バンコク観光のおすすめスポット10選!タイ駐在10年の視点から


タイといえば、バンコクですよね。バンコクは首都なので、最高に刺激がある街です。東京が日本の文化の中心であるようにバンコクは、タイにおける文化の中心です。バンコクに10年住んでた私は、自分の親、友達、日本からのお客さんなどいろんな人がバンコクに訪れました。

当然、バンコクを満喫してもらうべく、いろいろアテンドしました。空港に飛行機が着く時間を間違えて、お客さんを空港で3時間待たせたりして、大怒られしたこと。

当日、運転手がいなくて、自分で運転して、空港まで行ったのはよかったけど、空港からホテルへ行くまでに、道を間違えて、わけが分からなくなり、最後には、タクシーを捕まえて、行く先まで先導してもらい、ホテルまで行ったりしました。

あと、タイレストランのチョイスが良くて、こそっとお小遣いをくれたり、良い思い出です。その中でお客さんに満足して頂いた経験を踏まえて、日本ではなかなか味わえない観光スポット10選を公開します!!


Sponsored Links



ムエタイ観戦


futta1259m (1)

日本でも、ムエタイは有名ですが、本場タイで観戦すると、大興奮します。
ここは、ハッキリ言って、殺伐としています。どうしてかというと、観光客以外のお客さんが賭けてるですね。それも、お酒を飲みながらですから、結構盛り上がります。10試合くらいあるのですが、最後の試合ほど、メイン・イベントなので盛り上がります。パンチが体にあたった鈍い音や、キックが相手の脇腹にあたった時の音など、テレビでは味わえないリアルさを感じます。
バンコクでは2つのスタジアムが有ります。


場所:ルンピニースタジアム
・アクセス:BTSでモーチット駅に下車します。
そこから、タクシーが便利です。タクシーでは、このように言いましょう。
パイ・サナーン・ムエタイ・ルンピニー・ティ・ラームイントラーダイマイ(ラムイントラにあるルンピニ・ムエタイ・スタジアムに行けますか?)
一番いいのは、ホテルにあるオプショナルツアーが良いです。

・試合開催曜日:毎週火・金曜18:30~、土曜16:30~、20:30~です。
・料金:リングサイド2000バーツ、2階席1500バーツ、3階席1000バーツ(外国人料金)
昔は、ルンピニ公園近くにあったのですが、上記の通り、ドンムアン空港付近に移転しました。
新しくなってるので、設備がキレイです。
ルンビニ・ボクシング・スタジアム The New Lumpinee Boxing Stadium

場所:ラーチャダムヌンスタジアム
・アクセス:BTSサナームキーラヘンチャート(国立競技場)駅からタクシーで10分
【MRT】ファランポーン[Hua Lamphong]駅(終点駅)2番出口下車、トゥクトゥク(60-80B)もしくはタクシー。
タクシーでは、『サナーム ムアイ ウェーティー ラーチャダムヌン』で通じます。

・試合開催曜日:毎週月・水・木・日曜18:30~
・料金:リングサイド2000バーツ、2階席1500バーツ、3階席1000バーツ(外国人料金)
一番いいのは、ホテルにあるオプショナルツアーが良いです。

2つのスタジアムには、両方とも、おみやげ等のグッズ販売のお店があるので、ムエタイパンツやTシャツなどお土産にオススメです。

オカマショー:カリプソ・キャバレー

値段:1200B(3600円くらい)
場所: at Asiatique The Riverfront, 2194 Charoenkrung Rd.,
Praya Krai, Bangkor Laem, Bangkok 10120
Tel : 66-2-653-3960 to 2,  Fax : 66-2-653-3963
最寄駅:BTSサパーンタクシン駅の2番出口から出てアジアティーク・ザ・リバーフロントのシャトルボートを利用します。

結構難易度が高いので、おすすめは、オプショナルツアーです。2000B食事付き(6000円くらい)
パンダバス:カリプソツアー


タイといえば、ニューハーフの娘がたくさんいますね。日本でも最近は市民権を得た感はありますが、まだまだ偏見は根強いですよね。その点、タイは、オープンでニューハーフも受け入れられています。

ほとんどのお客さんは、日本人ですが、ショーの最後に写真が撮れますよ。ショーのレベルは中途半端ですが、そこが、タイらしくて逆に良かったりします!おみやげ話のネタとして興味があれば、是非どうぞ。

バンコク3大寺院めぐり

バンコクには、有名な寺院があります。これだけ抑えておいたら、間違いなしの人を紹介します。

エメラルド寺院

タイ語名:ワット・プラケオ
このワット・プラケオは、タイで最高位の寺院で、格式も非常に高いです。露出の多い、短パンは、避けたほうが良いでしょう。
タイ国内からタイ人の観光客も多いし、外国人の観光客も半端ないです。ものすごい人口密度なので、スリなど気をつけて下さい。
futta0595

ワット・ポー

このワット・ポーは、バンコクで一番古いお寺です。有名なのは何と言っても、涅槃仏といって、金箔に張り巡らした大仏様が横になってるんです。大迫力ですね。詳細は、タイ観光の人気スポット10選ならここ!!に載ってます。
958840f574a62b0b25ca93377432e479_m

暁の寺

タイ語名:ワット・アルン
昭和の文豪、三島由紀夫の『豊饒の海』にも出てくるお寺です。
私は、三島作品は読んだことありませんが、三島由紀夫も美しさを賞賛し、作品にしたのですから、一見の価値はあります。
本当は、ライトアップされ、夕日に映る『暁の寺』が素敵なんですが・・・

ccf8cbbb06e8be5772c7af3595908b64_m

現地オプショナルツアーがオススメです。
バンコク市内観光 & 世界遺産アユタヤ観光 バンコクと古都アユタヤを1日で巡りたい

パッポン・通り

ここは、露店が立ち並び、いろんなものが売ってます。Tシャツ、ジーパンなどの衣類、腕時計、バッグ、財布などの小物類、シルバーアクセサリーやサングラスなど、お土産にどうぞ。
だいたい、計算機を持っていて、ふっかけてきます。計算機で示してくる、値段の半分の値段でないと高いですね。

  

いろんなブランドのパッチもんが売ってます。最近は、パッチもんでも、品質向上してると聞いたので、3年前にウブロの腕時計を買ったのですが、1年もしないうちに、手首に巻く部分(ブレス)がちぎれました。なので、腕時計は、日本製が一番だと再認識させられました。

ダムヌンサドゥアック水上マーケット

bangkok-1020850_1920

3大水上マーケットのひとつで、バンコクから約80キロ離れています。ここが、一番有名で観光客も多いです。雑貨やアクセサリーから食べ物まで売ってます。話のタネになりますよ。ビールとおつまみでボートで一杯やるのもおつですね。川の水は汚いので、濡れないように注意してくださいね。

ワットポーマッサージスクール直営サロン39


場所:スクムビット・ソイ39 番地1/54-55
電話:02-261-0567(スクール直営店39)

ここでのおススメは、何といっても、足の裏の角質取りです。普通のマッサージもありますが、マッサージはどこでもできます。角質取りは、バンコクでもやってるところはそんなにありません。また、この直営サロンでの値段は、30分で150Bです。安いですね。



私は、タイに行くときは、ほぼ、ここで角質を取ります。角質を取ってもらったあとでは、身長が2㎝縮んだ感がします(笑)嫁の友達とその旦那を連れて行ったとき、その彼の角質の量が半端なく、飲食店の盛り塩くらいになってて、爆笑だったので、友達と行って、角質を写メするのも楽しいですね。

サイアムスクエア

00151111111111111
出典:タイランドハイパーリンクス

場所:BTSのサイアムスクエア駅から降りてすぐのところにあります。
バンコク中心部のショッピングモールで若者の街ですね。人がたくさんいて、活気があります。原宿と秋葉原が混ざったような場所で、日本のジャニーズおたくやアニメおたくのお店もあります。

若い人向けのお店がたくさんあるので、ミドルエイジでなく、ヤングエイジ向きです。ミドルは向かいのMBKの方がよいかもしれませんね。


Sponsored Links


MBK【マーブンクローン】

BTSのサイアムスクエア駅から降りてすぐのところにあります。サイアムスクエアと反対側です。
0021211111

ここは、何でも揃います。食べ物のお土産から、スマホ、携帯ケース、スーツケース、ゲームソフト、衣類などなんでもあります。Tシャツなんて、100B切りますよ。ここも値切り合戦がさかんので、是非トライしてみてください。

だいたい、日本からのお客さんが来たら、ここへ連れていきます。それで、みんな安いTシャツや、ポロシャツなど購入してましたね。

あと、あんまり知られていませんが、ネイルも300Bくらいで、1か月くらい持つらしいです。値段もスクムビット辺りより、半分くらいらしいです。


チャトゥチャック ウィークエンドマーケット


開店時間:土、日曜日のみ開いてます。9時〜18時(店舗によって異なります)
行き方:初めて行く人ならMRTチャトチャック駅、BTSモチット駅から歩いていくのがおススメです。

  

ここは、一日で全部のお店を見るのは不可能です。それくらい大きくて店舗もたくさんあります。なんと東京ドーム約2.5個分の広さがあるんです。ここは、なんでもあります。衣類、小物、アクセサリー、タンス、犬、猫、サルなど何でも揃います。

必需品は、タオル、計算機、日焼け止めです。ここは、ものすごく暑くて、人も密集してるため、汗をたくさんかきます。だから、タオルは必要です。
計算機は、値切り合戦に必要ですね。日焼け止めは、ここは、日の当たらない店舗もありますが、日の当たる店舗もあります。日焼けにはご注意をお願いします。

私はここで、タイアンティーク調のタンスを買いました。値段は忘れましたが、バンコク市内で買うより、半分くらいの値段と記憶しています。

私の駐在員の友達は、サルを購入しました。値段は覚えてないみたいでしたが、日本に帰るときにワシントン条約にひっかかるみたいで、泣く泣く、友達に譲ったらしいです。

何でもありますが、日本に持って帰ることを考えて購入しましょう!
タイのお土産なら、ここで決まりです!詳細は、タイのお土産人気ランキング!駐在10年の私の視点から

チャオプラヤー川・ディナークルーズ

現地オプショナルツアーです。ディナー付きです。
何といっても、食事は二の次ですが、ワット・プラケオやワット・アルンがライトアップされていて、景色が最高です。日本では味わえないほど、幻想的です。お客さんは国際色豊かで、アジア系から欧米までいろいろな方が参加しています。
バンコクの夜って、騒がしい感じがしますが、このナイトクルーズで幻想的な景色を見ながらの食事は、非日常を体験できて、幸せを感じることでしょう!
ちなみに、私は、ベルトラ・バンコク 現地オプショナルツアーで予約しました。
チャオプラヤー川ディナークルーズ バンコク幻想の夜

rama-viii-bridge-722556_1920 (1)


まとめ

いかがだったでしょうか?バンコクは都会ですが、日本にはない、ゆったりとした時間を味わうことができる街です。そのバンコクで、日本からのお客さんをアテンドした中で、喜んでもらえた観光スポットを紹介しました。

10選の中には、入れてませんが、スパもいいですよね。女性でも男性でも手軽に行けてコスパが良いのは、ヘルスランドですね。エカマイにありますが、タクシーでも行けます。是非、スパはおススメです!!

この10選を網羅すれば、バンコク通は間違いありません!!是非参考にしていただき、バンコク旅行のプランを立ててください!!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ