2014宮島の花火大会の穴場を教えましょう!


宮島の花火を楽しむ穴場スポットはここだ

毎年たくさんの人で賑わう宮島の水中花火大会。
今年も8月11日(月)に開催されます。

■宮島の花火大会が人気のワケとは?

とってもファンの多い宮島水中花火大会。
世界遺産宮島の大鳥居や厳島神社の社殿を背景に、ダイナミックにうちあがる花火、
そして花火舟から海中に投げ込まれた水中花火の美しさは圧巻で、
日本花火百選にも選ばれています。

水中花火だけでも100発もあり、写真愛好家もベストショットを収めようとたくさん押し寄せます。


■宮島にわたると混雑は必至!

その美しさから、広島からだけではなく、全国から観客が訪れます。
宮島へ渡る手段はフェリーのみです。
島内の道は狭く、一般客が自家用車で走行するのは絶対にお勧めできません。

筆者は何度か宮島に渡って花火大会を見物したことがあるのですが、
それまでに見たことのないほどの美しさに圧倒された記憶はもちろんですが、
その後のフェリーの混雑っぷりも鮮明に覚えています…。

着て行った浴衣は崩れるし、下駄の鼻緒が当たって痛いし、
花火を見終わってからの桟橋までの混雑と熱気はすごいし、
フェリーでも座れないし。

そこまでしてでも見る価値のある美しさだったとはいえ、
帰宅するまでの大変さも忘れられません(笑)
どこの花火大会に行っても帰りは渋滞や混雑に巻き込まれるのは仕方のないことですが、
フェリー以外に帰宅手段のない宮島の混雑は特別です。

そのため、島に渡らず対岸から見物する人も多いようです。
大鳥居や厳島神社を背景に花火を楽しむことはできませんが、
対岸から見てもとてもキレイに見えるスポットがあります。
■駐車場代のかからない穴場スポットをご紹介!

まず、穴場スポットの中でも人気なのが、
宮島口のフジグランナタリー屋上駐車場です。

駐車場も無料、さらにショッピングモールなので食料も調達できる!
ということで花火見物にはもってこいの場所なのです。

目前にマンションが建っているので、見られるのは一部の場所なのですが、
多くの人で賑わいます。
そして、フジグランから宮島口のほうへ少し行ったところの防波堤も多くの人で賑わいます。
屋台もたくさん並びます。

対岸とは言っても海を目前に花火を見られるので花火の迫力も感じられる場所として人気です。
よく見えるスポットは場所取りをする人も多く、早めに行ったほうが無難です。

ただ、駐車場はないため、前述のフジグラン駐車場に駐車して食料品を買うなどしてから
防波堤のほうで見物する人も多いようです。
路上も見物客の車が駐車して込み合います。
他には、山陽道の宮島サービスエリア(下り)も毎年花火の見物客で賑わうスポットとして知られています。
宮島を一望できる展望台があり、ウッドデッキなども併設されています。

一般道から行くこともできますが、駐車場はあまり多くないのでかなり早めに行かないと難しいかも。
高速道からも渋滞ができるほどです。
サービスエリアだけあって、トイレもあり、飲み物や食料もすぐに手に入るので便利です。
■まだまだある穴場スポット!

それから、JR阿品駅からほど近くの阿品台ふじタウンの高台も穴場として知られています。
ここも多くの人で賑わいますが、比較的見やすいようです。
駐車場はないので、JR阿品駅から徒歩で行くほうが良いかも。
そして、宮島口のガスト・釜揚げ製麺の駐車場も穴場スポットです。
コンビニもあるので便利です。
ただ…ここに挙げたように駐車場無料のところを探すと、
どうしても路上やお店の駐車場を利用するようになってしまうので、
停める場合は交通ルールを確認し、近隣住民の迷惑にならないよう配慮したり、
お店に停める場合はそのお店を利用するなどして下さいね!
一度見たらきっとその美しさに圧倒されるはず!
今年の夏はぜひ穴場からの宮島の花火を楽しんでみては?

 

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ