熱中症に麦茶が効果ある?って本当??


熱中症予防の強い味方、ミネラル麦茶の効果とは?

暑い日が続くと熱中症になる人がたくさんいますよね。
エアコンの力を借りたり、冷たい食べ物を
たくさん食べて熱中症予防をしている人がいると思います。

でもこのやり方だと体が冷えて逆に体調を壊しますよ。

熱中症を予防するには、水分補給が大切といわれています。
しかし何でもいいから飲めばいいというわけではありません。
私たちにとって身近な飲み物である麦茶が熱中症対策に効果的だということが分かりました。

麦茶といってもミネラル入りの麦茶がいいそうです。

熱中症の原因は、大量の汗と一緒に水分やミネラルも出てしまいます。
そしてめまいや頭痛、吐き気が起こってしまうのです。

ミネラルは体温調節をしてくれて不足してしまうと体の中に熱がこもってしまいます。

ミネラルは必要な栄養素の一つですが、体内で作ることはできません。
その場合は、食品などから摂る必要があります。


今注目されているのが、ミネラル入りの麦茶です。
熱中症予防するための水分とミネラルが同時に取れるので助かりますよね。

水分補給ならミネラルウォーターでもいいのではと考えるそこのあなた。
ミネラルウォーターは、逆に体温を上げてしまうのです。

同じミネラル入りの飲み物なのになぜ違うのでしょうか。
それは麦茶に秘密があったのです。

麦茶というと夏のイメージがありますよね。
冷たいお茶がおいしい季節です。

麦茶を飲むと身体を冷やしてくれたり、血液をサラサラにしてくれたり、
夏バテ防止、胃の粘膜を保護してくれると言ったいい点があります。

熱中症になると体内の水分が減るので血液がドロドロになってしまいます。
高血圧や心筋梗塞、脳梗塞になってしまうかもしれません。

熱中症予防とはいっても冷たいものを摂りすぎると身体が冷えてしまいますよね。
麦茶は飲んでも穏やかに温度を下げてくれるので冷えすぎるということはないそうです。
冷え性の人でも安心して飲めます。

麦茶は常温で置いておくといたみやすいので冷えた状態で飲むことが多いですよね。
飲み時にコップに入れて常温にしてから飲みましょう。
普段から常温や温かいものを飲むようにするのも熱中症予防につながりますよ。

日頃からミネラル麦茶を飲むことで熱中症を防ぐことができます。
ミネラル麦茶は、ノンカフェインなので赤ちゃんや小さなお子様、
妊婦さんも安心して飲めますよ。

しかし、水分だけでは熱けいれんを起こすことがあります。

麦茶といいと言われている組み合わせは、梅干しです。

熱中症予防に大切なのは塩分も取ることです。
麦茶0.5から1リットルに対して、梅干し0.1から0.2%の塩分量がいいです。
水分だけでは補えないので塩分も少し摂ることをお勧めします。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ