お中元で余った水羊羹の美味しい食べ方とは?


たくさんもらった水ようかんをおいしく食べる方法は、


夏になると日頃からお世話になっている人や親戚などにお中元を贈りますよね。
相手からも貰うことがあるかもしれません。贈り物にはお菓子が選ばれますよね。

洋菓子よりも和菓子の方が多いのではないでしょうか。


Sponsored Links



夏の和菓子と言えば何を思い浮かべますか。ほとんどの人は、水ようかんと答えるでしょう。

水ようかんは、寒天が使われている冷たい和菓子です。
ようかんよりも水分の量を多くして作っています。
昔は御節料理の料理菓子として作られていました。


その風習はだんだん無くなり、冷蔵技術が進歩している現在は
夏に冷やして食べることが多くなりました。

厚みのある箱や容器に水ようかんを流し入れて販売していました。

ほかには、アルミ缶やプラスチックカップの入れ物で販売されているのです。

お中元の水ようかんは詰め合わせが多いですよね。
種類も抹茶や栗などがあって豪華ですよね。
水ようかんをもらってもいっぱいあって食べきれないことがありますよね。

苦手という人もいてなかなか減らないような気がします。
ずっと食べ続けるのは飽きてしまいますよね。

でも捨てるのはもらった方に失礼な気がしますよね。

そんな余ってしまった水ようかんをおいしく食べる方法や苦手克服できる物を紹介します。


Sponsored Links



水ようかんは寒天のような食感なのでそれを生かしてみるものいいですよ。
バニラアイスや果物をのせて黒蜜をかけるとあんみつのようになります。

水ようかんを鍋に入れてひきかけ溶けるまで煮るとお汁粉のようになります。
おもちや白玉を入れると本格的なお汁粉になると思います。

水ようかんとくず粉を混ぜて葛饅頭を作っている人がいましたよ。
片栗粉と水を使ってくずあずきにしてもおいしそうですね。

和菓子にリメイクするだけではなく洋菓子にもリメイクできます。
水ようかんを小さく切って生地と混ぜます。巻いたらロールケーキの完成です。

パンを作る時に生地に練りこんであんパン風にしても美味しそうですよ。
あんこよりも作りやすいそうです。

ようかんを電子レンジで温めあんこのようにし、
ホットケーキではさんでどら焼きにしてもおいしそうです。

温めてあんこにしたようかんをおもちにつけて食べてもいいですね。
シンプルで食べやすそうです。

水ようかんが苦手な人向けには、
春巻きの皮に巻いてあげてみたり、ペースト状にしておもちやクッキーにつけて

食べてみたりとようかんの形が変わるともしかしたら食べられるかもしれませんよ。

おいしいお菓子に大変身しますね。
もし水ようかんをもらった際には試してみてください。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ