スマホやりすぎに注意!ブルーライトの目の疲れの対策法を教えます!


スマホのやりすぎ注意!眼精疲労について

街の中でスマートフォンやタブレットを手にする人をよく目にします。
情報を手軽に早く知ることができ大変便利ですが、長時間操作することで
目がショボショボする、痛くなってしまう経験はありませんか。

そんな症状を感じた方は、眼精疲労の可能性があります!
眼精疲労が悪化すれば、失明の危険を伴います。
今回は、スマホのやりすぎに注意!スマホがもたらす危険性と対策法をご紹介します。

a0002_007231

スマホのやりすぎに伴う眼精疲労とは
スマートフォン・パソコンからは、波長が400~500ナノメートルのLED(青色の光)
「ブルーライト」が発生します。

ブルーライトを浴び続けると、網膜の中心部にある黄斑がダメージを受け
眼精疲労の原因となります。

眼精疲労は、最悪の場合に失明を引き起こす大変怖いものです。
また、目のトラブルを招くだけでなく、肩こり・頭痛・吐き気、
体内リズムを壊し睡眠障害を引き起こす可能性もあるのです!

私は、長時間スマートフォンやパソコンを操作していて
目が乾いて痛くなってしまったことがあります。
会社では、このような症状を訴える従業員が多かったので
目を休めるマッサージ法を伝授したり、休憩時間はパソコンを使わないことを徹底しました。

特にマッサージ法は、仕事の気分転換になりおすすめです!
目頭と目の下のツボを数秒押さえます。

これだけで目がスッキリ!私も目の乾きを感じることがなくなりました。
このように自分にできる対策法はあるのです!

眼精疲労対策

目の疲れを感じる方は、ぜひ自分なりの対策法を実践してみましょう。
まず何より肝心なことは、スマートフォンやパソコンを長時間使用しないということです。
何分操作したら休憩しようと自分の使用する目安を立てましょう。

また、ブルーライトを軽減するPCレンズが人気となっているので
取り入れることもおすすめです。

私の友達は、温熱シートを使って目を温めることをよくしています。
目の周りの血行が良くなり、何より気持ちいい!と話していました。
手軽に職場でも利用できるので疲れ目が気になる方は、必見です!

このようにスマートフォン・タブレット・パソコンの長時間の使用は、
失明を伴う眼精疲労を引き起こす可能性があります。

a0002_010629

スマートフォンを顔に近づけて操作している方・姿勢を悪く操作している方は
いませんか?一度自分の姿を見てみましょう。

自分なりの対策をすれば、眼精疲労を心配することはありません。
正しい操作を行って情報を得るようにしましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ