熱中症から子供を守ろう!その対策とは???


子どもを守ろう 熱中症にならないための心がけ

夏休みになると外で遊んだり、スポーツをしたり、海に行ったりしますよね。
暑い中で遊ぶこどもたちが熱中症になることは心配になります。

熱中症には種類がいくつかあり原因によって症状が異なります。
症状によってどのようなものなのかを知っておかなければなりません。

たとえば、めまいやしっしん、顔面蒼白している症状が出ている時は、熱失神。
反応が鈍く、ろれつが回らない症状の場合は、熱射病。
というのをとっさに判断できるようにしておきたいですね。


子どもが熱中症にならないためには、
気温が35度を超えるところでは運動はさせないことが必要です。

高温多湿なので運動する気候に適していません。
そのため気温が25℃の場合でも湿度が高いときは、熱中症になってしまう恐れがあります。

汗をかいた時に水分と塩分が失われるのでスポーツドリンクを飲むことをお勧めします。
服装は、軽くて、吸湿性や通気性のいい素材の物を着ましょう。
直射日光を浴びるのを防ぐために帽子をかぶりましょう。

体温調整は自律神経が行います。疲れていると機能が低下します。
疲れがたまっている時は、運動を控えましょう。

熱中症のサインは見逃さないようにしましょう。
汗をかかなくなり、元気がなかったり、ふらふらしている様子、
顔色が赤く(青く)なるという症状が出たら水分補給しましょう。

暑いところにいたり、激しい運動をすると大量の汗をかきます。
汗をかくと脱水症状になり、汗が出なくなると熱が体内にこもってしまいます。
屋外だけではなく熱のこもった室内でもなるので注意しましょう。
熱中症の応急処置として
熱失神や熱疲労の場合は、涼しい所に寝かせ(足を高くする)、水分補給します。

嘔吐があって水分がとれない場合は、病院で点滴をしてもらいましょう。

熱けいれんは、生理食塩水を補給します。
熱射病は、命の危険があるので早く病院へ運びましょう。

涼しい日陰で寝かせ(足を高くする)、身体に水をかけたりして冷やします。
首や脇の下、足の付けねなどを冷やしましょう。

スポーツをするお子さんはたくさんいると思います。
夏の暑い日に熱中症で倒れてしまう子もたくさんいるそうですよ。

注意することは、トレーニングするときは、無理をせずに水分をとったり休憩をします。
休憩している時は、日陰に行ったり服を着替えたり、身体を拭きます。
ランニングや持久走をするときは、回数を減らし休憩もたくさんとりましょう。

体力がなかったり、部活に慣れていない低学年には、
別メニューのトレーニングにした方がいいと思います。

子どもは大人よりも水分が多く必要です。
無理をさせてしまうこともあると思います。
水分と休息はこまめに与えましょう。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ