょうが、間合いを早くして攻撃してポイントとるというのがノンコンタクト空手です。


    弱点

      • 重心が安定してない

      • 技のコンビネーションが無く単打が多い


      重心が安定してない
      試合を見ると分かりますが、重心が安定せずに攻撃しています。
      ⇒攻撃後に転倒しまくりです。
      実戦では転倒すると命取りになる、というのは喧嘩慣れした中学生でも分かりますよね。
      ⇒マウントされて防御できない状態で顔面をボコボコにされるかor蹴りを連打されますね。

      技のコンビネーションが無く単打が多い
      中段突き⇒重心がずれる⇒転倒しそうになる⇒中断
      こんな感じです。

        



      空手で有段者の芸能人の方もたくさんいます。紹介していますので興味のある方はどうぞ!
      空手の有段者の芸能人ってどんな人がいるの?11人をご紹介します!



      フルコンタクト空手の強さと弱点


      直接打撃制の空手です。寸止め空手とは違います。相手に直接突きや蹴りを入れていく空手です。

      殴られたり蹴られたりするので、超痛くて、腫れや痛みはなかなか治りません。

      稽古練習でも痛いですが、試合はお互いが本気になるので当分痛みが引かない時があります。

      実際私が所属している新極真会で先日全日本大会がありました。私の先輩(歳は私よりも20歳くらい若い)が出場しましたが、試合途中で足を骨折しました。

      鍛錬している方でも、ケガはつきものなので、普通の試合ではもっと危険なのは分かりますね。

      フルコンタクト空手の特徴を以下で説明いたします。

      強みな点
      • 重心が安定している

      • 技のコンビネーションが多彩

      • 常に攻撃しかけてスタミナが半端ない



      • 重心が安定している
        格闘技で重心が安定していないと転倒しやすいです。フルコンタクト空手では重心が安定していないと良い蹴りや良いパンチ攻撃はできないと指導されますので、倒れにくいです。

        技のコンビネーションが多彩
        パンチのワンツーいってからのローキック、ワンツーいってからのミドルキックや前蹴りやひざ蹴りなど多彩です。
        常に攻撃しかけてスタミナが半端ない
        youtubeで見てもらえば分かりますが、常に攻撃しています。

        ノンコンタクト空手のようにピョンピョン跳ねないで攻撃をしかけるのでスタミナが半端ないです。

        県大会の試合に出場する中年の私でも試合前の自主練(稽古が終わったあと、残って1時間くらい練習する)では、スタミナ向上の練習のため2分×3ラウンドでパンチ・突きの連打を行います。

        空手の自主練のメニューについて興味のある方はこちらをどうぞ!
        空手の自主練習のメニューってどんなもの?最高峰に潜入レポ―ト

        弱点
          • 顔面への突き攻撃がない

          • パンチ(突き)のスピードがさほど早くない


          顔面への突き攻撃がない
          顔面への突き攻撃がないので、お腹と胸を突きで狙われますね。
          ⇒自然とお腹と胸の突き攻撃に対する耐性が出来上がってるので打たれ強いです。」
          顔面への蹴りはOKなので、顔面ガードはしているのでディフェンス力も高いです。
          パンチ(突き)のスピードがさほど早くない
          ノンコンタクト空手と比べるとパンチの速さはさほど早くないです。
          ⇒その分腰を入れたパンチを打つので威力が半端ないですね。

            


          ノンコンタクト空手vsフルコンタクト空手!どっちが勝つ?


          最強というのはどちらが強いかということです。設定は道場でルールなしの場合とします。金的、目つぶしなしです。



          フルコンタクトの場合はノンコンタクトみたいに足をステップしながら攻撃しません。少しづつ前に出て間合いを詰めます。間合い詰めたところで、攻撃を行います。

          テレビでノンコンタクト選手の中段突きがすごく速いと言われてます。確かに早いですが、威力はそんなに無さそうです。

          というのも、パンチの威力はスピードと腰に力が入るかどうかです。ノンコンタクトではパンチは早いですが、腰の位置が深くなりパワーはないです。

          フルコンタクトですが、腹叩き空手と揶揄されるくらい腹や胸などを叩き合います。なので圧倒的に打たれ強いです。

          フルコンタクトとノンコンタクトの闘いになれば、打たれ強いフルコンタクトの方が有利です。

          また、攻撃面でもフルコンタクトは常に攻撃するスタイル(極真空手がもっとも顕著)でスタミナが半端ないです。

          フルコンタクトの無尽蔵の攻撃にノンコンタクトはどうしようもなくなるでしょう。


          107238
          フルコンタクト空手に軍配があがります!


          Sponsored Links





          フルコンタクト空手で主な流派は?


          フルコンタクト空手には多くの流派がありますが、大きくは4つに分けられます。
          極真会館、正道会館、芦原会館、士道館です。以下、それぞれの特徴と強さを書いていきます。


          極真会館の特徴

          極真会館は大山総裁が亡くなられた後、後継者問題で分裂しました。
          ⇒分裂後10以上の大きな流派(新極真会・極真館・極真会館・極真会館宗家・・・)に分かれましたが総称して極真会館とさせていただきます。 

          特徴:顔面への突きの攻撃がない。
          ローキックをふんだんに使う。
          手数が多い。

          正道会館の特徴

          K-1(キックボクシング)のプロモーターで成功をおさめ一気にメジャーになりました。初代館長の石井和義氏が創設した団体ですが、もともとは芦原会館の支部長でした。

          特徴:顔面への突きの攻撃がない。
          構えが極真が半身に構えるのに対し、やや正面に構える。
          手数はやや少ないが、一本勝ち狙いが多い。

          芦原会館の特徴

          極真会館の支部長をしておられた芦原英幸氏が創設した団体です。
          極真時代の初期のころのメンバーでとてつもなく強かったです。

          特徴:サバキという、独自の攻撃スタイルを提唱している。
          ⇒相手の死角に入り、有利なポジションからの攻撃。非常に合理的である。

          士道館の特徴

          極真会館出身の添野義二氏が創設した空手団体です。
          キックボクシングや総合格闘技も組み入れた空手なの?という流派です。

          顔面攻撃あり。掴みあり(3秒OK)。投げ技や関節技に絞め技もあり。寝技(5秒)もありの一番なんでもありが特徴。

          4派で勝負したらどこが勝つ?

          特にルールを決めなかった場合

          極真会館が強いと言いたいですが、ルール上なんでもありの士道館が有利です。
          掴まれた状態で、膝蹴りが一番効果的です。最後のとどめは倒れた相手に関節技で決まりですね。

          総合格闘技に近い士道館が実戦ではゆるぎないです。でも武道かどうかは分かりませんね。なんだって勝てばよいというスタンスです。

          その割には認知度が低いのが残念なところです。

          107238
          士道館に軍配があがります!


          JFKOルールの場合

          JFKOとは全日本フルコンタクト空手道選手権大会の意味です。ルール的には、金的なし、掴みなし、押しなし、顔面殴打なしなどで行われるルールです。JFKOには282のフルコンタクト流派団体が所属しています。

           

          実際にJFKOルールの試合は第3回まで行われてますが、新極真会がほとんど賞を独占しています。やっぱり極真が強いということが分かります。

          107238
          極真会館に軍配があがります!


          まとめ

          いかがだったでしょうか?どこの流派が強いかと言えば、基本的には何でもありの総合格闘技のルールに近い士道館が有利です。

          ですが、空手というより総合格闘技ですね。あんまり空手とは認められない感じがします。

          一方、フルコンタクト流派団体が282団体も所属するJFKOルールでは、賞はほぼ新極真が総なめなので、極真会館が強いです。

          107238
          極真会館が最強です!




          フルコンタクトでもノンコンタクトでも、空手は立ち技格闘技で最強です。

          そんな最強の空手、きっとあなたもお好きですね。ぜひこれからも空手を応援していってもらいたいし、できれば一緒にやっていきましょう!


          尚、空手は喧嘩を推奨するものでは無いのでお間違えの無いようにお願いいたします。



          Sponsored Links

16 Responses to “空手の流派で最強なのはどこ?現役空手家がガッツリ検証”

  1. ノエル より:

    自分の流派がある程度最強と信じるのは当然ですね。
    伝統の試合で跳ねるってのはルール上そうした方が勝ちやすいからだと思います。
    彼らも他流との試合の時はバカ以外跳ねませんし、コンビネーションも使ってきます。
    ちなみに打撃の威力に関してはどの流派も変わらないです、完全に個々の能力次第です。
    ノンコンタクト系はおっしゃる通り打たれ弱いと思います、馴れていませんから。
    ただ、金的等への打撃以外自由なルールでやり合って追い詰めるからフルコンタクト系が勝つとの予測はその条件でやりあったことがないからそう思われてるだけです。
    顔面禁止にしている流派の方が顔面ありのルールでやった場合、顔面への突きを警戒しすぎて本来の力の半分も出せずにやられる事も多いです(経験からの見解です)。

    どの流派が最強か?なんてお笑いです。空手は本来なんでもありです。
    元は同じ、得手不得手はもちろんありますが、強い弱いは個々の実力で変わると私は思います。

    • HM より:

      ノエル様
      コメントありがとうございます。
      そうですね。個々の実力で変わるかもしれませんね。
      空手に対する考え方は100人いれば100通りあると思うんです。
      ノンコンタクト系をやられてる方はノンコンタクト系と応援したいと思うのは当然な流れだと思うし、
      フルコン系をやってる方はフルコン系を応援したいと思う方もいらっしゃると思います。
      逆に、フルコンやってて、やっぱ違う!ノンコンタクト系の方が良いからそちらに移られる方とか
      たくさんいろんな方がおられると思います。ですからいろんな考え方があってよいと思いますし、
      その考え方の否定をするつもりはありません。
      ノエル様がそう思われるのであればその考え方があってると思います。
      経験者の方とお見受けいたします。相当レベルの高い経験値からの見解と思われますので
      私も勉強になります。ありがとうございました。

      • 元極チン より:

        追加
        フルコン vs ノンコン

        片方のルールで試合すれば、
        当然得意分野が…。ですので、
        あくまでこの主題は、ルール無しとの理解です。

        総合的には、フルコンの選手レベルになれば、喧嘩はかなり強くなれ易いと思います。
        究極的には、(本物同士の殺し合い)
        では、もしかしたら、大会に出場禁止されている狂人レベルのノンコンかもしれません。

        人が死ぬとか重大な後遺症が残るとかの躊躇を超える精神が絶対必要です。

        鬼の様にに強かった山鬼、ジャズミ先輩の懐まで入れるか?ですが、
        狂人は、絶対的な速さと躊躇しない精神異常力、破門関係無しです。

        • HM より:

          元極チン様
          コメントありがとうございます!
          ハンドル名からして、昔極真をやられていた方でしょうか?

          狂人のレベルの人と付き合ったことがないですし、試合も見たことが無いので何とも言えませんが、
          そのレベルは凄いレベルで私の想像を超えています。
          フルコン系の世界大会トップレベルの方の組手しか見たことありませんが、ルールありきなので、
          狂人レベルのノンコンとは違うレベルなので・・・
          もっと研究してみます。ありがとうございました。

  2. たいがー より:

    流石に贔屓目すぎないですか?
    伝統派空手にもコンビネーションはありますし、フルコンと違って投げがあります。そして、実戦においては間合いはとても重要です。
    どちらに軍配が上がるかなんて、その時その時の状況や、能力差によって違ってきます。
    フルコン相手に伝統派はどうしようもないなんて、ただの妄想に過ぎませんよね?

    • HM より:

      たいがー様
      コメントありがとうございます!!
      そうですね。確かに贔屓目すぎかもしれませんね。
      ただの妄想かもしれません。たいがー様は経験者の方とお見受けします。
      なかなか鋭い意見ですね。伝統派派は伝統派の良さがあり、能力によって違うのは確かにその通りだと思います。
      私は、いろいろな意見があってもよいと思っております。
      今後ともよろしくお願い致します。
      管理人

  3. マスター より:

    井の中の蛙ってあなたのことですね。沖縄に行って本場の琉球空手を見てくればわかります。極真系は全く歯が立ちません。以前、極真の、某全日本チャンピオンクラスが、上地流の高校生に病院に送られたのを目の前で見ました。松濤館系の人に猫のようにあしらわれてるのも都内で見ました。

    もっと研究してください。

    • HM より:

      マスター様
      コメントありがとうございます!
      確かに井の中の蛙かもしれません。沖縄の琉球空手というのは見たことがありません。
      研究不足ですね。『上地流』確認してみます。
      伝統空手については逆のパターン(極真に歯が立たたない)も見たり聞いたりしたことがあります。
      ですが、もっと研究してみます。ありがとうごございました!
      押忍!!

  4. Jun より:

    空手じゃムエタイやジークンドーには勝てないんじゃない?

    というよりも、伝統派や極真より大道塾の方が実戦では強いと
    思う。

    まぁ、大道塾は空手に分類出来るか微妙なとこだけど・・・

    • HM より:

      Jun様
      コメントありがとうございます。
      そうですね。私も昔、タイで本場のムエタイの試合を見ましたが、迫力あって
      凄い試合でした。ただ、ショー的な要素というか実際観客が賭けていたので・・・
      ムエタイもジークンドーも確かに実践向きかもしれませんね。
      もっと勉強してみます。今後ともよろしくお願いいたします。

  5. 大日本國王@超金剛魔鳳凰帝神 より:

    (:’φ`.(‘∮`;)
    (:∴)(, ,)(∴:)
    \;){ー-}(/
    わたくしの浅い武術、喧嘩経験によるとキック、フルコン、5輪空手の中では 喧嘩想定で考えると5輪空手に分があると結論なりましたな
    まずフルコンは顔を狙いあわないのでその時点で喧嘩とかけ離れすぎてます 人間かっとなると本能的に真っ先に利き腕で顔面を狙います、幼児でさえそぉするのですから。
    ですので最短距離で顔面に利き腕で起こりをばれないようになぐる5輪空手のギャクジョーとよばれる技はそれに特化しています
    5輪空手は、よく威力云々が疑問視されてますが、それはやったことないとそうみえるかもしれません
    5輪空手で旗が上がるほどの突きは、タイミング、勢いとともに半端ではないですな 体当たりにちかい
    そして喧嘩は打撃戦だけで終わることは少なく、ぶん殴りかかったらすぐにゼロ距離になり取っ組み合いになることが多いです こっからは空手だのボクシング云々よか寧ろ体でっかくて組技が強いひとがかなり有利でふ しかしその際にも5輪空手のようにファーストコンタクトで急所に渾身の一撃いれておけば かなり有利ですな
    そして意外と投げ技美味さよりも、
    柔道の組み手争いやムエタイの首相撲的なもののうまさのがかなり重要な事にきづきました 総合のような裸体競技とちがって なんでもありの喧嘩だとお互い警戒しあまり近寄りたくないせいか 組合いになったとき服や髪の毛、手首の掴み合いになってレスリングとかよりも距離が遠いんですな
    お互い痛い裸拳で殴られたくないから手を封じ合う
     組み手争いで崩し合いながら頭突きや膝をいれつつ、すきあればテイクダウンを狙うよな状況がおおかったです
    そして一度相手を掴むと、相手によけられたくないので掴んだ状態を離すことはあまりなかったですな
    この服や腕の掴み合いをからめて仕掛ける打撃戦が 5輪空手ではたまにもちいられるので そこは他の打撃競技にはない強みですな(大道塾や正道会館も着衣掴んでの打撃ありますね) しかし五輪化にともない掴みがかなり制限されてしまったことが残念です
    5輪空手で欠点といえば、当てないということなどよりも、
    打撃競技でかなりKO率高いショートフックや膝蹴りが禁止されているのはかなり欠点ですな
    頭突きは喧嘩ではかなり有力ですが(特に組み合った時)ポイント制競 技で導入するのは難しそうですね
    しかし金的は導入できるともいます
    せっかくノンコンタクトなルールなので一番この強みを生かせると思いますな

    • HM より:

      大日本國王@超金剛魔鳳凰帝神 様
      コメントありがとうございます。
      確かに、ケンカの時は、利き腕で顔面狙いが常套手段ですね。
      五輪カラテに『ギャクジョー』という技があるのを初めて知りました。
      私はまだまだ、勉強不足です。
      膝蹴りがないのは、不利かもしれませんね。
      フルコンの膝蹴りは、掴んではダメなので、実践では難しいかもしれません。
      まだまだ、知らいない事ばかりなので、さらに勉強してみます。
      ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

  6. 元寸止め より:

    寸止め選手の最強意識も凄いですね、自分は以前寸止め(松濤館)空手していましたが、どうしても実戦(喧嘩)で勝てるようには思えなくて実践系にかえました。
    腕力のある素人相手だと力負けしそうで喧嘩で通用しないと思いました

    • HM より:

      元寸止め様
      コメントありがとうございます!
      連絡が遅れてすみません。
      寸止め選手の知り合いがいないので、分からないのですが最強意識が凄いのですか。
      フルコンタクト空手でも最強意識が強いです。意識的にはどちらも同じなんですね!
      また、腕力ある素人相手だと力負けしそうと感じるのですね。
      ケンカは良くないですが、自分の身を守るには日頃から鍛えていないともしもの時に通用しないですよね。
      これからも、生涯の修行のために空手を頑張って下さい。私も頑張ります!

      今後ともよろしくお願いいたします。
      管理人より

  7. koko より:

    実際にルールなしの戦いとなれば伝統の選手が飛び込んで顔面への上段逆突きで勝負終わってしまうと思いますよ。
    私は高校生の時ボクシングをやっていた際に極真の高校全国大会に出場したという方に挑発されて路上で疑似試合をしてみた事がありますが無防備に近づいてきたところにストレート一発で終わりましたよ。
    極真は顔面への攻撃の免疫がなさすぎますね
    逆に伝統は防具を付けているとはいえ顔面にどうやれば有効打を入れられるかの練習をしているので強みがありますね

    • HM より:

      koko様
      コメントありがとうございます!
      ボクシングは、すごいですね!
      おっしゃる通り、フルコンタクトは顔面への免疫がないかもしれませんね。
      伝統派もなかなか素晴らしいですね。
      お互い強みがあって空手っておもしろいですね。
      さらにもっと勉強してみます。今後ともよろしくお願いいたします。

      管理人より

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ