広島カープの歴代監督ランキング!生粋のカープファンが決定


2016年のシーズンは、広島カープが7回目の優勝を遂げましたね。
前回広島カープが優勝して日本シリーズのチケットを取るために徹夜して市民球場にならんだのは、私が大学生の頃です。

当時は大学生で金はなかったが、時間はたっぷりあったので、徹夜すればチケットが買えましたね。
最近のインターネットの発展に伴い、CSシリーズのチケットもネットで販売されるようになったので、
買いやすくなりましたね。

当時、日本シリーズを見に行った時のカープの監督は山本浩二監督でした。
2013年のワールド・ベースボール・クラシック日本代表監督を務めたことでも有名です。

私が高校生の時の話ですが、広島カープの正田選手(首位打者2回、盗塁王1回)が大好きで住所を突き止めて、サインをもらいに家に行ったら、

ちょうど正田選手が、駐車場で当時の人気車の白のソアラを磨いていらして、


『正田さん、サイン下さい!』と言ったら、『オウ!ええで!』とサインと握手してもらいました。
背は低かったですが、体格がやはりがっしりしていたのを今でも思い出します。
それ以来、広島カープへの愛が止まりません。



そんな、心優しい選手がいる我が広島カープですが、7回しか優勝していません。その中で私の好きな歴代監督を発表します!


Sponsored Links



私の好きなカープ歴代監督のランキングは!!


それでは、発表してみましょう!

  • 10位:森永勝也 監督

  • 9位:達川光男 監督

  • 8位:野村謙二郎 監督

  • 7位:マーティ・ブラウン監督

  • 6位:ジョー・ルーツ監督

  • 5位:阿南準郎 監督

  • 4位:三村敏之 監督


3位、2位、1位はのちほど、ご紹介します!
こうしてみると、馴染みのない監督もいますね。

逆に印象に残ってる監督もいます!


img_5679

  1. 森永勝也 監督


  2. 監督時期:1972年、1974年 
    通算監督成績:213試合87勝118敗8分 勝率.424
    1972年:順位 6位 
    1974年:順位 6位
     

    特に感想はないですが、昔プロ野球ニュースによく出ていたなという印象です。
    カープの初優勝前の監督なのでよくなかった時代ですね。
    現役時に首位打者を1回取っています。

    当時はスポーツニュースはプロ野球ニュースくらしかなかったので、監督時代よりも解説時代の方が人気者でした。

  3. 達川光男 監督


  4. 監督時期:1999年、2000年 
    通算監督成績:273試合122勝148敗1分 勝率.452
    1972年:順位 5位 
    1974年:順位 5位

    広島カープOBで唯一大した成績でもないのに全国区で有名な人です。やはり達ちゃんは、デッドボール事件が有名ですね。当たってないのに当たったって言い張る場面は秀逸です。

      

    監督としては、かんばしくなくて5位です。当時は練習をしすぎてけが人続出ということもあり、まともに活躍する選手がほとんどいませんでした。監督だけのせいではなくて、鬼軍曹の大下ヘッドコーチに原因があったと言われてますが・・・

    テレビやラジオの解説は、分かりやすく楽しくうまいのですが、監督業もうまいとは限りませんね。監督としては???でしたが、人柄は最高なので9位にしました。昔広島一の繁華街の流川で見かけたときは、知り合いのオニャノコを見つけて、『一緒に飲みに行こうや!』誘ってた普通のおっさんでした。恰好を付けていなくて飾らないところが、好きですね。「

  5. 野村謙二郎 監督




  6. 監督時期:2010年〜2014年
    通算監督成績:718試合322勝371敗27引分 勝率.465
    2010年:順位 5位 
    2011年:順位 5位
    2012年:順位 4位
    2013年:順位 3位
    2014年:順位 3位

    選手時代は、2000本安打もしてるしトリプルスリーもしているので申し分ないですね。
    ただ、監督としてイマイチです。

    私は、年に5回くらいは、マツダスタジアムに観戦にいくのですが、チケットはお客さんからもらうチケットなので、毎回ほぼ同じ席です。

    その席から時々謙二郎監督の姿が見えてたのですが、彼はツバを大量に吐くのです。
    当然、ヤジられてました。

    『野村謙二郎監督は、ツバをそこら中に吐きまーす!良い子がマネするのでやめてくださーい!』
    『子供の教育に悪いので、野村謙二郎監督は、ツバをはかないでくださーい!』てな感じでした。

    確かに、メジャーリーグの選手とか、日本でプレーしている外国人選手はツバを吐いたりしてますが、監督がやって、ヤジられるようではいけませんね。

    カープの投手王国を支えた、現NHK解説の大野豊さんがピッチングコーチしていたときに、確執があったと言われてます。

    非常に残念です!監督だから何してもよい訳ではないんでしょうね。
    お行儀が悪いので、8位です。解説みても、ヒゲを生やしたりして逆にカッコ悪いです。

  7. マーティ・ブラウン監督


  8. 監督時期:2010年〜2014年
    通算監督成績:719試合318勝382敗19引分 勝率.454
    2006年:順位 5位 
    2007年:順位 5位
    2008年:順位 4位
    2009年:順位 5位


    選手時代のブラウンはあんまり記憶にないですが、監督の時のエピソードはとにかく退場をよくしてましたね。審判の判定を不服としてファーストベースを投げたりしてましたよ。

    カープ球団はさらに上をいって、ベースを投げたブラウン監督のモチーフにしたT-シャツを販売してましたからね。

    これがご存じ、ベース投げです。

      

    采配的には、当時は批判をされてましたが、先発投手の投球回数100回までとか、中継ぎ投手の3連投を禁止とかメジャーリーグでは当たり前なんですがね。

    今では日本でもどちらかというと少しづつではありますが、投球回数制限の風潮になってきてます。

    日本人女性を娶ったらしく、日本が好きなんでしょうね。日本が好きなんで7位です!

  9. ジョー・ルーツ監督


  10. 監督時期:1975年-1975年4月27日
    通算監督成績:6勝8敗1引分、勝率.429。
    2006年:順位 15試合のみだから・・・


    私の記憶は全然ないのですが、カープのユニホームを赤色にしたのは、ルーツ監督です。

    この年、フロントとケンカして15試合のみでアメリカに帰国しましたが、絶対優勝するんだという意識を持たせたのもルーツ監督です。

    ルーツ監督の後を引き継いだのは古葉監督です。この年初優勝しますが、古葉監督の功績は大きいですが、ルーツ監督の役割も大きかったと思います!

    記憶にはほとんどないが、広島カープのチームカラーのソウルレッドはルーツさんの発案なので6位です!


  11. 阿南準郎 監督


  12. 監督時期:1986年〜1988年
    通算監督成績:390試合203勝163敗24引分 勝率.555
    1986年:順位 1位 
    1987年:順位 3位
    1988年:順位 3位


    古葉監督の後を継いで監督になったのですが、成績はいいですね。
    ただ、あんまり印象がないんですよ。

    山本浩二が監督をするまでの繋ぎだったのですが、カープ黄金時代でしたね。
    カープ球団に入り、役員になられたそうです。

    優勝もしたし、その後フロント入りして球団の偉い人になったんで5位です!

  13. 三村敏之 監督


  14. 監督時期:1994年〜1998年
    通算監督成績:661試合337勝323敗1引分 勝率.511
    1994年:順位 3位 
    1995年:順位 2位
    1996年:順位 3位
    1997年:順位 3位
    1998年:順位 5位

    結局、優勝はできませんでしたが金本選手や緒方選手を育てており、選手の育成法には定評がありました。野村克也さんも一目を置いていたようです。

    記憶に残っていることは、江夏投手と仲が良くて、三村監督ってどんな人か訊かれ、『とても頭のいい方で、よく本を読んでて、三国志とかも読みながら戦略をねっているみたいな・・・』と
    言ってました。

    三国志は私も読んだことあるけど、戦略練る???とか関係ねーじゃんと思ったり優勝無理かな?と当時思ったものです。
    金本選手や緒方選手が師と仰ぐので、4位です!

    Sponsored Links




    3位から1位までを発表しましょう!


    ここまでどうでしたか?知ってる監督もいれば、知らない監督もいたと思います。名選手が名監督とは限らないですね。

    名球会に入っていても、監督になったら優勝できなかったり・・・逆に成績の出なかった苦労人の選手の方が説得力があるかもしれませんね。

  15. 山本浩二 監督




  16. 監督時期:1989年〜1993年 2001年~2005年
    通算監督成績:1358試合648勝681敗29引分 勝率.488
    1989年:順位 2位 
    1990年:順位 2位
    1991年:順位 1位
    1992年:順位 4位
    1993年:順位 6位
    2001年:順位 4位
    2002年:順位 5位
    2003年:順位 5位
    2004年:順位 5位
    2005年:順位 6位

    山本浩二監督は、第1次の最初の時は良かったですね。だんだん悪くなり、第2次の時は、さっぱりでした。

    でも広島の宝だし・・・
    WBC(ワールドベースボールクラシック)の時の監督もしましたが、そのとき野村克也氏は、
    『なんでコージが監督なんだよ?実績もキャリアも実力もないのに」と酷評しました。

    確かに実績では野村克也氏の方が上かもしれません。でもコージ監督は広島一筋だし、渡り鳥じゃないんだし・・

    人間としての厚みというか人柄が良さそうなので、3位です!

  17. 緒方孝市 監督


  18. 監督時期:2015年〜2016年~
    通算監督成績:286試合158勝123敗5引分 勝率.570
    2015年:順位 4位 
    2016年:順位 1位

    2016年9月17日現在時点です。(まだ、ペナントレース終わってません)
    大躍進ですね!エースピッチャーの前田健太投手がメジャーに行ったなかでの結果ですからね。

    やはり広島一筋の監督です!すばらしいです!
    2016年は、89勝ですよ。ぶっちぎりの優勝です。最高で〜す!

    ここからは私の想像ですが
    2015年は新井バッティングコーチと確執があったとのことですが、今年はそれを踏まえて反省し、自分自身も改善したんでしょう!

    会社でもそうですが、自分が監督(社長)になり、1期目に成績(決算)が悪ければ、普通は解雇というか左遷です。それをオーナーがもう一回チャンスをくれたのです。

    そうであれば全力で1位目指さないとだめでしょ!彼はほんとに頑張った!
    よくやりました!故障者が少ないというラッキーもありましたが、チームとして戦う以上は、選手、コーチ、スタッフなどあらゆる人にとって良きリーダーでないといけません。

    いかにみんなのベクトルを合わすかということですね。
    それができたからこその優勝です!

    もし、日本一になったら、元外野手で日本一になった監督は、ヤクルト・若松勉さんとソフトバンクの秋山幸二さんとロッテの西村徳文さんです。

    外野手で日本一になるのは難しいといわれてるので、是非達成してほしいですね。
    おまけですが、カープの歴代監督の中で一番イケメンです。
    優勝経験ある監督の中でトップレベルのイケメンなので、2位です!

  19. 古葉 竹識 監督


  20. 監督時期:1975年〜1985
    通算監督成績:1801試合873勝791敗137引分 勝率.525
    1975年:順位 1位 
    1976年:順位 3位
    1977年:順位 5位
    1978年:順位 3位
    1979年:順位 1位
    1980年:順位 1位
    1981年:順位 2位
    1982年:順位 4位
    1983年:順位 2位
    1984年:順位 1位
    1985年:順位 2位


    カープのレジェンドですね。しぶすぎます!

      

    何といっても、歴代監督の中でぶっちぎりの成績です。『絶えて勝つ』です。少ないチャンスで
    足を絡めた攻撃を行うというカープ野球は今も受け継がれています。

    リーグ優勝4回、日本一3回の金字塔は他のチームの監督でもなかなかいません。
    これぞ名将です。

    あと、ベンチの端から体半分を出したり引っ込めたりする通称:忍者が有名でした。

    そのほうが、グランドがよく見えるとか・・・
    ベンチの端からのチラッチラッが止まらないので1位です!

    現在は、ご隠居されてるんですかね。 強いカープを見守ってください!


    カープの監督をやってほしいOB


    衣笠祥雄さん

    やはり筆頭は、鉄人でしょ!衣笠祥雄さんは選手としての実績は申し分ないのに、いまだに広島カープ
    七不思議のひとつで『衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?』という本も出版されてるほどです。

    理由は分かりませんが、オーナーと仲が悪いとかいろいろありますが、采配する姿を一度は見てみたいものです。

    北別府学さん

    精密機械といえば!北別府学さんです。広島カープ一筋で200勝達成した、コントロールの良さで勝負した大投手ですね。
    野球中継での解説がちょっと陰気で厳しさを感じるが実は陽気なところもありどんなピッチングスタッフをつくるか見てみたいですね。

    彼も実績は申し分ないですが、1年通してコーチすらないんです。
    上に立つには、実績以外にも必要な素質がいるんでしょうね。会社でも一緒かもしれませんね。

    高橋慶彦さん

    足のスペシャリストで、盗塁王を3回も取ってます。野村謙二郎さんも3回取ってますが、高橋慶彦さんが凄いのは盗塁王3回のうち、73回も盗塁して盗塁王になってます。この数字はぶっちぎりの数字です。

    ちなみに、2015年の盗塁王はセリーグ、パリーグともに34回です。高橋慶彦さんの半分にも満たないですね。
    監督になって、足のスペシャリストをもっともっと育ててほしいですね。


    まとめ

    いかがだったでしょうか?あくまで私個人のランキングなので、ご容赦ください。
    なにはともあれ、これからカープの黄金期を作っていける名将がでてきてほしいですね。

    緒方監督には、ぜひ古葉監督を超えるような名将になる可能性は十分あるのでこれからも応援していきましょう!

    来年もペナントレースはあるので、みんな応援しに行きましょう!

    広島カープ選手のイケメンが気になる方はこちらへどうぞ!

    Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ